2019年10月13日

集落まわりの倒木

DSCN3084(1).jpg


DSCN3091(1).jpg

DSCN3079(1).jpg


10/13   旧9/15  晴れ

小笠原は
風もおさまり天気も回復傾向。

今回の台風は
200mm超える雨と長く続いた強風(一時暴風)でした。

まだ山の中はしっかり歩いていないので、
倒木・落ち枝の状況は不明。

集落まわりは
何本か倒木に気づきました。

横倒しになってるモクマオウは
僕が始め通った時はまだ倒れていませんでした。

この近くに車おいて、別な場所見に行って、
戻ってきたとき倒れていました。

車の置き場所がここだったらと思って、
焦りました。

危機一髪でした。

こういうこともあるんですね。
 

posted by mulberry at 07:45| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

2015年5月、生野銀山(兵庫県)

P5090369(1).jpg
代官所門

P5090373(1).jpg
金香瀬坑口(入口)

P5090430(1).jpg
出口  滝間歩坑

P5090382(1).jpg
坑道  案内図


P5090417(1).jpg
江戸時代


P5090376(1).jpg
江戸時代

P5090411(1).jpg
近代

P5090388(1).jpg
近代

P5090412(1).jpg
近代


P5090399(1).jpg
坑道   補強

P5090416(1).jpg
坑道  補強


P5090429(1).jpg
トロッコ


P5090431(1).jpg
鉱山資料館内

P5090434(1).jpg 
吹屋資料館内





2015年5月、生野銀山(兵庫県)訪問。
http://www.ikuno-ginzan.co.jp/


坑道は全長1㎞程で、40分ほどかかります。
江戸と近代のゾーンがあります。


このあたりは兵庫県の内陸部で、
やや遠いです。

竹田城は比較的近いので、
セットで見学するといいかとお思います。
posted by mulberry at 09:39| 東京 ☔| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

10/12朝、台風一過?

DSCN3095.JPG


10/12  旧9/14  曇り


台風一過?の父島の朝。


ようやく強風域から脱出。
長かったですね。

まだ波浪警報は出たままです。
港湾施設の閉鎖は続きますね。

湾内の前浜もまだこんな状態です。

浜は波をかぶっています。

このあと、
夕方にはやや落ち着いてくるかと思います。
posted by mulberry at 07:59| 東京 ☔| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

2019年10月11日

10/11朝、台風19号

DSCN3081(1).jpg

DSCN3085(1).jpg

DSCN3084(1).jpg


10/11  旧9/13  台風19号


昨夕から
土砂災害警戒情報が出ました。

他に波浪・暴風・大雨警報も出ています。

雨は総雨量200mmを超えました。

夜間は暴風域にも入ったようです。

台風そのものはやや離れて通過のため、
威力的には普通の台風程度でしょうか。

徐々に、小笠原から離れていきます。

集落周りの被害は
あまりなさそうです。

ウェザーに上る道には
倒木枝折れが複数ありました。

地盤が緩んでいるので、
山の方は倒木があるような気がします。


posted by mulberry at 07:56| 東京 ☁| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

セイタカオオニシキソウ花

DSCN3049(1).jpg

DSCN3050(1).jpg

セイタカオオニシキソウ(トウダイグサ科・外来種)花です。

とある空き地に大量に出ています。

見たのは10月ですが、
花もたくさんついています。

茎は無毛です。

花はごくこぶりで
ルーペが欲しいくらいです。

杯状花序の中に、
雌性先熟で、1つの雄花と複数の雄花。

しかし、
雌花も雄花も退化し、めしべとおしべに。

めしべは花柱3裂で、さらに先が2裂します。
おしべは複数です。

白い花弁のようなものは
腺体に着いたエプロン状の付属体。

付属体の内側にある部分が腺体で、
蜜をだしています。


難しいですね。
posted by mulberry at 09:22| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

10/10朝、台風19号接近中、雷雨

DSCN3069.JPG


10/10  旧9/12  雷雨

西の海はかなりしけてきました。

天候も
昨夜から雷雨になっています。

雨も昨夕から80mmを超えています。

台風19号は
これからより近づいてきます。

予想よりやや東を北上しているので、
暴風域に入る可能性もありますね。

今後は
やや西寄りに北上する予想にはなっています。

10/11午前が
一番近くなりそうです。

さてどんなものか?



posted by mulberry at 07:38| 東京 ☁| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

2019年10月09日

釣浜のうぐいす砂

DSCN3057.JPG


釣浜のうぐいす砂です。

自宅から坂を上って降りて
20分くらいで行ける浜です。

車では坂の上までです。
浜までは歩き道しかありません。

釣浜のまわりは
無人岩が露出しています。

無人岩が風化浸食を受けると、
かたい古銅輝石だけが残り,
やがて波に洗われて海岸に集まり緑色のうぐいす砂となります。

ですから、
釣浜もうぐいす砂が見られます。

肉眼では十分緑っぽく見えていますが、
写真だとややわかりにくいですね。
posted by mulberry at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

台風19号、徐々に近づく

DSCN3068.JPG


10/9  旧9/11  曇り

猛烈な台風19号が北上しつつあります。

小笠原からはやや離れて西側を北上する見込み。

暴風域までは入らないと思います。

台風が西側を通過すると、
かなりのうねりが入ります。

船関係は台風養生をしています。

島内は
どこまでやる必要があるかな?

猛烈なので、
要注意ではあります。
posted by mulberry at 07:46| 東京 ☁| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

台風19号、徐々に近づく

DSCN3068.JPG


10/9  旧9/11  曇り

猛烈な台風19号が北上しつつあります。

小笠原からはやや離れて西側を北上する見込み。

暴風域までは入らないと思います。

台風が西側を通過すると、
かなりのうねりが入ります。

船関係は台風養生をしています。

島内は
どこまでやる必要があるかな?

猛烈なので、
要注意ではあります。
posted by mulberry at 07:36| 東京 ☁| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

ヒロハフウリンホオズキ(センナリホオズキ)花


DSCN3043(1).jpg


DSCN3044(1).jpg


DSCN3045(1).jpg

10/8  旧9/10  曇り

とある空き地に、
ヒロハフウリンホオズキ(ナス科・外来種)が大量に広がっています。

花も果実もつけています。

果実はまだ青かったです。
熟れると食用になるようです。

果実を包むものは
萼片が袋状になったものです。

袋に
10本の黒い脈があるのが特徴的です。

花は淡黄色、花冠は杯形
おしべ5、めしべ1です。

小笠原には
ブドウホオズキやヒメセンナリホオズキも
野生化しているようです。
posted by mulberry at 07:46| 東京 🌁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

ローレルカズラ花

DSCN3052(1).jpg

DSCN3054(1).jpg



10/7  旧9/9  曇り

ローレルカズラ(キツネノマゴ科・外来種)の花。

道端で野生化してる場所があり、
よく花をつけています。

しかし、
野生化している場所はごくわずかです。

ゲッケイカズラ、ツンベルギア・ラウリフォリアなどとも
言うようです

本種は
ローレル(月桂樹)と葉が似ているようです。


花は大柄で薄紫、5裂

筒部も広めで、
外から中のおしべやめしべが見えます。

見た目ではおしべが2、めしべ1のように見えますが、
分解するとおしべ4,めしべ1がよくわかります。
posted by mulberry at 08:36| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年10月06日

10/5夕日

DSCN3039.JPG


10/5の夕日です。

最後まできれいに沈みました。

10月にもなると、
太陽の沈む位置がかなり南に。


夏至と冬至では
ずいぶんと沈む場所に差があります。

そのため、二見湾の内側からだと、
夕日の見られる場所も変わります。

この場所も
もうしばらくすると見られなくなりますね。

posted by mulberry at 08:12| 東京 ☀| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

セイタカアワダチソウの花

DSCN3031(1).jpg


DSCN3029(1).jpg


10/6  旧9/8  晴れ

セイタカアワダチソウ(キク科・外来種)の花が
2ヶ所で咲いています。

この2ヶ所は毎年出てきます。

それ以外の場所では
ほとんど気になりません。

なので、
野生化している分布としては局所的と思われます。

花はごく小ぶりな黄色の頭花は
たくさんついています。

1つの頭花は
筒状花と舌状花で出来ています。

筒状花(両性花・3-5)、舌状花(雌性・10-18)です。

実際は
近くで見ても、わかりにくいですね。


posted by mulberry at 07:53| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年10月05日

泳いで15分、名もなき小さなビーチ

DSCN2896.JPG


10/5  旧9/7  晴れ

浜から泳いで15分ほどでたどり着ける
名もなき小さなビーチ。

浜の長さ50mもないくらい。

まわりはがけなので、
陸からのアクセスはできません。

潮が満ちていると、
砂浜はごくわずか。

行けばほぼプライベートビーチ状態。

たまに
シーカヤックがきたりはありますけどね。
posted by mulberry at 07:54| 東京 ☀| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

キバナサフランモドキの果実・種子

DSCN3024(1).jpg

DSCN3025(1).jpg


10/4  旧9/6  晴れ


集落内では
ゼフィランサス・シトリナ(ヒガンバナ科・外来種)の花が
まだよく見られます。

花が咲き終わり
果実もすでにつけているものもあります。

果実は3室に分かれて、
その中に数個の種子が入っています。

種子は黒、
スイカの種くらいのサイズで、
スイカの種をもう少し薄くした感じです。

和名は
キバナサフランモドキ。
posted by mulberry at 14:35| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

オオトキワイヌビワ

DSCN3009(1).jpg

DSCN3010(1).jpg


10/3  旧9/5  晴れ

道路沿いで見つけた
オオトキワイヌビワ(クワ科・固有種)の果実。

こういうのは花嚢・果嚢(熟れた状態)というそうです。

本種は雌雄異株、
つまりこれは雌株ですね。

近縁種に
トキワイヌビワやオオヤマイチジクがあります。

オオヤマイチジクは母島に分布、
父島にはありません。

父島では
トキワイヌビワとオオトキワイヌビワです。

オオトキワイヌビワは
分枝が少なく、托葉がほとんど目立ちません。

果実は壺状楕円形です。
トキワイヌビワの果実より大きめです。

トキワイヌビワの果実は
より球状です。
posted by mulberry at 07:50| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年10月02日

アレチヌスビトハギ花

DSCN3015(1).jpg

DSCN3017(1).jpg


10/2  旧9/4  曇り


山の方の道端で
アレチヌスビトハギ(マメ科・外来種)が咲いていました。

マメ科の一年生草本です。

この場所以外では、あまり見ないので、
それほど広範囲に野生化してはいないかと思います。


3出複葉の葉も特徴的です。

花は紅紫色で、5弁の蝶形花です。

上側の旗弁下側に、
緑のアクセントが2つ、蜜標でしょう。


下側の花は
2重に重なり、翼弁2,竜骨弁2。

おしべ10、めしべ1。


漢字で書くと荒地盗人萩。
果実が盗人の足跡に似てるからとか?


posted by mulberry at 07:28| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

10/1、島一周ウォーキング

DSCN3005(1).jpg


DSCN3006(1).jpg


10/1  旧9/3  曇りのち晴れ

10/1午前、
月一ノルマの島内一周ウォーキング。

行程の
半分以上雨の中でした。

10月といっても
まだまだ夏と変わらない小笠原。

出発時、曇っていたので、
この日、一周することにしました。

出発すると、
すぐに雨にやられ、その後も何度も雨にあたりました。

結果的には
暑くなくてよかったかな?


11月は
少し涼しくなってることでしょう。



posted by mulberry at 14:00| 東京 ☁| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする