2008年12月16日

東京都交響楽団小笠原講演

昨日夜、小笠原小中学校体育館で、
東京都交響楽団小笠原講演が行われました。

家族4人で聴きにいきました。

出演者は5人で、弦楽四重奏の演奏と、
数曲はソプラノの歌もありました。

1時間ちょっとの講演で
なじみの曲もいろいろやってくれて楽しめました。

子供2人もおとなしく聴き入っていました。
千尋は出演者の衣装も気になったようです。

僕が言うと似合わないでしょけど、
心が洗われるような感じがしました。

人が生きていく中で、
人の心を豊かにする音楽や美術などの芸術は
欠かせないものだと思います。

そして、集まった人の心を1つにできるのも
音楽のすごさです。

いいヒントになりますね。
posted by mulberry at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック