2006年04月07日

チクリンカは移入種と推定される

チクリンカは
絶滅危惧種の固有種とされていたが、
信州大学・船越英伸氏の報告によると
かつて中国・インド・スリランカで分布する同種が
人為的に持ち込まれたと推定した。

ちょっと前の報告なので、
すでにご存知の方もあるでしょう。

小笠原植物図譜の改訂版でも
この方の見解について引用され、
固有性について疑問視されている。

ちょっとまじめな固いネタでした。


参考:植物研究雑誌 第80巻 第6号(平成17年12月)





posted by mulberry at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック