2012年07月25日

鯨の哭く海(内田康夫)

033242.gif

7/25 旧6/7 晴れのち曇り

日テレのコナンは子供と共に毎週見ていますが、
本で推理小説を読むことはほとんどありません。

これは「鯨の哭く海」というタイトルにひかれて
読んだ本です。
http://www.s-book.net/plsql/slib_detail?isbn=4396332424

だから読み出すまで
事件物の推理小説とはしりませんでした。笑

主人公・浅見光彦が取材でかかわった捕鯨問題。

取材の際、太地での心中事件のことも知り、
男性の地元の秩父にも訪れます。

そして
太地と秩父でのそれぞれ関係のない事故・事件と思われたものが
最後には結びつきます。

浅見が推理を働かせ、
警察に協力しながら問題を解決します。

捕鯨がらみで結びついている人が
事件でも結びつきます。

posted by mulberry at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック