2018年06月19日

「提督伊藤整一の生涯」(吉田満)

「提督伊藤整一の生涯」(吉田満)

僕が読んだのは
文芸春秋の単行本で、昭和52年(1977)11月初版発行です。

伊藤整一は、開戦時、軍令部次長で、
最期は、戦艦大和と運命をともにした第二艦隊司令長官です。

没後、海軍大将に。

著者は大和に少尉として搭乗し、
生き延びた人物です。

「戦艦大和ノ最期」を書いています。

伊藤整一の生涯というタイトル通り、
しっかりと生涯が描かれています。

正論を通す人だったようです。

大和乗船時のことばかりに
ページをさいているわけではありませんが、
読者としてはとても気になるところです。

伊藤は、連合艦隊が決めた、
大和による特攻攻撃に、反対しました。

しかし、
死んでくれと言われて、納得したそうです。

攻撃が失敗し、敗色濃厚のときは、
独自の判断を可とするということに確認を取って。

大和出撃に対峙した
アメリカ軍の現場の司令長官はスプルーアンス大将。

伊藤とスプルーアンスは
伊藤が駐米中、親交ががあったそうです。


皮肉なものですね。

posted by mulberry at 15:42| 東京 ☀| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

モモタマナの花

DSCN6303(1).jpg
ほとんど両生花


DSCN6304(1).jpg
長い花序


6/19  旧5/6  曇り

海岸付近に多いモモタマナ(シクンシ科・広域分布種)。

花序を伸ばし
たくさんの小花をつけています。

5裂の花弁のように見えるのは
5裂の萼片です。


花序のつけねのほうは両生花ですが、
先の方はほとんど雄花です。

両生花はおしべ10、めしべ1
雄花はおしべ10,めしべなしです。

花のサイズも
両生花のほうがやや大きめです。
posted by mulberry at 07:07| 東京 ☔| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

6/18グッドエコツアー千尋岩

20180618205429105.jpg

6/18千尋岩コース。

妻がガイド担当。
女性1名様と歩きました。

途中、雨にあたりましたが、
到着時は回復していました。

アカガシラカラスバトにも
出会えたようです
posted by mulberry at 20:57| 東京 ☔| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

6/18戦跡ツアー

20180618122055667.jpg

20180618122104184.jpg

6/18戦跡ツアー
親子2名様と歩いています。

息子さんの祖父が
昭和19年、輸送船が沈められて、
聟島沖でなくなったそうです。

沖合いなので、
そこに行くのは難しいですね。

ご冥福をお祈りします。



posted by mulberry at 12:24| 東京 ☀| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

長崎展望台付近の階段、段差小さく

DSCN6294.JPG


6/15  旧5/5  曇り


長崎展望台付近は
小笠原支庁が歩道を整備しています。


駐車場から
まず20段ほどの階段があります。

その中に、段差が大きいところがあり、
高齢者が苦労するところが数段ありました。

手すりがないので、
危なっかしい人もいます。

最近、
その部分の段差を小さくしてくれていました。

これで、
だいぶ、歩きやすくなりますね。

こういうハードのちょっとした気遣いも、
ありがたいです。




posted by mulberry at 07:09| 東京 ☀| Comment(0) | エコツーリズム | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

6/17森歩き 桑ノ木山

20180617121809936.jpg

6/17森歩き、
仙台からのご夫妻と歩いています。

朝は雨でしたが
途中からやんでくれました。

桑ノ木山での写真です。

午後も楽しみます。
posted by mulberry at 12:20| 東京 ☁| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

6/16ナイトツアー

20180617073321991.jpg

6/16ナイトツアー

グリーンペペ
たくさん出ていました。
きれいでした。

星空も満天でした。

オオコウモリは渋かったです。

ちょっと残念。
posted by mulberry at 07:34| 東京 ☁| Comment(0) | ナイトツアー | 更新情報をチェックする

ありえへん駐車場出入口

DSCN6296.JPG



6/17  旧5/4  曇り


二見岸壁の
ありえへん駐車場出入口です。

もともと駐車スペースだったところに
建物ができました。

そのため、
あかずの駐車場出入口となってしまいました。

ペイントや看板はまだそのままです。

これはこれで
名物になるかもしれませんね。爆笑
posted by mulberry at 07:28| 東京 ☁| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

オオシラタマカズラ雌花と雄花

DSCN6290.JPG
雄花

DSCN6288.JPG
雌花

オオシラタマカズラ(アカネ科・固有種)の花。

花は両生花、雌花、雄花があるようです。

雌花・雄花は
花序によって違っています。

花冠は普通5裂ですが、4裂も見られます。

上が雄花で
おしべ5で、めしべが退化しています。

下が雄花で
めしべ1の柱頭が目立ち、おしべが退化しています。

同じ花序には
果実ができはじめていました。


次は
きちんと両生花も探してみます。
posted by mulberry at 10:41| 東京 ☔| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

釣浜海軍三年式八糎高角砲

DSCN6270.JPG


6/16  旧5/3  曇り


釣浜の少し上の崖地にある
洞窟陣地内の海軍三年式八糎高角砲。

台座、砲身、弾薬箱などが残っています。

この砲は東向きで、
兄島瀬戸の海峡をにらんでいます。

釣浜は東側はよく見えますが、
西側はまったく見えません。

海辺には
震洋隊の洞窟も残っています。
posted by mulberry at 07:39| 東京 ☁| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

ナンバンサイカチ(ゴールデンシャワー)の花

DSCN6233.JPG


ナンバンサイカチ(ゴールデンシャワー・マメ科・外来種)
の花が咲いています。

大柄な黄色の花を多数つけるので
花期にはよく目立ちます。

父島で植えられている本数は
それほど多くはないように思います。

わりと大きく育つ樹木です。

黄色5弁花、
おしべ10・めしべ1です。
posted by mulberry at 15:28| 東京 ☔| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

ナンヨウサクラ(ヤトロファ・インテゲリマ)の雄花と雌花

DSCN6249.JPG

ナンヨウサクラ(ヤトロファ・インテゲリマ・トウダイグサ科・外来種)の花が
集落周辺で見られています。

花は花序によって
雄花・雌花が分かれています。

花は赤、5弁。

左が雌花で
柱頭は5-6裂しています。
おしべは見られません。

右は雄花でおしべが10です。
めしべは見られません。

雌雄がわかりやすいですね。
posted by mulberry at 15:43| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

宮之浜西側「中通島」

DSCN6265.JPG



6/14  旧5/1  小雨


宮之浜西側少し沖に
小さな中通島があります。

中通島の
中には通り抜けられる穴があります。

これが
島名の由来かしら?

父島と中通島との間は
わずかしか離れていません。

ここは大潮などで
かなり潮が引くとつながります。

磯歩きにも最適です。

さて完全に陸続きになるのは
一年に何日くらいあるかしら?


posted by mulberry at 08:16| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

シマザクラの花が咲き始めました

DSCN6239.JPG


6/13  旧4/30  曇り


道端に生えている
シマザクラ観察の定番ポイント。

早くも開花しました。

花は順次咲き出し、
この個体の花が見られる時期がかなり長いです。

シマザクラ(アカネ科・固有種)の花は
淡紫色、筒状で4裂、裂片は線形で反曲。
(カールしています)

4裂部分は細長くのびて反り返っています。

おしべ4、めしべ1です。
おしべ、めしべもながくのびています。
posted by mulberry at 08:42| 東京 🌁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

「戦艦大和ノ最期」(吉田満)

戦艦大和ノ最期 (講談社文芸文庫) [ 吉田満 ] - 楽天ブックス
戦艦大和ノ最期 (講談社文芸文庫) [ 吉田満 ] - 楽天ブックス

「戦艦大和ノ最期」(吉田満)
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000213166

初版あとがきは
昭和27年7月に書かれています。

初稿は終戦直後、
ほとんど一日もって書かれたそうです。

文語体で書いた意味について
おのずから文語体であったそうです。

著者は学生を繰り上げ卒業後、
海軍少尉・副電測士として大和に乗り込みました。

そして
生きて生還した数少ない生き証人。

本文を読むと、刻々と変化する状況が述べられ、
まさに生き地獄。

乗員の心情も交えています。
これがまたつらい。

重すぎる文章です。

著者は
生還のちも、特攻に志願します。

生き残りの後ろめたさに打ち勝たんとする
その心情も重いです。


戦場をまさに体験した人の文章、
重すぎます。

posted by mulberry at 13:18| 東京 ☁| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

阪九フェリー(泉大津~門司往復)

DSCN5655(1).jpg
いずみ遠望 (泉大津港)

DSCN6154(1).jpg
船首近景

DSCN5665(1).jpg
外部デッキ 後方

DSCN5680(1).jpg
船首方面

DSCN5677(1).jpg
展望ルーム

DSCN5660(1).jpg
レストラン

DSCN5670(1).jpg
ロビー

DSCN5659(1).jpg
スタンダード洋室

DSCN6150(1).jpg
デラックス洋室1人部屋

DSCN5656(1).jpg
泉大津港 ターミナル

DSCN6153(1).jpg
新門司港ターミナル

DSCN5672(1).jpg
明石海峡大橋


2018年5月
大阪と北九州市の往復で阪九フェリーを利用しました。
https://han9f.co.jp/izumiotsu/

どちらからも17:30発、翌6:00着です。

車はなく、人だけで乗りました。
港と最寄り駅とを結ぶ連絡バスがあります。(無料)

泉大津はなんばとの連絡バスもあります。(有料)

フェリーは大浴場もあります。
(入れ墨禁止ではないので、そういうかたも入ります・苦笑)


瀬戸内の穏やかな海で
船ではないような乗り心地でした。

まるで海ではないようでした。


人の料金も割安で
新幹線・宿泊を考えると、かなり割安感があります。

お勧めします。
posted by mulberry at 08:27| 東京 ☁| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

シマホルトノキの花

DSCN6243.JPG


6/12  旧4/29  曇り

これからの時期、
山の中で甘ったるい匂いがしてきたらこれです。

シマホルトノキ(ホルトノキ科・固有種)の
花の香りです。

かなり甘ったるいです。

総状花序に多数の花をつけます。

花は黄白色5弁ですが、
冠のような形に見えて、たいがい下向きです。

花弁の先は細裂しています。

おしべ多数(5の倍数か?)、めしべ1です。

父島ではルート沿いで大木があまりないですが、
巨木サイズにになる木です。
posted by mulberry at 07:21| 東京 ☁| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

6/10、月一ノルマの島一周ウォーキング

DSCN6244.JPG


6/10午後
月一ノルマの島一周ウォーキング。

台風5号の影響で
途中から断続的に雨でした。

寒くないので、濡れても、平気で歩きました。

逆に6月なのに涼しく歩けました。

おかげで
昨夜は疲労感で早くからぐっすり眠れました。


7、8月は
きっと死にそうになるくらい暑いでしょうね。



posted by mulberry at 08:24| 東京 ☔| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

6/11朝、台風5号

DSCN6250.JPG


6/11  旧4/28  台風5号


6/11朝、
外海は大しけです。

台風5号は、この時点で、
波浪警報、強風・雷注意報が出ています。

11日いっぱいは強風が続きそうです。

9日の夜から、雨が断続的に降っています。
それなりにまとまった雨になりそうです。


小学校は臨時休校、中学校は通常通りです。

いつも自転車で登校の息子は
ヒマだったので、車で送ってやりました。笑
帰りは歩きです。
posted by mulberry at 08:12| 東京 ☔| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

洲崎沖のツバメウオポイント

DSCN6227.JPG


洲崎沖のツバメウオポイントです。

いつも20尾以上は
ひらひらと泳いでいます。

ここは
下に沈船のあるダイビングスポット。

でも、
浜から泳いで5分ほどで行けます。

ただし水上には目印はありません。

僕は
山立てで場所を把握しています。

水深は15M以上ありますが
湾内で、ほぼ流れもありません。

この魚の動き見ていると、
人もこういう生き方もありだなと素直に思えてきます。


posted by mulberry at 07:40| 東京 🌁| Comment(0) | 水中 | 更新情報をチェックする