2019年05月14日

ハイビスカスの花

DSCN1450.JPG


5/14  旧4/10  曇り

道沿いの植栽で最もポピュラーな赤いハイビスカス。

園芸種の
ハイビスカス(ブッソウゲ・アオイ科・外来種)

小笠原では
様々な品種のものが見られます。

花は5弁。

おしべは
多数の花糸が合体して筒状になっているようです。

見た目は
花柱の途中からおしべが出ているように見えます。

めしべは1で、柱頭が5裂。
筒状の花糸の中から花柱がのびているようです。


花のつくりも色々ですね



posted by mulberry at 07:42| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

5/13グッドエコツアー千尋岩

20190513152437975.jpg

5/13千尋岩コース。

妻がガイド担当でした。

往路は
あいにくの雨模様だったようです。

ガジュマルです!
posted by mulberry at 15:26| 東京 ☀| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

「石橋莞爾の世界戦略構想」(川田稔)

石原莞爾の世界戦略構想 (祥伝社新書) [ 川田稔 ] - 楽天ブックス
石原莞爾の世界戦略構想 (祥伝社新書) [ 川田稔 ] - 楽天ブックス


2016年4月発行、
「石橋莞爾の世界戦略構想」(川田稔)
http://www.s-book.net/plsql/slib_detail?isbn=9784396114602

満州事変の首謀者、石橋莞爾。

のち、
陸軍中央部で影響力を行使。

しかし、
太平挑戦争前には軍部から失脚、予備役となりました。


石原の戦略構想には
世界最終戦争があります。

いくつか条件が整えば、
日米が決戦戦争をするというものでした。


太平洋戦争は
石原が満蒙領有から想定していた日米持久戦争の範疇。

まだ準決勝あたりでした。


日中戦争は
不拡大方針を取っていた石橋。

そのころ、
軍部中枢から失脚します。


世界情勢をきちんと見極めていたように
見える部分も多い石原です。

軍部中枢にずっといれば、
歴史も変わっていたかもしれないと思う読後感でした。
posted by mulberry at 11:27| 東京 ☁| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

ムニンツツジ花盛り

DSCN1449.JPG


ムニンツツジ(ツツジ科・固有種)、
花盛りの時期です。

とっても、植栽株。

野生株は1株しかなく、
観光では行けない場所にあります。

でもその近辺には
植栽株もあります。

手軽に見るには
亜熱帯農業センターです。

50株以上が
見やすい場所にあります。

ツツジの花は合弁花。

大きめの白花5裂、
おしべは10、めしべ1です。


そばにある、
白いハイビスカスのほうが目立っています。苦笑
posted by mulberry at 10:55| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

サイザルアサ花

DSCN1388(1).jpg


DSCN1389(1).jpg


5/13  旧4/9  曇り

サイザルアサ(キジカクシ科・外来種)の花です。

とある場所で
倒れながらも花をつけていました。

花被片は黄緑色で6、
おしべ6、めしべ1です。

花茎が4-5mになるので、
花を近くで見るのは初めてでした。

花被片の中には
蜜がたっぷりあるようです。

リュウゼツランやサイザルアサの花は
オオコウモリの餌場となります。
posted by mulberry at 07:24| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

コヒロハハナヤスリ(南島)

DSCN1440(1).jpg

DSCN1438(1).jpg

コヒロハハナヤスリ(シダ・ハナヤスリ科・広域分布種)、
南島、上陸してすぐの鞍部で見られています。

かなり多数出ています。

父島でも
たまに見られます。

漢字で書くと小広葉花鑢です。

胞子嚢穂を
ヤスリに見立てたものです。

本種は
胞子葉と栄養葉が分かれています。

直立する胞子嚢穂のあるものが胞子葉。

下側に出る葉が
栄養葉(光合成する葉)です。





posted by mulberry at 17:46| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

5/12グッドエコツアー千尋岩

20190512160105475.jpg

20190512160119314.jpg

5/12千尋岩コース。

着いたときは、雲海でしたが、
のち、視界もよくなりました。

よかった!

posted by mulberry at 16:04| 東京 ☀| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

トヨタの軍用トラック

DSCN1354.JPG


5/12  旧4/8  曇り

父島の南部トレッキングルートの大部分は
かつての軍道。

戦時中は
トラックなどの車両が通った道。

戦後、
ほったらかしになってしまった道です。

そのため、
数台の残骸が道沿いに残ります。

この残骸は西海岸ルートの方にあるので、
訪れる人も少ない場所です。

たまには足をのばしてください。
ガジュマルから5分ほどです。


posted by mulberry at 07:20| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

5/11戦跡ツアー、千尋岩コース

20190511161641729.jpg

20190511161647196.jpg

5/11
2コース開催。

僕が戦跡、妻が千尋岩でした。

たまに雨が降りました。

足元もかなり緩くなっています。

どちらのツアーも
なんとかできました。

よかった!
posted by mulberry at 16:18| 東京 ☁| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

都道脇、コケのマット

DSCN1375.JPG


5/11  旧4/7  曇り


都道・夜明道路のごく一部ですが、
道路わきがコケのマットになっている部分があります。

湿り気の多い場所に限りますね。

コケは
固有種のオガサワラシラガゴケ(ムニンシラガゴケ)。

コケがおおっていると、雑草が生えにくいです。

コケがうまくつくのであれば、
雑草対策としてはこれもありですね。
posted by mulberry at 07:09| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年05月10日

ごく小さいナハカノコソウの花

DSCN1426.JPG


南島で
広範囲に自生するナハカノコソウ(オシロイバナ科・広域分布種)。

地上をはうように生えています。

小笠原では
南島でしか見たことがありません。

同じ石灰岩の父島南崎なら
あるかもしれませんね。

ナハは沖縄の那覇のこと。
那覇鹿の子草と書くようです。

さて花ですが、小花が集まり、
直径1-2cmほどの半球状となっています。

花冠はピンク色5裂、
おしべ1-3、めしべ1です。

小さな花の観察はルーペが必要ですね。

撮影も
かなり寄れるマクロ仕様でないと厳しいです。
posted by mulberry at 15:38| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

5/10朝、濃霧注意報

DSCN1445.JPG


5/10  旧4/6  曇り・ガス

GW明けぐらいから
小笠原は雨期(梅雨)に入ったようです。

ダムの水はかなりたまり、
ホッと一安心。

山にガスがかかる日も
よくあります。

今朝も、
濃霧注意報が出ています。

宮之浜から兄島を見ると、
うっすらしか見えません。

しばらく山の中は
ぬかるみが多い状態が続きます。

足元の汚れは覚悟しておいてください。
スパッツは役立ちますね。

posted by mulberry at 07:20| 東京 ☀| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

にっぽん丸とアオウミガメの足跡

DSCN1384.JPG


5/9  旧4/5  曇り


アオウミガメは
産卵期に入り出しました。

夜間に上陸します。

海岸には
アオウミガメの大きな足跡がしばらく残ります。

沖合にはにっぽん丸。


別に関わりはないですが、
船とアオウミガメの足跡、絵になる気がしました。

いかにも南国という感じがします。
posted by mulberry at 06:53| 東京 ☀| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

道端のホソバクリハラン(固有種)

DSCN1370(1).jpg

DSCN1371(1).jpg

5/8  旧4/4  曇りのち晴れ

都道・夜明道路を歩いていて、
道端で見つけたシダ。

岩場に着生でついていました。

ホソバクリハラン(シダ・ウラボシ科・固有種)です。

和名を漢字で書くと「細葉栗葉蘭」。

シダですけどね。


固有種のシダで、
わりとよく見られる種の1つです。
posted by mulberry at 17:50| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2019年05月07日

「世界のエリートが学んでいる教養としての哲学」( 小川 仁志)

世界のエリートが学んでいる教養としての哲学 (PHP文庫) [ 小川 仁志 ] - 楽天ブックス
世界のエリートが学んでいる教養としての哲学 (PHP文庫) [ 小川 仁志 ] - 楽天ブックス

文庫本は2018年6月発行、
「世界のエリートが学んでいる教養としての哲学」(小川 仁志)
https://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-76835-9

タイトルにひかれて読んでみました。

かみ砕いているはずですが、
やはりスラスラ読んでも頭に入りませんね。

本書は
複数の視点で全体像を客観的につかむよう書かれています。

章(ツール)は
歴史、思考、古典、名言、関連知識、
人物、用語となっています。


さてもう一回読むとします。
posted by mulberry at 07:41| 東京 ☁| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

久々に滝になった屏風谷

DSCN1376.JPG


5/7  旧4/3  曇り

昨日は
40mmほどのまとまった雨になりました。

あちこちの枯沢も、水が流れ出しました。

そして、
この屏風谷も滝になっていました。

かなり久々な気がします。


これできっとダムの水位も上がり、
ひと安心ですね。

節水の呼びかけも
お休みになるでしょう。

このあとの雨期に
さらなる雨が降ればダムは満水になりますね。



posted by mulberry at 06:57| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

5/6、島一周ウォーキング

DSCN1372(1).jpg


DSCN1368(1).jpg


月一ノルマの島一周ウォーキング。

朝の雨で予定がキャンセルになったので、
早目の昼食後、歩くことにしました。

まだGWの休日ということもあり、
通る車はわずかしかありませんでした。

気温も25度くらいになってきたので、
汗ばむようになりました。

来月6月は、汗吹き出すくらいかな?

posted by mulberry at 15:21| 東京 ☁| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

「眠れなくなるほど面白い 図解 植物の話」(稲垣栄洋)

眠れなくなるほど面白い 図解 植物の話 色仕掛け、数学の応用など 植物のすごい戦略を解明! [ 稲垣 栄洋 ] - 楽天ブックス
眠れなくなるほど面白い 図解 植物の話 色仕掛け、数学の応用など 植物のすごい戦略を解明! [ 稲垣 栄洋 ] - 楽天ブックス


2019年4月発行、
「眠れなくなるほど面白い 図解 植物の話」
https://www.nihonbungeisha.co.jp/book/b439530.html

植物の蘊蓄(ネタ)55。

1つのテーマは
2ページでまとめられています。

右ページに説明、左ページが図解です。

図解があることで、
説明がより具体的になります。

こういうネタは、
ガイドさんの解説の中で、
役立つこともあろうかと思いますよ。


posted by mulberry at 10:04| 東京 ☁| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

「自衛隊防災BOOK」

自衛隊防災BOOK [ 自衛隊/防衛省 ] - 楽天ブックス
自衛隊防災BOOK [ 自衛隊/防衛省 ] - 楽天ブックス


2018年8月発行、「自衛隊防災BOOK」
https://magazineworld.jp/books/paper/3010/

この本は読む人のライフスタイルで
役立ち感が違いますね。

都会派の人、若い学生・生徒さんにおすすめ。

アウトドア系の人は
わりと知っていることが多いかと思います。

知ってることと、できることはまた別ですけど。

そういう意味で、
防災対策の復習にもなるかと思います。

湧水が飲めるかどうかの確認は
コケの有無だそうです。





posted by mulberry at 08:06| 東京 ☀| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

雌雄異株シロトベラ

DSCN1292(1).jpg
雄花

DSCN1295(1).jpg
雌花


5/6 旧4/2 雨

シロトベラ(トベラ科・固有種)は雌雄異株。

花期に花を比べるとわかります。

雄花も雌花も
見た目はおしべ5、めしべ1(柱頭3裂)。

雄花は
おしべの葯がしっかりついています。

雌花はおしべの葯がほとんどなく、
めしべの柱頭がよりふくらんでいます。

花弁の差はないですね。
乳白色5弁です。
posted by mulberry at 07:39| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする