2020年04月12日

鳥山

DSCN5031(1).jpg
三ツ岩崎方面

DSCN5033(1).jpg
山頂


DSCN5063(1).jpg
東海岸

DSCN5056(1).jpg
巽湾

DSCN5052(1).jpg
巽島

DSCN5053(1).jpg
鯨﨑



父島巽湾東側に位置する鳥山。

標高は198ⅿ。

戦時中、
照空灯が据えられていた時期があります。

そのため、
海岸近くから山頂にいたる軍道が残ります。

その道も、長年の間に崩れたりで、
かなりわかりにくくなっています。

東海岸から上ると、30分ほどです。

巽道路から歩いていくと、2時間ほどかかります。
道もかなりわかりにくい状態です。

なお鳥山は観光ルートとなっていないので、
ガイドツアーでは行くことができません。

山頂は岩場となっています。

これは軍事利用によるものではないかと
推定します。

おかげで眺めは抜群です。

鳥山は半島のようになっていて
ヘリの方は植生の少ない岩場となっています。
posted by mulberry at 14:53| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

鳥山付近のウラジロコムラサキ

DSCN5021(1).jpg

DSCN5020(1).jpg


ウラジロウムラサキ(シソ科・固有種)の若木です。

鳥山付近、
岩場に近い草地にひっそりと出ていました。

本種は
父島と兄島だけにわずかに生えています。

ノヤギの食害を受けやすいようで、
父島は数えるほどしかありません。

ノヤギのいない兄島では
少し増えてきているようです。

この個体はまだ標識がついていないので、
環境省に要報告です。

ノヤギはこの辺にもいるので、
早めにネットなどで囲った方がいいですね。
posted by mulberry at 08:49| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年04月11日

かろうじて陸続きの鯨崎

DSCN5057.JPG


PB070111.JPG


4/11  旧3/19  晴れ


父島南東部の巽湾に巽崎が
あります。

西海岸方面から見ると、
まさにクジラのよう。

島のように見えます。

しかし、
鯨崎という名の通り、
島ではなく、父島の一部。

父島の鳥山側から見ると、
ごくわずかにつながっています。

つながっている部分は
浜辺と少し盛り上がった岩場です。

海面があと2-3m上がると、
きっと島になりますね。
posted by mulberry at 15:55| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2020年04月10日

雌雄異株シロテツの花

DSCN4933(1).jpg
雄花

DSCN4938(1).jpg
雌花

シロテツ(ミカン科・固有種)が
花期を迎えています。

雌雄異株です。

雄株の花(雄花)、雌株の花(雌花))は
基本の形は同じです。

ごく小ぶりな4弁の白花で、
おしべ4、めしべ1です。

違いが分かりやすのは
めしべの部分。

柱頭が出ているのが雌花です。

おしべの葯の分も違いがありますが、
わかりにくいですね。

雄花は葯がしっかりついています。


見分ける部分も小さいので、
注意して見比べてください。




posted by mulberry at 08:35| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

ムニンゴシュユ落花(雄株の花)

DSCN5010.JPG


4/10  旧3/18  曇り


ムニンゴシュユ(ミカン科・固有種)は
雌雄異株。

雄株の花(雄花)の落花を見つけました。
花は高い場所で咲いていました。

花の基本的な形は
ほぼ雌花と同じ。

花は白(薄緑がかる)4弁、
おしべ4、めしべ1。

わかりやすい雌花との違いは
めしべの部分。

雌花は柱頭が出ていますが、
雄花はそれがありません。


本種は個体数が少なく、
花が低いところで咲いているのを、
なかなか見つけることができません。

posted by mulberry at 08:10| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年04月09日

シマギョクシンカ花

DSCN4925(1).jpg


DSCN4923(1).jpg


4/9   旧3/17  曇り


シマギョクシンカ(アカネ科・固有種)の花が
咲いていました。

芳香もあります。

低木性ですが、
あまり陽がささないような樹下にあることが多いです。

花は半球状の集散花序に、
まとまってつきます。

花が盛りの頃に見ると、
白い半球状に見えます。

1つの花は白5裂、おしべ5、めしべ1。
めしべの花柱は棍棒状です。

林内でひっそり生えていて
芳香で気づくときもあります。


posted by mulberry at 08:33| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年04月08日

2020年3月、石垣島訪問

DSC_2097(1).jpg
石垣の英雄 具志堅さん 石垣港にあります

DSC_2099(1).jpg
国立天文台 電波望遠鏡  
名倉ダムちかくのかなり山の中にあります


DSC_2101(1).jpg
名倉ダム


DSC_1931(1).jpg
石垣最北端 平久保埼灯台


DSC_1946(1).jpg
西端に近い御神埼灯台 


DSC_1949(1).jpg


DSC_1909(1).jpg
北部玉取崎からの北側展望


DSC_2104(1).jpg
白保の海


DSC_1935(1).jpg
吹通川のマングローブ群落


DSC_1943(1).jpg
川平湾

 

2020年3月、石垣島訪問。

2泊しましたが、
その間、波照間島・竹富島にもそれぞれ訪問。

なので、
実質、石垣で取れた時間は一日程度でした。

大きな島ですが、
それでも、グルーっと一周りはしました。

ランチは北部にあるおしゃれなお店で、
八重山そばのパスタ風を食べました。
ロケーションも味も素敵でした。
https://www.hotel-sevencolors.com/cafe/


石垣島は大きな島ということもあるのか、
観光地点はどこも比較的すいていました。


サビチ洞は
https://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/474465476.html


戦跡は
https://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/474394299.html


posted by mulberry at 10:16| 東京 ☀| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

2020年3月、石垣島サビチ洞

DSC_1913(1).jpg
内部


DSC_1915(1).jpg
内部

DSC_1925(1).jpg
入口付近

DSC_1911(1).jpg
入口


DSC_1924(1).jpg
案内板


DSC_1917(1).jpg
洞の出口の浜


DSC_1919(1).jpg
洞の外の海に通じる道

DSC_1920(1).jpg
道から見ええる浜

DSC_1922(1).jpg
降りた浜




2020年3月、
石垣島北部にあるサビチ洞訪問。
http://ishigaki-ibaruma.com/index.html

北部・伊原間にあるので、
平久保灯台観光の途中で立ち寄るといいですね。

道沿いに看板も出ていますが、
見逃さないように注意が必要です。

ウリは
日本で唯一、海に抜ける鍾乳洞です。

挿入洞、
それ自体は、それほどすごくは感じませんでした。

入場料は大人1250円、
(入った感想としてはちょっと高いかなあ。)

でも、確かに、
きれいな浜辺に降りられました。

そこは価値ありです。
posted by mulberry at 09:46| 東京 ☀| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

2020年3月、竹富島

DSC_2061(1).jpg
水牛車観光

DSC_2062(1).jpg


DSC_2055(1).jpg
同 竹富観光センター

DSC_2068(1).jpg
展望台からの集落


DSC_2063(1).jpg
集落


DSC_2069(1).jpg
御嶽


DSC_2074(1).jpg
コンドイビーチ


DSC_2080(1).jpg
皆治浜(カイジ浜) 星砂の浜

DSC_2086(1).jpg
港からののデイコ並木


DSC_2093(1).jpg
竹富港


2020年3月、
竹富島日帰り訪問。


春休みということもあるのか、
平日なのに、往復の船は満席近い状態。

石垣から15分以内という近さも
行きやすさとしてあるでしょうね。

そして
集落の風情、水牛車観光も人気の理由。

浜もとととてもきれいです。

こんな島ですが、
以前、泊まりで訪れたとき、
とても静かだったのが思い出されます。

泊まりはかなり少ないとかです。

今回は日帰りですので定番観光。

水牛車観光、
徒歩での集落散策、浜辺散策などでした。

posted by mulberry at 09:04| 東京 ☀| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

2020年04月07日

ムニンゴシュユ雌花(雌株の花)

DSCN4953(1).jpg



DSCN4950(1).jpg

ムニンゴシュユ(ミカン科・固有種)の花が咲いています。

花の写真撮るために
ちょっと木登りしました。

本種は個体数も少なめで、
なかなか低いところの花を見つけられません。

雌雄異株で、この株は雌株。

花はかなり小ぶりで、白(薄緑がかる)4弁、
おしべ4、めしべ1(柱頭4裂)。

雌株の花(雌花)は
めしべの柱頭がしっかりのびています。

他の特徴として、
葉が3出複葉、木肌が黄色っぽいなどがあります。

分布は父島・兄島のみのようです

ムニンゴシュユ、
漢字で書くと無人呉茱萸。


posted by mulberry at 08:10| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年04月06日

与那国島観光地(馬・灯台以外)(与那国島編3)

DSCN4876(1).jpg
ティンダハナタからの祖納集落


DSCN4875(1).jpg



DSCN4841(1).jpg
立神岩


DSCN4846(1).jpg
サンニヌ展望台からの軍艦岩

DSCN4837(1).jpg
南部の断崖

DSCN4813(1).jpg
与那国空港


DSC_1881(1).jpg
Dr.コトー診療所 ロケ地(志木那島診療所)

DSC_1877(1).jpg
同内部


DSC_1880(1).jpg
同 そばの比川浜


DSC_1869(1).jpg
宇良部岳 無線中継所 最高峰231m

DSC_1867(1).jpg
同 展望


DSC_1884(1).jpg
アヤミハビル館  資料館  有料


DSC_1859(1).jpg
ナンタ浜


DSC_1887(1).jpg
ダンヌ浜 休憩所


2020年3月、与那国島訪問。

西﨑・東崎以外の場所にも
いくつも見所はあります。

南東部海岸は
高い断崖地となっています。

そこに奇岩がいくつかあります。

北部側は低めの崖地で、
海にリーフが広がっています。

島の中央部に山地がありますが、
最高峰は231m宇良部岳です。

無線搭があるので、車でもいけます。

集落は3つで、
内陸部の平坦地には畑が広がっています。

浜辺はいくつかはあり、
みな絵になるきれいな砂浜です。

与那国島編1
https://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/474428517.html

同2
https://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/474428130.html

平和之塔
https://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/474395419.html



posted by mulberry at 10:13| 東京 ☀| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

与那国島東崎周辺(与那国編2)

DSCN4856(1).jpg
東崎

DSCN4860(1).jpg


DSCN4858(1).jpg
東埼灯台


DSCN4855(1).jpg
与那国馬説明

DSCN4851(1).jpg
眼下の浜


DSCN4862(1).jpg
浜辺

DSCN4863(1).jpg
浜から見上げる灯台


DSCN4868(1).jpg
番所跡


DSCN4867(1).jpg
番所からの内陸部


2020年3月、与那国島訪問。

与那国島東端にある東崎(あがりざき)。

東埼灯台は東牧場があります。

ここでも、
与那国馬が普通に見られます。

北側眼下の海岸はウブドゥマイ浜です。
リーフが広がっています。

東崎から西に少し戻ると、
番所跡(ダティクチディ)の石垣が残っています。

さらに西に戻ると、
やはりテキサスゲート(馬・牛のバリア)があります。

与那国編1
https://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/474428130.html

posted by mulberry at 09:26| 東京 ☀| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

日本最西端の地、与那国島・西崎周辺(与那国編1)

DSCN4822(1).jpg
西崎 最西端之地碑

DSCN4819(1).jpg
最西端


DSCN4816(1).jpg
西﨑展望台と 西埼灯台


DSCN4821(1).jpg
同灯台


DSCN4817(1).jpg
西﨑から久部良集落

DSC_1898(1).jpg
久部良漁港


DSC_1890(1).jpg
久部良バリ(亀裂)


DSC_1896(1).jpg
日本最後の夕日が見える丘 碑


DSCN4826(1).jpg
ナーマ浜

DSCN4829(1).jpg
南牧場


DSCN4827(1).jpg


DSCN4831(1).jpg
周辺地形


DSCN4835(1).jpg
テキサスゲート  馬・牛が通過しないようなバリア


DSCN4834(1).jpg
同 実際のサイズ


2020年3月、与那国島訪問。

島の西端に西崎(いりざき)があります。

そこが日本最西端で、
展望台、灯台、碑があります。

そのすぐ手前には
久部良漁港や久部良集落があります。

そこから海沿いを東に向かって進むと、
南牧場があり、与那国馬が普通に見られます。

道路にはテキサスゲートがあり、
それが馬や牛のバリアになっているようです。

このあたり来るだけで、
与那国に来たっていう感じに浸れます。
posted by mulberry at 08:49| 東京 ☀| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

2020年04月05日

「宇宙に「終わり」はあるのか」( 吉田 伸夫)

宇宙に「終わり」はあるのか 最新宇宙論が描く、誕生から「10の100乗年」後まで (ブルーバックス) [ 吉田 伸夫 ] - 楽天ブックス
宇宙に「終わり」はあるのか 最新宇宙論が描く、誕生から「10の100乗年」後まで (ブルーバックス) [ 吉田 伸夫 ] - 楽天ブックス


2017年2月発行
「宇宙に「終わり」はあるのか」( 吉田 伸夫)
https://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000226655

宇宙歴138億年の現在、
僕らはとても運がいいことがわかります。

でも、数十億年先には、
地球は生命が住めない惑星になります。

更に先には
天の川銀河とアンドロメガ銀河が衝突・合体します。


次の100億年に、
宇宙は老化をどんどん進めていきます。

ただし
宇宙は果てしない、永遠と思うぐらいの期間、
長く続きます。

具体的には10の100乗年ぐらいです。

最後はどうなるかはまだ分かっていません。


理論的なことはかなり簡単に書いてありますが、
やはり難しいです。

でも、
宇宙がどうなっていくかは流れとしてわかります。


こういう本を読むと、
僕らが今生きていることが何になるのかと
思ってしまいますね。



posted by mulberry at 17:17| 東京 ☁| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

クロトンノキ雄花と雌花

DSCN4920(1).jpg
雄花


DSCN4922(1).jpg



DSCN4918(1).jpg
雌花




クロトン(トウダイグサ科・外来種)の
雄花・雌花が咲いていました。


本種は雌雄同株ですが、雌雄異花、
雄花と雌花は花序ごとに異なっています。

花は穂状花序に複数つきます。


雄花には
花弁5-6、や萼片5-6があり、おしべ多数です。

雌花は、花弁や萼片がなく、
めしべの子房が膨らみ、先は4裂(数は変異あり)です。


クロトンノキ、
クロトン、ヘンヨウボクなどともいわれています。
posted by mulberry at 10:02| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年3月、八重山で訪れた灯台(5か所)

DSC_1931(1).jpg
石垣 平久保埼灯台


DSC_1947(1).jpg
石垣  御神埼灯台


DSC_1948(1).jpg
説明


DSCN4814(1).jpg
与那国 西﨑灯台


DSCN4824(1).jpg



DSCN4856(1).jpg
与那国  東崎灯台


DSCN4858(1).jpg



DSC_2029(1).jpg
波照間灯台




2020年3月、八重山を訪問。

石垣島2、与那国島2、波照間島1、
計5か所の灯台も訪れました。


石垣島は
最北端にある平久保崎灯台、
最西端に近い御神埼(うがんざき)灯台。


与那国島は
日本最西端地にある西埼(いりざき)灯台、
東端にある東埼(あがりざき)灯台。

波照間島は
島の中央部の高台にある波照間灯台。
有人島日本最南端でしょうね。

波照間灯台以外は
観光地、展望地もなっています。

東崎灯台は
与那国馬のの放牧地にもなっています。
posted by mulberry at 09:12| 東京 ☀| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

シマモチ雄花

DSCN4899(1).jpg

DSCN4896(1).jpg



シマモチ(モチノキ科・固有種)は
雌雄異株。

この写真は
雄株の花(雄花)です。

花は白(乳白色に近い)4弁、
おしべ4、めしべ1です。


雄花と雌花とも
おしべ、めしべはついています。

柱頭の大きさの違いが顕著で、
雄花は小さく緑で、
雌花はしっかり膨らみ黄身がかっています。

また雄花は咲いてすぐだと
おしべにしっかり花粉がついています。


近縁種にムニンモチがありますが、
この2種を同定するのは難しいです。
(同種とする見方もあります)


posted by mulberry at 08:32| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年04月04日

2020年3月、八重山で食した料理

DSC_1897(1).jpg
カジキそば  与那国


DSC_1926(1).jpg
石垣牛のせ八重山そばのパスタ風  石垣


DSC_2083(1).jpg
八重山そばのつけ麺   竹富

DSC_1975(1).jpg
刺身盛り合わせ  石垣居酒屋


DSC_1863(1).jpg
刺身盛り合わせ 与那国ホテル


DSC_1976(1).jpg
石垣牛寿司  石垣居酒屋



DSC_2109(1).jpg
夜光貝寿司  石垣空港


DSC_1864(1).jpg
モズク天ぷら  与那国ホテル


DSC_1977(1).jpg
スクガラス(アイゴ稚魚塩辛)豆腐


DSC_2108(1).jpg
ナマコ酢、モズク天ぷら、刺身など  石垣空港

DSCN4810(1).jpg
マグロと海ぶどう   石垣空港

DSCN4811(1).jpg
石垣のかまぼこ、たこぼーるとチーズぼーる 石垣空港



2020年3月、
子供たちと八重山旅行。

そこで食べた地元食材の食べ物を紹介します。

結果として
肉よりも海系が多かったですね。

南国ゆえ、刺身はあっさり系です。

与那国ではカジキの刺身をよく食べました。

八重山そばは
パスタ風やつけ麺のアレンジバージョンもおいしかったです。


旅に出ると、
やはり地元の料理を主に食べますね。

怖いもの見たさのときもあります。

うちの地元でいうと、
アオウミガメですね。
posted by mulberry at 15:29| 東京 ☀| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

浅瀬でアオウミガメ交尾中

DSCN4905.JPG


4/4  旧3/12  曇り


この写真ではわかりにくいですが、
アオウミガメ交尾中です。

浜辺のかなり浅い所でした。

遠目で見たとき、
誰かが泳いでいるのかと思いました。

時々、
海面から上に黒っぽいものが見えました。

なんだか暴れているようで、
おぼれているのかもという風にも見えました。

あるいは漂着物かなとも思いました。

念のため、近づくと、この状況でした。

子孫繁栄のための行為、
白日の下ですが、大事です。



posted by mulberry at 07:30| 東京 ☁| Comment(0) | 水中 | 更新情報をチェックする

2020年04月03日

4/3島一周ウォーキング

DSCN4884(1).jpg


DSCN4888(1).jpg


4/3  旧3/11   薄曇り

コロナのせいで、
入港中にもかかわらず、暇なので、
月一ノルマの島一周ウォーキング。

人のいない所を歩くのは
コロナも無縁の世界です。

薄曇りで涼しかったです。

歩いている間に、
観光業者の車には出会いませんでした。

これから気温も上がってくるので、
来月5月は暑く感じるかな?

涼しいのは今月までかな。
posted by mulberry at 12:53| 東京 ☀| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする