2006年01月10日

弟島から孫島を望む


CIMG60870.JPG
1/10 旧12/11 十日えびす 110番の日

おおむね晴れ、海況もまずまずだった。

そんな中、とある作業で弟島にいってきました。
弟島のオガサワラグワの実の採取です。
いくつかの樹からは実が採取できましたが、
今年は例年より熟すのが遅いようでした。

お昼休憩には広根山に登りました。
そこから孫島も一望でした。

ちなみに弟島は、
今のところ観光利用は難しいです。
また、船での接岸は磯渡しで、結構危険です。



posted by mulberry at 22:26| Comment(4) | 自然 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小笠原は戦前、父島・母島以外にも人が住んでいたようですがそれらの島の当時の地図や写真集、本などは出版されているのでしょうか?また今後そういった本が出版される予定・計画はあるのでしょうか?個人的には大変興味があります。もしお分かりになれば教えてください!
Posted by さとゆう at 2006年01月22日 10:19
教育委員会にはいろいろ資料もあるようですが、
一般図書では
アボック社  
寫眞帳(写真帳)小笠原 発見から戦前まで
ISBN4-900358-19-3
があります。なかなか興味深い本ですよ。
Posted by ○ベリー at 2006年01月22日 14:57
ご推薦の本も含めて国会図書館でも行っていろいろ探してみます。ありがとうございました。
Posted by さとゆう at 2006年01月23日 21:06
何かいい情報見つけたら教えてください。
Posted by ○ベリー at 2006年01月24日 16:53
コメントを書く
コチラをクリックしてください