2011年03月08日

ムニンヒサカキの花

P3202156.JPG



3/8 旧2/4 曇り

ムニンヒサカキ(ツバキ科・固有種)の花が
咲いています。

分布は父島・兄島となっています。
父島では中央部山地に自生しています。

関東ではヒサカキはたくさんあると思いますが、
本種は個体数がとても少ないです

さらに
山道沿いで見られるのはわずか数本です。

ただ花の時期は臭い香りが漂いますので、
道沿いになくても香りだけはしてきます。

花はとても小さいので
見てもまり面白くないでしょうね。

でも雌雄異株で、花をよく見るとわかります。
じっくり観察してみましょう。

小笠原で自生のツバキ科は
ムニンヒメツバキと本種の2種です。

posted by mulberry at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック