2011年02月01日

サンセベリア(チトセラン)の花

P1270605.JPG


父島にはあちこちに
チトセラン(サンセベリア)が野生化しています。
(外来種・リュウゼツラン科)

数年前に内地でブームになっていた植物ですね。
いろんな品種があるようです。

先日、洲崎に行った時、
野生化しているチトセランの花が咲いていました。
小港あたりでもそろそろ咲きそうでした。

花期になると、
花茎を伸ばし、白っぽい花をつけます。
わずかに香りもします。

本種が属すリュウゼツラン科は、図鑑で見ると、
リュウゼツラン、トックリラン、ドラセナなど
観葉植物としてなじみのある植物があるのですね。

posted by mulberry at 11:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
静岡の有原です。とうとう吉井さんまでダウンですか。体が資本のお仕事ですからお大事になさってください。静岡もインフルエンザが流行し、毎日格闘です。予防にはやはりワクチンですね。このおかげでもう15年くらいかかっておりません。次のシーズンにはワクチンを打たれたほうがいいかもしれませんね。私のとこではまず子供とお年寄りに打ちましょう(重症化しないように)、次がお母さんです(かかってしまうとめんどうが見れなくなるので)。といって打ってます。パパさんはそのへんでほっとけばいいよ。といって打ってます。(大体パパさんは会社で打つことが多いのです。)(笑)早くよくなってください。
Posted by ナッツ有原 at 2011年02月02日 09:24
我が家族のうち、妻と子供2人は1回予防注射を打ちました。
本当は2回打つんだそうです。

一回だけだったのか、効果が薄かったようで、駄目でした。
もったいなかったです。
Posted by ○ベリー at 2011年02月02日 16:31
有原です。確かにワクチンを打ってかかるとつらいですね。ちなみにうちの患者のインフルエンザ第一号は私が打った方でした。なかなかうまくいきません。私は一回しか打ってませんがまだかかっておりません。いつかはかかると思いますが。まうたないより打ったほうが予防的にはいいので来シーズンも打ってください。
お大事に。
Posted by 有原 at 2011年02月03日 16:25
やはり予防ですね。

なんだか診察代請求されそうな気がしてきました。(笑)

お医者さんはこういう相談でも、
診察代みたいなものをとれるのかしら。

Posted by ○ベリー at 2011年02月04日 06:48
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック