2019年12月23日

おいしそうなアカイセエビ

20191223074721066.jpg

小倉にいる長女に送った
アカイセエビ。

おいしそうな写真が
送られてきました。

島にいるけど、
めったに食べる機会はありません。

写真で
味わっておきましょう。
posted by mulberry at 07:49| 東京 不明| Comment(0) | 家族 | 更新情報をチェックする

風にたなびくクジラのぼり

DSCN3900.JPG


12/23  旧11/27  曇り

親子のクジラのぼり。

昨日はやや風があって、
風にたなびき、きれいに泳いでいました。

もちろん
クジラはザトウクジラです。

こののぼりは
ザトウクジラの回遊シーズンにあわせています。

初クジラの11月頃から
クジラがいなくなる5月頃までの期間です。

風のそこそこある日はうまく泳いでくれます。

posted by mulberry at 07:04| 東京 不明| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

2019年12月22日

12/22冬至、日の出も遅くなり・・

DSCN3883.JPG


日の出の絵です。


2019年12月22日、冬至です。

すっかり日の出も遅くなりました。

この日は6:16。

ちなみに
元旦は6:20です。

朝起きて、集落まわりをドライブすると、
山からのぼる朝日が見えてきます。

海からではないですが、
山からのもなかなかいいものです。

日の出の遅いしばらくは
この風景が見やすい時期です。
posted by mulberry at 08:15| 東京 ☀| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

南島のアカテツ

DSCN3839(1).jpg

DSCN3841(1).jpg


12/22  旧11/26  晴れ

父島の山地では
普通に見られるアカテツ(アカテツ科・広域分布種)。

小さな島の南島ではごくレアです。

以前に一度見ていました。
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/427522602.html

今年度の作業でも1本見つけました。

クサトベラの群生の中に混ざって生えていました。

この島へのアカテツの散布方式は
鳥散布でしょうね?

南島には
何本のアカテツがあるかしら?
posted by mulberry at 08:05| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

「決定版 日本書紀入門」(竹田恒泰・久野潤)


決定版日本書紀入門 2000年以上続いてきた国家の秘密に迫る [ 竹田恒泰 ] - 楽天ブックス
決定版日本書紀入門 2000年以上続いてきた国家の秘密に迫る [ 竹田恒泰 ] - 楽天ブックス

2019年7月発行
「決定版 日本書紀入門」(竹田恒泰・久野潤)
http://www.business-sha.co.jp/2019/07/決定版%E3%80%80日本書紀入門―2000年以上続いてきた国家/


2020年は
日本書紀編纂から1300年だそうです。

当時の「正史」とされています。
つまり公式記録。

日本書紀は
古事記と違って漢文で書かれています。

対外的にも伝える意図があった
ということです。

分量も
古事記と比べ日本書紀は圧倒的に多いです。

そして、
初めのほうでは「一書曰(あるふみいわく)」が多く出ます。

これは脚注ないし別伝の紹介です。

ただし、これは途中からは出なくなります。
それが「人間の天皇」の時代になってからとのことです。

古事記と日本書紀の違いは
いくつか出てきます。


本書は
日本書紀にまつわる2人の対談です。

日本書紀は
現代にも生きているとのことです。

posted by mulberry at 08:40| 東京 🌁| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

テリハニシキソウ

DSCN3732.JPG


12/20  旧11/25  晴れ


テリハニシキソウ(トウダイグサ科・固有種)です。

父島では
山の上の岩場でわずかに自生しています。

とても似た
シマニシキソウ(トウダイグサ科・外来種)も近くに生えています。

草丈や葉のサイズは
シマのほうがやや大きくなるようです。

でもそれではわかりにくいのです。

確実な見分けは
葉や茎の毛の有無です。

テリハは
葉も茎にも毛がありません。

ツルツルした感じです。

シマのほうは
葉は無毛のようなのもありますが、
茎は毛が生えています。


ただし、
テリハはごくわずかです。

posted by mulberry at 07:31| 東京 🌁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

バラアサガオ(ウッドローズ)花

DSCN3849(1).jpg


DSCN3848(1).jpg


12/19  旧11/23  晴れ

ウッドローズ(バラアサガオ・ヒルガオ科・外来種)の花が
咲いています。

あちこちに野生化している本種。

大きめの黄花で、
咲き出すととても目立ちます。

今年は、台風の影響か、
花がやや少ないように思います。

花は黄色、漏斗型合弁花冠。
おしべ5、めしべ1です。

posted by mulberry at 08:43| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年12月18日

赤く染まるミルスベリヒユの葉

DSCN3873(1).jpg


DSCN3872(1).jpg


12/18  旧11/22  晴れ

南島外周部に自生する
ミルスベリヒユ(ハマスベリヒユ・ハマミズナ科・広域分布種)。

これも台風の影響かもしれませんが、
葉が赤くなっています。

ふつうは緑色です。

近くで見ると、緑の葉もあり、
元気がないようには見えません。


今後、
徐々に、緑が増えていくのでしょうね。
posted by mulberry at 15:47| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

12/17、今年最後のクルーズ船(観光船)

DSCN3856.JPG


12/17  旧11/21  晴れ

12/17早朝、
今年最後のクルーズ船が入港しました。

にっぽん丸です。

日の出が遅くなっているので、
早朝の入港だと、湾内までまだ日が出ていません。


このあと、
日中は天気に恵まれ快晴でした。


来年は
3月からクルーズ船が入ります。

クルーズ船でも
多くのお客様が来島されます。

来年も、
オプショナルツアーでお会いしましょう。
posted by mulberry at 16:26| 東京 ☔| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2019年12月16日

ツルワダン花

DSCN3843.JPG


南島では
ツルワダン(キク科・固有種)の花が咲いています。

南島で見ている限りは
あまり花期が明確ではありません。

つまり通年に近く、花が見られています。

頭花は
黄色の舌状花が15以上ありますね。

舌状花の数と同じだけ
中央部の棒状のものがのびています。

めしべとおしべが一体になったものです。

先端部で、
めしべの花柱が2分枝しています。

おしべは
棒状の中間部についています。

posted by mulberry at 16:47| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

12/16戦跡と景観ツアー

20191216154646804.jpg


12/16
小笠原海運主催歴史探訪ツアー2日目。

戦跡と景観ツアーを
混ぜてまわりました。

午後には高角砲へ。

天気はもうひとつ、
終わりごろから晴れてきて、
ちょっと残念でした。
posted by mulberry at 15:48| 東京 ☀| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

小4総合「小笠原の植物」実地授業

DSCN3822.JPG


12/16  旧11/20  晴れ

今年度も、
小4総合「小笠原の植物」をお手伝いしています。

2時限の授業のあとは
2回に分けて2時限ずつ実地で授業します。

この日は
大神山公園の山の方で、山地の植物を紹介しました。


授業の終わりごろ、
おがさわら丸の出港でした。

みなで展望台から見送りました。


次回はお祭り広場周辺で
海岸性植物の紹介です。


こういう授業するたびに
先生の大変さがよくわかります。

僕には小学校の先生は無理だなあ…苦笑
posted by mulberry at 07:04| 東京 ☀| Comment(0) | 環境教育 | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

12/15サンセットナイト

20191215193015419.jpg

12/15サンセットナイト。

午後から
小笠原海運主催歴史探訪ツアーです。

サンセットナイトも
そのメンバーの皆さま。

夕日はダメでしたが、
オオコウモリやグリーンペペはバッチリ。

グリーンペペは
もうしばらく出ないかと考えていました。
posted by mulberry at 19:32| 東京 ☀| Comment(0) | ナイトツアー | 更新情報をチェックする

カラシナ(セイヨウカラシナ)花

DSCN3697(1).jpg


DSCN3698(1).jpg

海沿いの空き地で
カラシナ(セイヨウカラシナ・アブラナ科・外来種)の花が
咲いていました。

普通は3月頃の花です。

11月頃から咲いていて、
これも、台風のせいでしょうか?

花は黄色4弁。

おしべは6で、
外側に小形のものが2、内側に大型のものが4(四長雄しべ)。

雌しべは1(2心皮性)。

種はマスタードの原料になります。

葉も食用で、
生でかじっても辛いです。
posted by mulberry at 07:55| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

オガサワラビロウ、場所が違えば・・

DSCN3815(1).jpg


DSCN3818(1).jpg

12/15  旧11/19  晴れ


2つの写真のヤシは
同じオガサワラビロウ(ヤシ科・固有種)。

柄の長さが
2-3倍くらい違っています。

生えているのは
風衝地と高木林内との違いです。

柄が短いのはやはり風衝地。
1-2mほどです。

背丈も短めです。

森林内は
2-3mありそうです。

背丈も大きくなりやすいです。

形状だけ見ていると、
同じオガサワラビロウには見えませんね。
posted by mulberry at 07:12| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年12月14日

SWING BLOW クリスマスライヴ

20191214201900771.jpg


20191214201856013.jpg

12/14午後、
スィングブロー クリスマスライヴ。

2時間ほど、
楽しませていただきました。

パプリカのときは
子供たちが踊っていました。

中学生や高校生の演奏もありました。

いつもありがとうございます🎵
posted by mulberry at 20:21| 東京 ☀| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

南島で見つけたセイヨウミツバチの巣

DSCN3836.JPG


12/14  旧11/18  曇り

南島はほぼ全島石灰岩。

その割れ目の中に作られた
セイヨウミツバチ(外来種)の巣です。

今まで、南島には、
セイヨウミツバチの巣はないとされていました。

以前、
この巣を除草作業中に見つけていました。

会議でこの話題を出すと、
昆虫の専門家が早めに対処した方がいいというコメントでした。

昨日、
地元のNPOスタッフに場所を確認してもらいました。

いずれ、
対処してくれるものと思います。
posted by mulberry at 07:28| 東京 ☁| Comment(0) | 野生生物 | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

12/12午前、戦跡ツアー

20191212115908544.jpg

12/12午前、戦跡ツアー。

夜明山、
海軍十二糎高角砲です!

旅行社勤務と海外勤務の参加者でした。

旅行社は
いつもお世話になっている会社です!
posted by mulberry at 12:02| 東京 ☀| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

兄島家内見崎にかかる虹

DSCN3804.JPG


12/12  旧11/16  曇り

一昨日のこと。

兄島家内見崎の上に、
虹ががかかっていました。

他の場所で気づいて、
急いで、旭平展望台へ。

少し薄くなりはじめていましたが、
まずまずきれいに見えました。

この場所だと、
虹の端から端までみな見えました。



posted by mulberry at 07:22| 東京 ☀| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

ガジュマルイルミネーション

20191211204116110.jpg

波止場前のガジュマル。

クリスマスイルミネーションが
点灯しました。

日が暮れてから、
歩く楽しみが増えました。

クリスマスまで
2週間弱。

別に特別な意味はないです。笑

posted by mulberry at 20:44| 東京 ☀| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする