2007年03月18日

ムニンヒサカキ(固有種)の花


IMG0604.JPG3/18 旧1/29 

昨日午前、初寝山方面に歩いた。

小雨に当たってしまい、狭い道なので、
樹木についたいるしずくでタップリ濡れた。

ムニンヒサカキ、シマツレサギソウ、
ムニンタツナミソウ、ムニンシャシャンボ、
ナガバキブシ、テンノウメ2種などの固有種が
咲いていた。

ムニンヒサカキ(写真)は
ガス臭いを放っているので、花期は分かりやすい。
しかし、道沿いには2-3本しかない。

ツバキ科の木は
ムニンヒメツバキ、ムニンヒサカキなどがあるが、
ヒサカキははっぱに鋸歯があり、
それほど大きな木ではないので、
こちらのほうがツバキ科らしい感じがするだろう。

3月にもなると、花期のものが増えている。
しかし、目立たない小さな花が多いので、
見つけるには注意が必要。

posted by mulberry at 07:11| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください