2018年02月19日

2/16サンセットナイト

2/16サンセットナイトは
ご夫婦1組でした。

夕日は
あともう少しで惜しかったです。

オオコウモリは
飛翔も樹上もバッチリでした!


20180219092317359.jpg
posted by mulberry at 09:23| 東京 ☁| Comment(0) | ナイトツアー | 更新情報をチェックする

2/17午前、戦跡ツアー

2/17午前、
3名様と歩きました。

海軍航空隊通信所です。

道路から近いですが、
樹林で見えません。


20180219092019768.jpg
posted by mulberry at 09:20| 東京 ☁| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

2/16午後、戦跡ツアー

2/16午後、
ご夫婦の戦跡ツアーでした。

午前までで
修学旅行対応は終わりました。

四一式山砲です。



20180219091758653.jpg
posted by mulberry at 09:18| 東京 ☁| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

2/16午前、滋賀学園戦跡ツアー

2/16午前、
滋賀学園戦跡ツアーでした。

今回の修学旅行では
多くの生徒に戦跡をみていただきました。

20180219091253505.jpg
posted by mulberry at 09:14| 東京 ☁| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

南島最南端部からの展望

DSCN4699.JPG

南島最南端部から北側の展望です。

昨日2/18、
このあたりで南島植生回復作業10回目(2017年度)の草抜きでした。

ここまで、
上陸地点からラピエの上を30分近く歩きます。

帰路は
抜いた草を持ちかえるため、背負子に10kg以上の重量がかかります。

足場の悪いところ、
荷物背負って、30分も歩くと、かなり疲れます。

本日は、疲労が残っています。苦笑
posted by mulberry at 09:01| 東京 ☁| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

おがさわら丸にも返還50周年ロゴマーク

DSCN4689.JPG

2/19  旧1/4  晴れ

おがさわら丸は
1月後半、ドック入りしました。

ドック明けに戻ってくると、
操舵室のすぐ下に返還50周年のロゴマークがついていました。

船首側にあって、目立っています。

今年は
50周年記念のイベントが目白押しです。
http://50th.anniv-ogasawara.gr.jp/

posted by mulberry at 07:19| 東京 ☀| Comment(0) | 歴史 | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

2/15午前、午後、滋賀学園戦跡ツアー

20180216065828205.jpg

20180216065832967.jpg


2/15午前、午後と
滋賀学園戦跡ツアー対応でした。

生徒は
どんな風に感じたでしょうか?


posted by mulberry at 06:58| 東京 ☀| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

山の上でも出ているオオハマボッス

DSCN4659.JPG

2/15  旧12/30  曇り

オオハマボッス(サクラソウ科・固有種)は
本来、海岸性の植物です。

父島では
まれに山の上での出ています。

標高でいうと250-300Mくらいです。

先日も、とある山の上で咲いていました。

背丈は海岸のものより、かなり小さめでした。

花は5裂、おしべ5,めしべ1です。
posted by mulberry at 07:12| 東京 ☀| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2/14サンセットナイト

2/14サンセットナイト。

出発が遅れたので、
ギリギリ、道沿いで。

間に合って、よかった。

素敵なサンセットでした。

オオコウモリや星空も
よかったです!
  • 20180215070029266.jpg
posted by mulberry at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | ナイトツアー | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

海軍石標十一と海軍石標十二

DSCN4681(1).jpg

DSCN4682(1).jpg

夜明山周辺にある
通し番号の海軍石標です。

十一と十二は
都道からほど近い場所の林内いにあります。


十一と十二は
50mほどしか離れていない場所にあります。

この辺り一帯は海軍通信隊送信所、海軍航空隊送信所があり、
そこを囲むようにあちこちに設置されています。

境界杭と同様でしょう。

石標は点在しているのですが、
ここはなぜかかなり近い場所に2つあります。
posted by mulberry at 10:03| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

海軍の食器・・碇マーク

DSCN4679(1).jpg

DSCN4677(1).jpg


2/14  旧12/29  曇り

父島は戦時中、
陸・海軍の将兵が大勢駐屯していました。

これは
山中で見つけた海軍の食器

ホーローびきの金属製です。

表は白。

裏は
濃い目の水色で碇のマークが入っています。

戦後、ずっと山中に埋もれています。
posted by mulberry at 08:18| 東京 ☀| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

2/11午後、森歩き  初寝山

2/11午後、森歩き、
初寝山まで歩きました。

母島の方々7名様でした!

このあたりは
父島らしい植生の場所です。

最後の方は雨になりました。


20180212071857751.jpg
posted by mulberry at 14:21| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

シマオオタニワタリの胞子嚢群

DSCN4673(1).jpg

DSCN4676(1).jpg

本来、
シマオオタニワタリ(チャセンシダ科・広域分布種)は
父島で普通に見られるシダの1つです。

ノヤギの食害でかなり少なめでしたが
最近は復活しつつあります。

葉は放射状に広がってのび、
長さは1Mにも達するほどです。

胞子嚢群は裏面の葉脈にそって、
中肋から葉縁の中間ほどまで線形につきます。

和名は島大谷渡です。
posted by mulberry at 13:22| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

近自然工法山道補修(2018)

DSCN4664.JPG

この冬場も
近自然工法の山道補修が実施されています。

僕は今年の作業には不参加です。

千尋岩付近の
作業が終わった区間の紹介です。

ここは緩斜面ですが、
赤土の露出で、雨のあとなどはズルズルです。

そこに階段施工してあります。

固定が難しい場所ですね。

木材同士は
かすがい(コの字形の釘)で固定もしています。

ここも歩きやすくなりました。
posted by mulberry at 09:20| Comment(0) | エコツーリズム | 更新情報をチェックする

学生さんのガジュマル木登り

DSCN4669.JPG


2/13  旧12/28  曇り

昨日は
東京農大の学生さんたちをと千尋岩コース。
9名中、男子7名。

ルートの途中、ガジュマル林。

早速、木登りに着手。

男性陣は皆、かなり高いところまで行ってました。

下から見てると、こわいくらいでした。笑
posted by mulberry at 08:15| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

2/12グッドエコツアー千尋岩

2/12千尋岩コースでした!

東京農大ダイビングサークルの学生さん
9名様と歩きました。

この日のツアーは
出港中なので、うちだけでした。

ガジュマルの木登りも
楽しんでいました。

20180212162803476.jpg


20180212162812248.jpg
posted by mulberry at 16:28| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

ムニンエダウチホングウシダの胞子嚢群

DSCN4408(1).jpg

DSCN4405(1).jpg

2/11  旧12/26  曇り

ムニンエダウチホングウシダ(ホングウシダ科・固有種)は
父島ではわりと普通に見られます。

葉は栄養葉、胞子葉があります。

葉身はともに2回羽状。

胞子嚢群は
葉の縁(外側と上側)にとぎれとぎれにつきます。

ホングウ(本宮)は
愛知県犬山市本宮山のこと。

枝打ちの一般的な意味は
樹木の枝を幹から落とすこと。

叢生状にはえ
葉柄が枝打ちしたように見えるからでしょうか?
posted by mulberry at 09:10| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

オオトキワシダの胞子嚢群

DSCN4485(1).jpg

DSCN4483(1).jpg

オオトキワシダ(チャセンシダ科・広域分布種)、
父島ではさほど多くないですが、
群生しているところもあります。

葉身は3回羽状。
葉柄は緑から茶褐色。

胞子嚢群は、裂片に複数、
脈にそって線形につきます。
posted by mulberry at 16:13| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

アマモシシラン(オガサワラシシラン)の胞子嚢群

DSCN4623(1).jpg

DSCN4625(1).jpg


アマモシシラン(イノモトソウ科・広域分布種)は
ヤギの食害をかなり受けるシダです。

最近はヤギの減少で
少し復活傾向が見られます。

かつてはオガサワラシシランとして
固有種とされていました。

木生シダの幹や湿っぽい岩場などに
着生しています。

普通、葉の長さは30cmくらい。

胞子嚢群は
両側の葉の縁全体につきます。

アマモとは海草のアマモ(甘藻)のこと。
和名は甘藻獅子蘭です。 
posted by mulberry at 09:50| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

「父島いきものミーティング50」

DSCN4655.JPG

2/10  旧12/25  晴れ

昨夕、小笠原村環境課主催で
「父島いきものミーティング50」~父島の自然の将来を語る~
というテーマで開催されました。


行政機関や地域連絡会議団体などのメンバーが
集まりました。

ワークショップ形式で実施。

まずは村から
過去の風景画像や自然の変化などについて紹介。

次に、大きな地図を前に
参加者が大事なところなどをポイントしていきました。

その後、様々な意見が出てきました。

かちっと何かを決めるというよりは
参加した方の意見出しにちかいような集まりでした。

長い先の将来像よりも、3年後くらいの姿を想定するのがいいのでは
という意見が印象的でした。

こういう集まりは
数回継続しないと、結論めいたものは出ないでしょうね。

まずは様々な意見出しから。
posted by mulberry at 08:33| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする