2020年01月15日

西島・瓢箪島・人丸島

DSCN4009.JPG


1/15  旧12/21  曇り


父島北西部のある小島。

写真の左から
西島・瓢箪島・人丸島。

上陸したことがあるのは西島だけ。

西島だけは
内陸部に一部私有地があります。

瓢箪島は
形が島名の由来と思われます。

人丸島は
柿本人麻呂に似ている部分があるからの由来です。

posted by mulberry at 07:53| 東京 ☁| Comment(0) | 歴史 | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

三日月山のいまにも崩れそうな崖

DSCN4008.JPG


1/14  旧12/20  雨


三日月山展望台にいたる歩道から見える
三日月山北西側の崖です。

いまにも崩れそうな崖です。

過去にも相当崩れているようで、
眼下には大きな岩だらけです。

このあたりの地質は
父島本体の火山活動とは別な所からのもの。

別なところの火山活動の海底堆積物が
移動して父島にくっついたもの。

凝灰角礫岩です。

もともともろいのでしょう。

さらに戦時中、
壕をたくさん掘ったので、その影響があるという説も。

posted by mulberry at 16:07| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2020年01月13日

三日月山展望台崖下の壕

DSCN4012(1).jpg
防火用水

DSCN4017(1).jpg
かまど

DSCN4015(1).jpg
監視所・貯水槽


DSCN4013(1).jpg
展望



三日月山展望台は
二見湾を見下ろす崖の上にあります。

その崖下で
岩をくりぬいて作った壕があります。

10年ぶりくらいに訪れました。

出入口は上中下3か所で、
傾斜のある通路でつながっています。

監視所も1つあります。

全長は150ⅿ以上はありそうです。

一番下の入口付近には
防火用水と書いた丸い水槽。

上の入口付近には4連式のかまど。

監視所の脇には貯水槽。

監視所からは
二見湾が一望です。

posted by mulberry at 11:11| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

1/13、小笠原村消防団出初式

DSCN4021(1).jpg

DSCN4022(1).jpg

DSCN4018(1).jpg



1/13午前、
青灯台で小笠原村消防団出初式。

僕も出席しました。


式典と放水演習、
子供達への消防車体験乗車が実施されました。

放水演習も
きちんと決まりました。

子供たちは
楽しそうに消防車へ。


大きくなって、
島に残る子にはぜひ消防団へ入団してほしいものです。

ちなみに
僕は団員ではありません。

幸い(苦笑)、
誘われる機会がなかったです。

posted by mulberry at 10:56| 東京 ☀| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

1/12、水着での初泳ぎ(2020)

DSCN4011.JPG


1/13  旧12/19  曇り

昨日1/12は
快晴の気持ちのいい天気でした。

気温は22-23度。

泳ぐかどうか迷いながら、製氷海岸で足をつけてみました。

体感としては23度。

思い切って泳ぎました。
水着のみでです。

晴れていて、水温も高いので、
さほど苦になりませんでした。

大丈夫でした。

例年よりずいぶん早い、
水着での初泳ぎでした。
posted by mulberry at 07:19| 東京 ☁| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

2020年01月12日

大村第二砲台地下洞窟(立入不可)

DSCN4001(1).jpg
観測所

DSCN3997(1).jpg
砲座 その1

DSCN4000(1).jpg


DSCN3998(1).jpg
展望


DSCN3996(1).jpg
砲座 その2

DSCN3994(1).jpg
展望

DSCN4003(1).jpg
説明板



大村第二砲台地下洞窟は
現在、金網が張られ、立入不可です。

内部には
砲座2と観測所1があります。

ここには
戦争末期、四五式十五糎加農砲がすえられました。

砲はまったく残っていません。

ここからの展望は素晴らしいです。

崩落防止対策取って、見学できるようにしたら、
人気のスポット間違いなしです。

もったいない。残念。


posted by mulberry at 09:09| 東京 ☁| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

三日月山展望台からの風景

DSCN4010.JPG

1/12  旧12/18  晴れ

とある冬の晴れた日の午後、
三日月山展望台に行きました。

崖の上にある展望台で、
二見湾が一望。

気持ちのいい風景が広がります。

二見湾を一望できる場所は複数あります。
傘山・旭山・夜明山・大神山など。


どれがいいかは好みがあるでしょうね。

ここは
北から南を見る風景です。

posted by mulberry at 08:01| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2020年01月11日

ガーベラの花

DSCN3716(1).jpg


DSCN3717(1).jpg


1/11  旧12/17  曇り


墓地の一角、
直植えのガーベラ(キク科・外来種)が咲いていました。

ガーベラは様々な品種があるようで、
品種名までは分かりません。

頭花は
外側に舌状花多数、内側に筒状花多数です。


人家や墓地は
まだいろいろな園芸種がありそうです。

たまに調べないといけませんね。
posted by mulberry at 07:56| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年01月10日

有効活用の大村第二砲台砲側弾薬庫

DSCN3988(1).jpg


DSCN3989(1).jpg


大村第二砲台あとには
砲側弾薬庫4つが残っています。

うち3つは放置状態で、
1つだけ道沿いにあり、見学が可能。

かなりしっかりしていて、
危険性もほぼありません。

3つのつくりは
いずれも外扉と内扉の二重構造です。

内扉の内部のサイズはほぼ同じと思います。
内部は白く塗られています。


そして残る1つは
気象庁津波地震早期検知網観測局となっています。

さすがに
中は見たことがありません。

たぶん
内部のつくりは同じかと思います。


posted by mulberry at 09:46| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

オオコウモリのペリット(モモタマナ果実)

DSCN3991.JPG


1/10  旧12/16  晴れ

モモタマナ(シクンシ科・広域分布種)の樹下、
果実とオオコウモリのペリットが落ちています。

オオコオウモリは果実の果肉をかじって、
はき出した部分がペリットです。

ペリットは
せんべいのように平べったい円形です。

きっと夜には
オガサワラオオコウモリは来ているのでしょう。

posted by mulberry at 07:34| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2020年01月09日

1/9小笠原海運主催旅初セット

20200109155242069.jpg

1/9 旧12/15 晴れ


今便の前半二日間は
小笠原海運主催旅初セットツアー。

本日は
戦跡と歴史ツアーでした。

写真は
無人島発見之碑です。
posted by mulberry at 15:57| 東京 ☀| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

「ゆり丸」と赤灯台

DSCN3978.JPG


ははじま丸ドック中の代船、
「ゆり丸」です。

毎年、一年ぶりなので、
来るたび、懐かしく感じます。

ははじま丸より揺れるので
「揺れ丸」と言われたりもしています。

しかし、
ははじま丸ドック中の貴重な足です。

頼りにしています。
posted by mulberry at 08:06| 東京 🌁| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

1/7夕日

20200108065804423.jpg

20200108065815284.jpg

1/8 旧12/14 晴れ


1/7
パーフェクトな夕日でした。

日没10分前ぐらいから
見えてきました。

そして、最後まで見事に。

ツアーで行くときにも
こういうのがいつも見られるといいのですが・・・




posted by mulberry at 07:00| 東京 🌁| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

2020年01月07日

1/6、今年も作業で南島

DSCN3971(1).jpg


DSCN3972(1).jpg


1/7  旧12/13  晴れ


昨日1/6、作業で南島へ。

今年初です。

作年より引き続きの作業で、
この3月まであと3回。

作業場所からは
気持ちのいい景色が広がります。



この作業も10年近くやっていますが、
年々、体力の衰えを感じています。

足元も
踏ん張りがきかなくなってきています。

そろそろ作業は引き時ですかね。




posted by mulberry at 08:04| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

娘から父への言葉(タイムカプセルから)

DSCN3963.JPG



1/6  旧12/12  晴れ

長女は
先日、成人式でした。

それにあわせて、
小学校6年の時に埋めたタイムカプセルをあけたようです。

長女が僕に向けた言葉も入っていました。

「お父さん 家族のためにはたらいて
 大変だから たまには休んで」  byよしいちひろ 

ちょうど世界遺産になって忙しい頃でした。

優しい娘ですね。笑

ちなみに
族のつもりが遊になっているのはご愛嬌。
posted by mulberry at 15:24| 東京 ☀| Comment(0) | 家族 | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

1/5午後、小笠原警察署武道始式

20200105172825260.jpg

20200105172842466.jpg

20200105172849728.jpg

1/5午後、
小笠原警察署武道始式でした。


柔剣道、
子供たちの基本錬成や試合が
行われました。

みな頑張っていました。

保護者の応援の声も
ひときわ響いていました。


警察署員による、
逮捕制圧訓練も見せていただきました。

悪人役の迫真の演技が
楽しかったです


posted by mulberry at 17:33| 東京 ☀| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

保革油の蓋

DSCN3948.JPG


とある場所で、
陸軍被服本廠の保革油蓋が落ちていました。

島で僕が見たのはこれで2つめ。

いずれも蓋だけで
本体の部分はありません。

保革油ですから、
中身は固形の油のはずです。

75g入りなので、小さな瓶か缶か、
どちらでしょうか?
posted by mulberry at 12:45| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

1/5、島一周ウォーキング

20200105114422963.jpg

20200105114427753.jpg

1/5 旧12/11 晴れ

今年初、
月一ノルマの島一周ウォーキング。

島はほとんど常緑樹なので、
冬も見た目はさほど変わりません。

今は
自生種の花がほとんどないですね。

5月頃までは
涼しく歩けます!

posted by mulberry at 11:48| 東京 ☀| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

海軍振分山平射砲台

DSCN3952(1).jpg
砲台 その1

DSCN3953(1).jpg
内部


DSCN3949(1).jpg
砲台 その2


DSCN3950(1).jpg
内部


DSCN3951(1).jpg
内部


海軍の振分山平射砲台2つ。

大砲は残っていません。

戦時中に、
別な場所に移設されたようです。

十二糎高角砲が据えられていたようです。

ここは岩場を掘った洞窟陣地ではなく
コンクリートのトーチカです。

父島では
このタイプの平射砲台は珍しいですね。

陣地の上は
土と植物(サイザルアサやリュウゼツラン)で
おおわれています。

この砲台の周辺は
返還後しばらくは土地利用されていた所です。

その時に、
砲台内部は利用されていたようです。

そのため、
ビールケースが残っています。

posted by mulberry at 10:38| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

1/3夕日

20200104075433173.jpg

20200104075439238.jpg

1/3
長女と夕日を見に行きました。

途中、
ツアー参加者を見つけて、
いっしょに。

あと一息の惜しいところで
雲のなかに。

年末年始のツアーが終わり
ホッとしました。
posted by mulberry at 07:57| 東京 ☀| Comment(0) | 家族 | 更新情報をチェックする