2006年06月23日

戦前の海底電信線

CIMG0137.JPG

6/23 旧5/28 沖縄慰霊の日
定期船12:00入港。(八丈島寄港便)481人。
晴れて、凪。

宮之浜には戦前に敷設された
日米間海底電信線の一部が残っている。
小笠原は東京とグアムとを結んでいた。

この便で研究者が来島という話を聞いて、
予備資料としてもらうために、
朝のうち、スノーケリングで写真を撮影してきた。

以前から聞いてはいたが、、
よくよく見ると、しっかりとした電信線だ。

こんな調子で光ファイバーも通ると
通信環境がよくなるのだが。


posted by mulberry at 11:34| Comment(3) | TrackBack(0) | できごと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
http://www.asahi.com/national/update/0729/TKY200607290146.html

僕が撮った水中写真は
新聞掲載されたようだ。
Posted by まる at 2006年07月30日 17:07
僕の写真掲載で、謝礼がもらえるようだ。

使い捨ての水中カメラで、
スノーケルで撮ったのに、役に立ったようだ。
使い捨てもあなどれない。

Posted by MARU at 2006年08月05日 07:55
よく見てみると、
宮之浜の水中あちこちに
分断されながらも相当残っている。
Posted by マルベリー at 2006年08月18日 16:01
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック