2010年11月24日

国家の罠

国家の罠 [ 佐藤優 ] - 楽天ブックス
国家の罠 [ 佐藤優 ] - 楽天ブックス


この本は2005年に出版されています。

本文で500ページほどありますが、
一気に読んでしまいたくなる本でした。
http://www.shinchosha.co.jp/book/133171/

本人の体験をもとに、「国策捜査」「外交」が
ノンフィクションとして描かれています。
登場人物もほぼ実名です。

著者は外務省でロシア関係の専門化でした。
日露平和条約締結という目的を持って活動し、
鈴木宗男氏との関係性も強くありました。
職務上での容疑で逮捕されています。

筆者は時代のけじめをつけるため、
「国策捜査」があると考えています。

「外交」は信頼関係と相手国への理解が大事です。
これもとてもよくわかります。
飲めない酒も飲まなくてはいけないのですね。

日本は今、アメリカと基地問題、中国と尖閣問題、
ロシアと北方領土問題、北朝鮮と拉致問題や核問題
など課題が山積みです。

水面下では外務省職員が動いているのでしょう。
彼らには解決の糸口が見えているのでしょうか。

posted by mulberry at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック