2011年09月30日

1~10と10~1、数え方の違い

井上ひさし氏の本に出ていたエピソードです。

皆さんも声に出して数えてみてください。

まず、1~10。
いち、にー、さん、しー、・・・・・

そして10~1
じゅう、きゅう、はち、なな・・・・

さて何か気づきませんでしたか。

普通は4と7の数え方が違ってるはずです。

1からのときは4はしー、7はしちのはず

そして10からのときは、
7はなな、4はよんのはずです。

日本語は音読み・訓読み両方あります
そのあたりを、流れの中でも、混ぜて使い分けているんですね。

どうですか、話しのネタに。

posted by mulberry at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック