2019年11月13日

「江戸300藩「改易・転封」の不思議と謎」( 山本 博文)

大名の『お引っ越し』は一大事!? 江戸300藩「改易・転封」の不思議と謎(369) (じっぴコンパクト新書 じっぴコンパクト新書 369) [ 山本 博文 ] - 楽天ブックス
大名の『お引っ越し』は一大事!? 江戸300藩「改易・転封」の不思議と謎(369) (じっぴコンパクト新書 じっぴコンパクト新書 369) [ 山本 博文 ] - 楽天ブックス

2019年9月発行
「江戸300藩「改易・転封」の不思議と謎」( 山本 博文)

https://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-33887-3

江戸時代、
藩の数は300近くありました。

その中で
改易や転封にあった大名は250人以上。

改易は大名をとりつぶすこと。
転封は領地を引っ越しさせること。

改易・転封
様々な理由があったようです。

跡継ぎがいないだけが
改易の理由ではないんですね。

改易・転封、こういうのがあると、
大名はもめごと起こさないようにという
保守的な傾向が強くなるでしょうね。
posted by mulberry at 08:34| 東京 ☁| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

人なれしている?母島前浜のメジロ

DSCN3536.JPG


母島の前浜の堤防での一コマ。

脇にあるのはガジュマル。

堤防の上を多くのメジロが集まっています。

人慣れしているのか?
ある餌付け慣れしているのか?

あるいは
台風でえさ不足?

父島で
こういう光景を見ることはまずありません。



posted by mulberry at 08:02| 東京 ☁| Comment(0) | 野生生物 | 更新情報をチェックする

ウチダシクロキ花

DSCN3548.JPG


11/13  旧10/17  晴れ


台風21号の影響が気になったので、
とある場所のウチダシクロキ(ハイノキ科・固有種)を
見てきました。

この場所は1株しかありません。

幸い、大丈夫でした。

そして1か所だけ花もつけていました。

他の群生地も気になるところです。

本種は個体数が少なく、さらに減少傾向が強いので、
こういう自然の脅威も気がかりです。


花は乳白色、
5深裂(5弁ではありません)。

おしべは多数、5束生(五体雄蕊)。
めしべは1(柱頭は3裂)。
posted by mulberry at 07:28| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

「航路・旅客船の不思議と謎」(風来堂)

航路・旅客船の不思議と謎 船の航行にはどんなルールが!? (じっぴコンパクト新書) [ 風来堂 ] - 楽天ブックス
航路・旅客船の不思議と謎 船の航行にはどんなルールが!? (じっぴコンパクト新書) [ 風来堂 ] - 楽天ブックス

2018年11月発行
「航路・旅客船の不思議と謎 船の航行にはどんなルールが!?」
(じっぴコンパクト新書) [ 風来堂 ]。
https://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-00919-3

我が小笠原航路については、
定期船(おがさわら丸他)と貨物船・共勝丸の歴史が
しっかり書かれています。

日本各地の定期旅客航路が
主に取り上げられています。

島好き・船好きの方には
楽しい本です。

行ったことのない島に行ってみたくなりますよ。
posted by mulberry at 15:20| 東京 ☀| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

母島都道(北進線10km・南進線4km)全約14㎞

DSCN3492(1).jpg
都道最南端

DSCN3483(1).jpg
万年青橋

DSCN3481(1).jpg
南進線の表示

DSCN3495(1).jpg
中ノ平橋 向島

DSCN3528(1).jpg
沖港近くからははじま丸


DSCN3444(1).jpg
メグロの看板


DSCN3441(1).jpg
アノール侵入防止策


DSCN3450(1).jpg
ビッグベイ

DSCN3451(1).jpg
東港


DSCN3462(1).jpg
北村


DSCN3467(1).jpg
北港

DSCN3465(1).jpg
北進線終点  北港



先日の母島出張は夜の講習が仕事。

日中の空き時間に、
北進線10㎞と南進線4㎞を歩きました。

2回に分けました。

北進線は
片道は有償運送で運んでもらいました。

道は標高250m以上までのぼります。

沖港から桑ノ木山あたりまで、ずっと上って、
その後はずーっと下りで北港まで。


南進線は4㎞と短く、
こちらは山の歩道も使って往復しました。

標高は100m以下ですが、
何度もアップダウンがあります。

計20㎞ほど歩きました。


南北の14㎞なら、
3時間半-4時間程度で歩けるでしょう。

posted by mulberry at 08:22| 東京 ☀| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

シマモクセイ雄花・雌花(両性花)

DSCN3414(1).jpg
雄花


DSCN3424(1).jpg
雌花(両性花)


11/12  旧10/16  晴れ


台風21号のあと、
シマモクセイ(モクセイ科・広域分布種)があちこちで咲きだしています。

甘い芳香が漂っています。

本種は雌雄異株で
雄花と雌花(両性花)で違いがあります。

雄花も雌花も
花は白い4裂、おしべ2、めしべ1です。


雌花(両性花)は
めしべの柱頭がおしべの位置くらいまでのびています。

雄花はめしべが退化して
おしべの位置までのびていません。
奥の方に見える程度です。


そうやって見比べてみてください。

 
posted by mulberry at 07:45| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

「嘘と正典」(小川哲)

嘘と正典 [ 小川 哲 ] - 楽天ブックス
嘘と正典 [ 小川 哲 ] - 楽天ブックス



「嘘と正典」(小川哲)、2019年9月発行。

名前が正典という古い知人から、
この本をもらい、読みました。

6つの短篇集。

6つのうち1つが書き下ろしで、
他5つはすでにSFマガジンなどで発表されています。

説明がやや難しいところもありますが、
おおむね楽しく読めました。

タイトルの「嘘と正典」
共産主義がなかったかもしれないというSFです。

僕自身は
「ムジカ・ムンダーナ」が好きでした。



posted by mulberry at 11:32| 東京 ☁| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

母島で見てきた戦跡

DSCN3460(1).jpg
探照灯


DSCN3473(1).jpg
十二糎高角砲

DSCN3524(1).jpg
御幸之浜 銃眼


DSCN3472(1).jpg
北港銃眼



11/11  旧10/15  曇り


11/9-10と二日間の母島出張。

日中は空き時間で
都道をたっぷり歩き、戦跡も見てきました。

今回は4ヵ所。

北港の銃眼は
台風で回りがスカスカになっていて、
海側から見えました。

銃眼から中に入ってみましたが、
返還後の農漁業用と思われるものがありました。
posted by mulberry at 07:38| 東京 ☁| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

11/10、母島都道南進線ウォーク

20191110152922186.jpg

20191110152931603.jpg

20191110152939156.jpg

20191110152953630.jpg

11/10午前、
母島都道南進線ウォーク。

こちらは片道4キロほど。

山の歩道も歩きながらの
往復しました。

計8キロ以上。

御幸之浜や万年青浜も
行きました。
posted by mulberry at 15:32| 東京 ☀| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

11/9母島都道北進線ウォーク

20191109145632481.jpg

20191109145648026.jpg

20191109145656237.jpg


20191109145845893.jpg

11/9
母島出張。

夜が仕事で
昼は空いていたので、歩きました。

北進線ウォーク、約10キロ。
二時間半くらいでした。

涼しかったので楽でした。
posted by mulberry at 14:59| 東京 ☀| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

11/9グッドエコツアー千尋岩

20191109145309846.jpg

11/9千尋岩コース。

僕は母島出張のため、
妻ガイド担当。

やや涼しくなってきたので、
楽に歩けたかしら?
posted by mulberry at 14:54| 東京 ☀| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

2019年11月08日

411/8ナイトツアー

20191108210904280.jpg

20191108210913269.jpg

11/8ナイトツアー

予想外に
明るいグリーンペペ1つ。

ラッキーでした。

天文台の電波望遠鏡は
ほぼ真横に。
posted by mulberry at 21:10| 東京 ☁| Comment(0) | ナイトツアー | 更新情報をチェックする

シマイスノキの花

DSCN3419.JPG


11/8  旧10/12  曇り

シマイスノキ(マンサク科・固有種)が
花をつけています。

昨日、夜明道路を歩いた時、
道沿いで何本もの花を見ました。

赤いのはおしべの色です。

花弁がなく、小さいので、
歩いていないと気づかないでしょう。

花期は
秋と春とがあります。

個体差なのか、その年で違うのか
調べる価値はありそうですね。
posted by mulberry at 07:12| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年11月07日

10/7、島一周ウォーキング

DSCN3417(1).jpg


DSCN3412(1).jpg

本日11/7、
ツアーがキャンセルになって予定が空きました。

午前、
島内一周ウォーキングすることにしました。


転機も曇りがちでしたが
暑さもかなりましになりました。

それでも
汗はたっぷりかきました。

台風から少したって、
シマイスノキ、シマモクセイ、シマグワなどが花をつけています。
posted by mulberry at 12:12| 東京 ☀| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

「僕もザトウクジラ探しています!」byイソヒヨドリ

DSCN3399.JPG


11/7   旧10/11  晴れ

ウェザーステーションの屋根の上、
海側のかどっこです。

イソヒヨドリの雄がさえずってしました。


「僕もここでクジラ探ししているよ」
という感じでした。


さて、この場所で、
いつ初ザトウクジラみられるでしょうね。
posted by mulberry at 07:28| 東京 ☀| Comment(0) | 野生生物 | 更新情報をチェックする

2019年11月06日

ヤギ・ネコ侵入防御策も台風で大被害

DSCN3398.JPG


11/6  旧10/10  曇り


東平周辺小のヤギ・ネコ侵入防御策。
環境省設置で、総延長5kmほど。

これも台風21号で大被害です。

ネットがだらんとなっている箇所や
支柱が折れたりした箇所が多数。

復旧するには相当な費用がかかると
思われます。

この状態だと、
ヤギ・ネコが入り放題。

もうすでに入っているかもしれませんね。

さて
今後の復旧・対策はどうするのでしょうか?

まだ環境省からはきちんとしたアナウンスがないので、
どうするかはよくわかりません。
posted by mulberry at 07:17| 東京 ☀| Comment(0) | 野生生物 | 更新情報をチェックする

2019年11月05日

飛鳥Ⅱを待つタグボート富士

DSCN3404.JPG


明日11/6-7と2日間、
飛鳥Ⅱが父島に停泊します。

入出港に際して
タグボートが活躍します。

その船がこの富士です。

島にある船ではなく、
飛鳥Ⅱ入港のたびに、内地のからやってきます。

現在は
二見岸壁に停泊しています。

飛鳥の明日の入港、明後日の出港が
タグボートのお仕事です。



posted by mulberry at 15:46| 東京 ☀| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

動物のように見えた雲

DSCN3401.JPG



11/2  旧10/9  曇り

とある日の夕暮れ。

夕日は雲に阻まれましたが・・

その雲が
どことなく動物に見えなくもない・・・。

雲の形も様々で、
色々なものに似ていることがありますね。



posted by mulberry at 08:09| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2019年11月04日

11/4サンセットナイト

20191104203825322.jpg

11/4サンセットナイト

サンセットは
少し早めに雲の中へ。

グリーンペペは4つ。

台風のあと、
はじめて見ました。
posted by mulberry at 20:39| 東京 ☀| Comment(0) | ナイトツアー | 更新情報をチェックする

11/2.3ツアー

20191104073745916.jpg

20191104073751687.jpg

11/2
道新観光さんのサンセットナイト。

夕日は
あと一息でした。
まずまずでした

11/3
妻ガイド担当千尋岩コースでした。
posted by mulberry at 07:39| 東京 ☁| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする