2012年10月20日

ムニンシュスランの花

PA140995.JPG

10/20 旧9/6 曇り

とある山中では
ムニンシュスラン(ラン科・固有種)の花が咲き始めています。

父島では
それほど分布は広くないように思います。

でも生えているところにはまとまって生えています。

湿性タイプの高木性樹林で
林床にあまり陽の差さないような場所が多いですね。

草丈もせいぜい20cm程度で
花が咲いていても地味なので目立ちません。

老眼の人だと
つぼみと咲いている状態とが見えないと思います。笑

父島では
戦跡の多いエリアでわりとよく見られます。

これからの時期、
戦跡ツアーに参加すると見られることでしょう。

ちなみにシュスランのシュスとは繻子(織物)のことで、
葉がそれに似ているところからのようです。

過去記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%B7%A5%E5%A5%B9%A5%E9%A5%F3











posted by mulberry at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック