2012年10月22日

国設小笠原酸性雨離島局見学会

PA200171.JPG

10/22 旧9/8 曇り

10/20午後、
国設小笠原酸性雨離島局の見学会が実施されました。

この場所は天文台の電波望遠鏡施設のすぐ近くですが、
通りからは見えないので、ほとんど知られていません。

僕もよく知りませんでした。

なので、この機会に出かけてみました。

局自体は小さな建物です。

屋上に試料を集める装置があり、内部と通じています。
そして内部の機械でデータを取っています。

また月ごとに
集めた試料は内地に送って分析しているそうです。

日本国内に多くのモニタリング地点がありますが、
小笠原は澄んだ場所のようですね。


おが丸が停泊中、
ある風向きのときは数値があがるデータがあるそうです。

島ですので、塩分の影響を受けやすい点は
データから考慮されているそうです。

結局、わかったような、わからなかったような。笑

posted by mulberry at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック