2007年08月23日

男の背中byあきら3歳

P8230557.JPG

8/23 旧7/11 処暑 はれ

前浜の波打ち際で、
ひとり波を見る男・・・あきら。

午前、あきらを連れて、前浜に行った。
風が強くて、やや風波があったが、
この写真のあと、気にせず泳いだ。

あきらも腕輪をつけていると、
わりと強気で波に向かっていく。

でも、腕輪をはずすととたんに弱気になる。

これからあきらも、どんどん外で鍛えて、
たくましくて、やさしい男になってほしい。

優しいの優は、優るとも優れているとも読み、
字を分けると人に憂いと書く。
人の悲しみが分かる人が、優しく、優れていると、
金八先生が生徒に諭していたのを覚えている。

posted by mulberry at 13:53| Comment(2) | 家族 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。覚えているでしょうか?父島についての質問をさせて頂き、マルベリーさんのマイmixiにも登録していただいている「れいじ」こと奈良県、天理大学の中川幸士と申します。
ブログの方、楽しく読ませていただいています♪
先日8月11日~18日(正確には12日ですかね?)の間、ダニエル・ロング氏・大学院生と共に父島に滞在させて頂きました。初めて父島に行かせていただいたのですが、自然や歴史の凄さ、人の優しさに正直驚きました。
そんな島で我が子を育てられるマルベリーさん、苦労される事もあるとは思いますが非常に羨ましく思います☆これからもブログ更新楽しみにしています♪
Posted by 中川幸士 at 2007年08月23日 16:26
書き込みありがとうございます。

小笠原を気に入っていただけたようで、
何よりです。

ぜひ、研究の成果を、
島にフィードバックして下さるようお願いします。
Posted by ○ベリー at 2007年08月24日 08:01
コメントを書く
コチラをクリックしてください