2020年03月06日

陸軍巽崎観測所

DSCN4664(1).jpg
観測所外部

DSCN4659(1).jpg
入口

DSCN4660(1).jpg
内部

DSCN4662(1).jpg
内部


DSCN4661(1).jpg
観測場所

DSCN4663(1).jpg
視界

DSCN4650(1).jpg
途中の電信柱


DSCN4678(1).jpg
軍道の標石

DSCN4668(1).jpg
砲台跡か?

DSCN4669(1).jpg




陸軍巽崎観測所。

ここは父島の
最南東部にあります。

1932年、
大村第一砲台の観測所としてつくられました。

かつては軍道が整備されていました。

現在は
天之浦からの先の急斜面が崩落していて、
行くことすら困難な状態です。

途中は
道の名残があったり、電信柱、標石などが残ります。

観測所内部は
高山観測所とほぼ同じ形状です。

さらに岬先端部に
砲台跡と思われるような跡もあります。

ここは何があったかまだ未確認です。


巽崎、行くことすら困難で、
観光ルート外でもあるので、案内はできません。
posted by mulberry at 11:28| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

ハナイバナ(葉内花)花

DSCN4637.JPG


3/6  旧2/12  曇り

空き地で
ハナイバナ(ムラサキ科・外来種)花が咲いていました。

漢字からすると
ハナ・イバナではなくハナイ・バナですね。

葉と葉の間から花が出るという意味のようです。


ごく小さな花です。
直径1㎝のもので隠せるほどです。

花はごく薄い紫5裂、
内側に鱗片上の白い副花冠5(10あるように見える)

おしべ5、めしべ1です。


posted by mulberry at 08:08| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年03月05日

トヨタの社章はカタカナ・トヨタ

DSCN4685.JPG

トヨタの社章が
軍用車のエンジンに刻印されています。

http://www.toyota.co.jp/jpn/company/history/75years/data/automotive_business/products_technology/vehicle_lineage_chart/trademarks_and_emblems/

このマークは、1936年に公募で制定され、
現在も社章として使われています。

このころから社名も
トヨダからトヨタと濁らなくなったのですね。

創業者やその子孫の現在の社長さんは
豊田(とよだ)さん。

1989年以降は
車には新トヨタマークが使われています。

なので、
この社章はあまり見る機会はありません。

たまにニュースなどで
カタカナのトヨタの旗が出てくる時があります。

それがこの社章です。
posted by mulberry at 13:49| 東京 ☁| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2020年03月04日

3/4午前、戦跡ツアー

20200304115613198.jpg

3/4午前、戦跡ツアー。

親子でご参加です。

娘さんと一緒に旅行なんて、
うらやましいですね!

夜明山、
海軍十二糎高角砲!

posted by mulberry at 15:02| 東京 ☁| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

戦車の砲塔

DSCN4638.JPG


3/4  旧2/10  晴れ

大根山の山中、
埋没するかのように残る戦車の砲塔部分。

なぜか、
このエリアにはほかにもあったりします。

洞窟陣地の縦穴の上に
すえているところもあります。

戦車についてはまだ不勉強で
きちんと型式まで把握していません。

当時、
島に戦車はなかったと聞きます。

ゆえに
砲塔だけをいくつか島に運んだのでしょう。
posted by mulberry at 12:55| 東京 ☁| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2020年03月03日

豆腐岩と烏帽子岩

DSCN4634.JPG


3/3   旧2/9  晴れ


洲崎方面からの豆腐岩と烏帽子岩。

豆腐岩はすぐ目の前。
烏帽子岩はだいぶ離れています。

豆腐岩は
正確には由来が分かりません。

岩が柱状節理で、
形もなんとなく角張っているからですかね?


烏帽子岩は
烏帽子というにはあまり尖ってはいませんが、
分からなくもないですね。

このあたりの地名も
文久の探検隊の誰かがつけたのでしょうか?

水野忠徳氏が付けた地名も
きっといくつかあることでしょう。


posted by mulberry at 16:00| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2020年03月02日

「世界の樹木をめぐる80の物語」( ジョナサン・ドローリ)

世界の樹木をめぐる80の物語 [ ジョナサン・ドローリ ] - 楽天ブックス
世界の樹木をめぐる80の物語 [ ジョナサン・ドローリ ] - 楽天ブックス

2019年12月発行、
「世界の樹木をめぐる80の物語」( ジョナサン・ドローリ)
http://www.kashiwashobo.co.jp/book/b488019.html

タイトルの通り、
世界の樹木80の紹介。

挿絵と1-2ページの本文で成り立っています。

日本からは
ウルシとソメイヨシノが選ばれています。

世界の樹木なので、
日本人にはなじみのないものも多いです。

でも、蘊蓄は学びになりますよ。
posted by mulberry at 08:52| 東京 ☔| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

オオバハマアサガオ花

DSCN4641(1).jpg


DSCN4640(1).jpg


3/2  旧2/8  晴れ

オオバハマアサガオ(ヒルガオ科・広域分布種)の花が
咲いています。

海岸ではなく、
集落エリアの林縁で生えています。

僕の記憶では
父島ではこの場所しか知りません。

母島や他の属島にもあるようです。


花は
グンバイヒルガオにそっくり。

ピンク色の大柄な漏斗型合弁花冠で、
おしべ5、めしべ1です。

ですが、
葉の形がかなり違っています。

グンバイヒルガオは軍配形、
オオバハマアサガオは円心形あるいは腎形。

和名は大葉浜朝顔です。

posted by mulberry at 08:08| 東京 ☔| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年03月01日

コーヒノキ花

DSCN4595.JPG


3/1  旧2/7  晴れ


とあるハウスの中で
コーヒーノキ(アカネ科・外来種)の花を見つけました。

さて花ですが、芳香もあります。

白花5裂(まれに6裂も)、
おしべ5、めしべ1(花柱・柱頭は2裂)です。


コーヒーノキは
もちろんコーヒー豆が取れる木です。

昨10月の台風の影響で、
小笠原では今年は不作と聞いています。

今年は
ますますレアな小笠原コーヒーです。




posted by mulberry at 08:42| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする