2018年06月12日

阪九フェリー(泉大津~門司往復)

DSCN5655(1).jpg
いずみ遠望 (泉大津港)

DSCN6154(1).jpg
船首近景

DSCN5665(1).jpg
外部デッキ 後方

DSCN5680(1).jpg
船首方面

DSCN5677(1).jpg
展望ルーム

DSCN5660(1).jpg
レストラン

DSCN5670(1).jpg
ロビー

DSCN5659(1).jpg
スタンダード洋室

DSCN6150(1).jpg
デラックス洋室1人部屋

DSCN5656(1).jpg
泉大津港 ターミナル

DSCN6153(1).jpg
新門司港ターミナル

DSCN5672(1).jpg
明石海峡大橋


2018年5月
大阪と北九州市の往復で阪九フェリーを利用しました。
https://han9f.co.jp/izumiotsu/

どちらからも17:30発、翌6:00着です。

車はなく、人だけで乗りました。
港と最寄り駅とを結ぶ連絡バスがあります。(無料)

泉大津はなんばとの連絡バスもあります。(有料)

フェリーは大浴場もあります。
(入れ墨禁止ではないので、そういうかたも入ります・苦笑)


瀬戸内の穏やかな海で
船ではないような乗り心地でした。

まるで海ではないようでした。


人の料金も割安で
新幹線・宿泊を考えると、かなり割安感があります。

お勧めします。
posted by mulberry at 08:27| 東京 ☁| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

シマホルトノキの花

DSCN6243.JPG


6/12  旧4/29  曇り

これからの時期、
山の中で甘ったるい匂いがしてきたらこれです。

シマホルトノキ(ホルトノキ科・固有種)の
花の香りです。

かなり甘ったるいです。

総状花序に多数の花をつけます。

花は黄白色5弁ですが、
冠のような形に見えて、たいがい下向きです。

花弁の先は細裂しています。

おしべ多数(5の倍数か?)、めしべ1です。

父島ではルート沿いで大木があまりないですが、
巨木サイズにになる木です。
posted by mulberry at 07:21| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

北九州市矢筈堡塁(矢筈山キャンプ場)

DSCN5986(1).jpg
兵舎跡

DSCN6005(1).jpg
兵舎内部

DSCN6000(1).jpg
兵舎内部

DSCN6011(1).jpg
地下弾薬庫

DSCN6012(1).jpg
弾薬庫

DSCN6015(1).jpg
弾薬庫

DSCN5998(1).jpg
通風孔

DSCN6008(1).jpg
響灘側(日本海側)の砲台跡 
九糎臼砲? 4門

DSCN5993(1).jpg
周防灘側砲台
十五糎榴弾砲? 6門

DSCN6009(1).jpg
いよみつ 煉瓦  
松山市の三津浜煉瓦のことか?

DSCN5984(1).jpg
山道案内板 歩いて30分ほど 門から先も車でも行けるが、道は細い

DSCN5977(1).jpg
堡塁跡はキャンプ場に

DSCN5979(1).jpg
堡塁跡 碑


2018年5月
北九州市矢筈堡塁を訪問。

堡塁跡地は、
矢筈山キャンプ場として利用されています。

兵舎や弾薬庫などの内部も
有効活用されています。


小森江駅から国道に出てタクシーを拾い
1メーターで小森江貯水池跡まで。
そこから山道を30分ほど歩いて上ります。

車でも行けますが、
ほぼすれ違いのできない砂利道です。

山頂は266Mで、その近辺がかつての堡塁です。

響灘側と周防灘側と
両側を狙える場所にあります。

ここも
実戦はほぼなかったようです。
posted by mulberry at 16:26| 東京 ☔| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

北九州市手向山砲台

DSCN5900(1).jpg
砲台弾薬庫


DSCN5901(1).jpg
砲台

DSCN5897(1).jpg
山からの展望
左北九州側 右下関側  関門海峡は右手奥

DSCN5896(1).jpg
砲台説明板

DSCN5909(1).jpg
観測所

DSCN5911(1).jpg
観測所

DSCN5918(1).jpg
探照灯  台座部分

DSCN5920(1).jpg
探照灯  壁に地名が刻まれる

DSCN5921(1).jpg
電灯所(火力発電所跡)


2018年5月
北九州市小倉北区手向山砲台訪問。

駅でいうと、小倉と門司の中間くらい。
歩くとどちらも40-50分かかりそう。

76Mの山で
山頂まで車で行け、公園となっています。

この砲台は
下関要塞の1つで、
海峡防御で明治中頃に設置されました。

折線砲台となっていて、
24糎臼砲が2×6設置されたそうです。

観測所は、砲台からやや離れて、
関門海峡が見渡せる位置に作られました。

以後、太平洋戦争終戦までありましたが
実践での使用はなかった模様。
posted by mulberry at 09:49| 東京 ☔| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

6/10、月一ノルマの島一周ウォーキング

DSCN6244.JPG


6/10午後
月一ノルマの島一周ウォーキング。

台風5号の影響で
途中から断続的に雨でした。

寒くないので、濡れても、平気で歩きました。

逆に6月なのに涼しく歩けました。

おかげで
昨夜は疲労感で早くからぐっすり眠れました。


7、8月は
きっと死にそうになるくらい暑いでしょうね。



posted by mulberry at 08:24| 東京 ☔| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

6/11朝、台風5号

DSCN6250.JPG


6/11  旧4/28  台風5号


6/11朝、
外海は大しけです。

台風5号は、この時点で、
波浪警報、強風・雷注意報が出ています。

11日いっぱいは強風が続きそうです。

9日の夜から、雨が断続的に降っています。
それなりにまとまった雨になりそうです。


小学校は臨時休校、中学校は通常通りです。

いつも自転車で登校の息子は
ヒマだったので、車で送ってやりました。笑
帰りは歩きです。
posted by mulberry at 08:12| 東京 ☔| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

保戸島(2)・・・集落外まわり

DSCN5816(1).jpg
保戸島遠望

DSCN5813(1).jpg
漁港から見上げる集落

DSCN5794(1).jpg
集落

DSCN5776(1).jpg
遠見山山頂

DSCN5778(1).jpg
高台の道から見下ろす

DSCN5801(1).jpg
保戸島と津久見市側の陸地は幅わずかの海峡

DSCN5780(1).jpg
ひじきなどを焚く釜

DSCN5799(1).jpg
中ノ島観音

DSCN5810(1).jpg
名物・ひゅうが丼 (穂門島 大川)
マグロを甘めのごまだれにつけたものをご飯にかけて食べる
https://www.facebook.com/Hotojimaokawa/

DSCN5759(1).jpg
定期船 ニューやま2号

  

2018年5月
大分県津久見市保戸島を訪問。
https://www.hotojima.com/
http://tsukumiryoku.com/publics/index/109/

津久見から30分弱で着きます。

7時台の船で行き、
昼食は島で食べ、13時台の船で戻りました。


3時間ほどあれば、
島のほとんどはまわれます。

集落は保戸島(1)
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/459904549.html


保戸島の戦跡
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/459804461.html
posted by mulberry at 08:47| 東京 🌁| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

保戸島(1)・・集落エリア

DSCN5772(1).jpg
集落を見下ろす

DSCN5762(1).jpg
急斜面沿いの民家・細い路地

DSCN5767(1).jpg
急斜面沿いの民家・細い路地

DSCN5789(1).jpg
細い路地


DSCN5769(1).jpg
浄土宗海徳寺

DSCN5770(1).jpg
急斜面の墓地

DSCN5785(1).jpg
加茂神社

DSCN5790(1).jpg
車が通れない県道

DSCN5792(1).jpg
漁業通信   最近は船が少ないよう

DSCN5807(1).jpg
リヤカー


2018年5月
大分県津久見市保戸島を訪問。
https://www.hotojima.com/
http://tsukumiryoku.com/publics/index/109/

津久見から30分弱で着きます。

7時台の船で行き、
昼食は島で食べ、13時台の船で戻りました。


3時間ほどあれば、
島のほとんどはまわれます。

集落周辺は
また次の記事・保戸島(2)で書きます。
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/459904723.html

保戸島の戦跡
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/459804461.html
posted by mulberry at 08:31| 東京 🌁| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

洲崎沖のツバメウオポイント

DSCN6227.JPG


洲崎沖のツバメウオポイントです。

いつも20尾以上は
ひらひらと泳いでいます。

ここは
下に沈船のあるダイビングスポット。

でも、
浜から泳いで5分ほどで行けます。

ただし水上には目印はありません。

僕は
山立てで場所を把握しています。

水深は15M以上ありますが
湾内で、ほぼ流れもありません。

この魚の動き見ていると、
人もこういう生き方もありだなと素直に思えてきます。


posted by mulberry at 07:40| 東京 🌁| Comment(0) | 水中 | 更新情報をチェックする

6/10朝、雨

DSCN6230.JPG


6/10   旧4/27  雨


台風5号は
大東島の近くにあるようです。

今後、明日のうちに、
小笠原の北側を東に通過していくでしょう。

あまり接近しない見込みですので、
生活への影響はさほどないかもしれません。

おが丸は
予定より早く父島出港となりました。

小笠原で台風をやり過ごしたくないでしょうから、
しょうがないですね。

こういう運航が予想されていても、
キャンセルすると、キャンセルフィーがかかります。

毎日のように船が出ているところとは事情が違います。
利用者からすると、この点は不満でしょうね。

posted by mulberry at 07:21| 東京 🌁| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

6/9ナイトツアー

20180609212105225.jpg

20180609212114893.jpg


6/9ナイトツアー

台風が近づきつつある夜でした。

グリーンペペは複数。

オオコウモリも2頭。

海岸では
アオウミガメも見られました。
posted by mulberry at 21:23| 東京 ☀| Comment(0) | ナイトツアー | 更新情報をチェックする

宇佐市平和資料館

DSCN5706(1).jpg
内部展示

DSCN5704(1).jpg
零戦艦上戦闘機二一型 実物模型説明板

DSCN5705(1).jpg
実物模型

DSCN5708(1).jpg

DSCN5710(1).jpg

DSCN5711(1).jpg
コクピット 立ち入りできます

DSCN5712(1).jpg
13ミリ機銃

DSCN5709(1).jpg
桜花 1/10模型 展示


2018年5月
大分県宇佐市平和資料館を訪問。

現在、
この資料館は大きいプレハブの建物です。

平成32年には、城井1号掩体壕そばに、
宇佐市平和ミュージアムができるようです。

http://www.city.usa.oita.jp/soshiki/43/10964.html

posted by mulberry at 14:44| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

大分県宇佐海軍航空隊

DSCN5713(1).jpg
城井1号掩体壕 

DSCN5716(1).jpg
全景

DSCN5717(1).jpg
近景   零戦のプロペラあり

DSCN5871(1).jpg
落下傘整備所

DSCN5873(1).jpg
エンジン調整場

DSCN5868(1).jpg
艦爆標的  海の中 


DSCN5722(1).jpg
空の郷内にある 航空隊 正門  (移設)

DSCN5723(1).jpg
空の郷 展示

DSCN5724(1).jpg
空の郷 展示  航空隊エリア

DSCN5706(1).jpg
宇佐市平和資料館 展示

2018年5月
大分県宇佐市宇佐海軍航空隊を訪問。

現在、滑走路のあった場所は農地が広がり
一面麦畑でした。

掩体壕やいくつかの建物が残っていました。

展示施設として
宇佐市平和資料館や空の郷などがありました。

http://www.city.usa.oita.jp/soshiki/43/40196.html

http://www.city.usa.oita.jp/soshiki/43/10964.html


posted by mulberry at 14:24| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

岸和田市岸和田城

DSCN5627(1).jpg
岸和田城天守遠望 石垣に犬走りがある

DSCN5638(1).jpg
岸和田城天守

DSCN5628(1).jpg
岸和田城 説明板

DSCN5633(1).jpg
天守からの展望  大阪湾側(西側)

DSCN5637(1).jpg
岸和田城庭園

DSCN5630(1).jpg
城内の甑用大釜 (酒造用)

DSCN5631(1).jpg
櫓門  内側

DSCN5629(1).jpg
櫓門 外側


2018年5月
岸和田市岸和田城を訪問。
http://www.city.kishiwada.osaka.jp/soshiki/36/kishiwadajyo.html

南海岸和田駅から歩きました。
まちなか歩いて15-20分くらいでしょうか?

復興天守です。

平城ですが、近くにビルがないので、
天守からの展望はまずまずです。


城内には
庭園(八陣の庭)があります。

犬走りのある石垣は珍しいそうです。


岸和田はだんじりが有名ですが、
近くにはだんじり会館があります。
http://www.kishibura.jp/danjiri/

posted by mulberry at 09:05| 東京 ☀| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

6/9朝、台風の影響は感じないくらい

DSCN6222.JPG


6/9  旧4/26  晴れ


6/9早朝、
まだ晴れて、海も穏やかです。

やや風が出てきたくらいです。

台風5号の影響はまだ感じません。


これから天気が先に崩れ、
海も明日にはかなり荒れるものと思います。


小笠原直撃はなさそうですが、
6/11午前が一番接近し、通過していきます。

6/11-12は大荒れの海でしょう。
posted by mulberry at 07:04| 東京 ☁| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

北九州市営若戸渡船

DSCN6123(1).jpg
若戸大橋と若戸渡船乗り場(戸畑側)

DSCN6124(1).jpg
戸畑側乗り場  大人100円 乗船時間3分間

DSCN6132(1).jpg
若戸大橋

DSCN6137(1).jpg
若戸大橋

DSCN6126(1).jpg
戸畑側岸壁  第十八わかと丸

DSCN6135(1).jpg
若松側岸壁

DSCN6128(1).jpg
2階デッキ

DSCN6130(1).jpg
1階後方

DSCN6131(1).jpg
1階後方 2階上り口


DSCN6129(1).jpg
1階前方


2018年5月
戸畑駅から歩き、若戸渡船へ。

駅から歩いて10分程度です。

渡船の乗船時間は3分ほどです。

北九州市営です。
http://www.city.kitakyushu.lg.jp/kurashi/menu01_0513.html

短い時間とはいえ、
若戸大橋のすぐ下を通るので、なかなか楽しめます。

片道100円の
とても短いクルージング。
posted by mulberry at 16:51| 東京 ☀| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

北九州市小倉周辺の戦跡

DSCN5928(1).jpg
大手町 小倉陸軍造兵廠跡の碑


DSCN5926(1).jpg
大手町 給水塔レプリカ

DSCN5930(1).jpg
大手町 防空監視哨(工場の屋上にあったもの)

DSCN5933(1).jpg
原町緑道  引込線跡

DSCN5934(1).jpg
造兵廠壁


DSCN5953(1).jpg
第十二師団司令部跡 碑

DSCN5943(1).jpg
第十二師団司令部 正門跡 

DSCN5949(1).jpg
野戦重砲兵第二旅団司令部跡 碑

DSCN5948(1).jpg
四年式十五糎榴弾砲(四年式十五珊榴弾砲)砲身車

DSCN5952(1).jpg
砲弾


2018年5月
小倉周辺の戦跡を訪ねました。

エリアは
小倉城内と南側の大手町付近です。

小倉陸軍造兵廠があったため、
原爆の攻撃目標の1つになっていたのがうなずけます。

大手町まで行くとやや遠いですが、
駅から歩ける範囲です。
posted by mulberry at 15:30| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

水面から「おがさわら丸」を向かえる之図

DSCN6219.JPG


10時半頃、
湾内枝サンゴの群生地で泳ぎました。

ちょうどおがさわら丸の入港でした。

水面で
おがさわら丸をお迎えしました。笑

船と僕のの間には、枝サンゴの浅瀬があるので、
船が迫る危険性はありません。きっと。
posted by mulberry at 11:32| 東京 ☀| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

アデニウムの花

DSCN6171.JPG


6/8  旧4/25  晴れ

アデニウム(キョウチクトウ科・外来種)、
とある店先で咲いていました。

赤い花は5裂、
筒部の中は付属物がめだち、付け根におしべ5、めしべ1です。

品種によって
花色が赤やピンクなどあるようです。

デザート・ローズともいうようです。

集落にある園芸種は
まだまだ知らないもの、アップしたことがないものがあります。




posted by mulberry at 07:45| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

北九州市若松区軍艦防波堤

DSCN5884(1).jpg
説明板

DSCN5890(1).jpg
駆逐艦紹介

DSCN5886(1).jpg
全景 船首側

DSCN5887(1).jpg
船尾側

DSCN5889(1).jpg
右舷側


2018年5月
北九州市若松区軍艦防波堤を訪問しました。

この辺の岸壁は釣り場になっています。

この船は
駆逐艦「柳」です。

他に「涼月」「冬月」が並んでいますが、
この2隻はすでに防波堤に埋まっています。

この「柳」だけが
突堤として残っています。

北九州市内ですが、アクセスが悪いので、
車がないと行くのは大変です。
posted by mulberry at 13:45| 東京 ☁| Comment(0) | | 更新情報をチェックする