2017年02月11日

防災倉庫とガジュマル

DSCN0593.JPG

2/11  旧1/15  曇り

集落の山側を走る都道脇に
最近設置された都の防災倉庫。

倉庫の後ろの樹木は
ガジュマル(クワ科・外来種)です。

だいたい大きなガジュマルのあるところは
戦前から人の手の入っている場所です。

ここら辺は
何があったのでしょうか?

三日月山のふもとなので、
軍隊がらみかな?
posted by mulberry at 07:27| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2017年02月10日

モンパノキの花

DSCN0592.JPG

小笠原では
唯一のムラサキ科自生植物です。

分布は父島およびその周辺小島がほとんどです。
(ただし姉島にもあるようです)

海岸性植物です。

モンパノキ(ムラサキ科・広域分布種)の花は
通年で咲いています。

一年中花序が出ていて、
そのどこかで花をつけています。

花は小さくて5裂、おしべ5、めしべ1です。
posted by mulberry at 10:41| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

映画「ボクたちの交換日記」

ボクたちの交換日記 [ 伊藤淳史 ] - 楽天ブックス
ボクたちの交換日記 [ 伊藤淳史 ] - 楽天ブックス

2013年公開映画「ボクたちの交換日記」
http://video.rakuten.co.jp/content/74942/
http://koukan-nikki.jp/

映画の最後の方は
ウルウルしっぱなしでした。

コンビの二人はハッピーでおわっりました。

でも映画にはない
そのあとの、1人の人生は・・・・


売れない芸人コンビの物語。

お互いの気持ちを正直に伝えるため、
交換日記を始めます。

その後、紆余曲折あり、コンビ解散、
別の道を歩みます。

そして17年後の結末です。
posted by mulberry at 08:08| Comment(0) | メディア | 更新情報をチェックする

2/10朝、あさってまではしけ続き

DSCN0594.JPG

2/10  旧1/14  曇り

昨日午後からは風が強くなってきていました。

今朝は、この冬一番の寒気のようですね。
強い冬型です。

ここ父島もすでに大シケ。

東京湾出ると、小笠原まで、間違いなくしけ続きです。

予報によると、
明後日くらいまではしけが続く見込みです。

明日の入港日とその翌日は
海のツアーがかなり厳しい状況と思います。

ははじま丸も欠航が心配ですね。
posted by mulberry at 07:53| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

「白秋全集 16」(北原白秋)

白秋全集16に、南海異聞という題で
「小笠原の夏」「小笠原島夜話」の小編があります。

北原白秋が小笠原に滞在したのは
1914年(大正3年)3月から6月までです。

短い文章から、父島の生活がうかがえます。
「油虫とハエは非常に多かった。

 デイコのことはビーデビーデと書いています。

 トマトがどこでも出てきたようです。

 明治政府が統治以降は
 帰化人系の方はかなり圧迫を受けていたことがうかがえます。

 島内の物価は高かったようです。

 正覚坊(アオウミガメ)は缶詰で出荷。

 志摩は浮世離れしているようで、浮世の縮図

 島司(阿利孝太郎)排斥運動のことや碑のこと  」  など。

https://www.amazon.co.jp/%E7%99%BD%E7%A7%8B%E5%85%A8%E9%9B%86%E3%80%8816%E3%80%89%E8%A9%A9%E6%96%87%E8%A9%95%E8%AB%96-2-%E5%8C%97%E5%8E%9F-%E7%99%BD%E7%A7%8B/dp/4000909568
posted by mulberry at 10:32| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

「逃げるは恥だが役に立つ」第11話

逃げるは恥だが役に立つ DVD-BOX [ 新垣結衣 ] - 楽天ブックス
逃げるは恥だが役に立つ DVD-BOX [ 新垣結衣 ] - 楽天ブックス

「逃げ恥」第11話、楽天で観ました。
http://video.rakuten.co.jp/content/198361/
http://www.tbs.co.jp/NIGEHAJI_tbs/

連ドラの時は全然観ていなかったのです。

だから今のところ
観たのはこの11話だけなんです。


最終回では契約結婚の状態がうまくいかずに、
共同経営者という新しい形を試みます。

締めは
2組カップルがハッピー・エンドでよかったですね。

それにしても、
新垣結衣さんの出番多くて、いいですね。
posted by mulberry at 08:17| Comment(0) | メディア | 更新情報をチェックする

ドックあけの「おがさわら丸」

DSCN0587.JPG


2/9  旧1/13  晴れ

ドックあけのおがさわら丸は
1泊便でした。

2/7昼前到着、翌2/8午後出港でした。

2/7の到着時、
ドックあけすぐとあって、船がとてもきれいに感じました。

これからまた一年
トラブルなく走り続けてください。

島民の僕らも、何度かはお世話になります。
posted by mulberry at 08:03| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

ムニンネズミモチの花

DSCN0558.JPG


2/8  旧1/12  曇り

岩場の小低木のエリアで
花を見かけるようになってきました。

ムニンネズミモチ(モクセイ科・固有種)です。

花そのものはごく小花です。
4裂で反り返っています。

おしべ2、めしべ1です。
posted by mulberry at 07:23| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

映画「全員、片想い」

全員、片想い [ 伊藤沙莉 ] - 楽天ブックス
全員、片想い [ 伊藤沙莉 ] - 楽天ブックス


2016年公開映画「全員、片想い」
http://video.rakuten.co.jp/content/204429/
http://zenin-kataomoi.com/

ラジオの企画で
リスナーからの片想いのエピソードを7週連続で紹介するというもの。

エピソードは1話ごとに完結していて、
登場人物も全く違います。

片想いなので、
最後、切なくなるエピソードもあります。

しかし、
両想いになりそうなエピソードもありました。

そして、最後ラジオパーソナリティの想い・・
切ないですね。まあしょうがないか。
posted by mulberry at 08:44| Comment(0) | メディア | 更新情報をチェックする

季節外れのヒメツバキの花

DSCN0573.JPG


2/7  旧1/11  曇り

昨日、岩場を歩いていて、
林縁の低いところでまとまって咲いていました。

ヒメツバキ(ツバキ科・固有種)の花です。

花期は普通5-7月ごろ。

季節外れの花を楽しませてもらいました。笑
posted by mulberry at 07:49| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

クイズ:長澤まさみ、綾瀬はるか、新垣結衣のうち、父島に来たことあるのは?

【中古】 Summertime Blue 長澤まさみ写真集 /長澤まさみ(その他),斎藤清貴(その他) 【中古】afb - ブックオフオンライン楽天市場店
【中古】 Summertime Blue 長澤まさみ写真集 /長澤まさみ(その他),斎藤清貴(その他) 【中古】afb - ブックオフオンライン楽天市場店


正解は長澤まさみさんです。

彼女が16歳のときで
まだそれほど有名ではない時期に撮影に来ました。

撮影に来ているのは知っていましたが、
現在を想像すらしませんでした。

「 Summertime Blue 長澤まさみ写真集」
2003年発行です。
http://hon.gakken.jp/book/1340212800

父島で撮影したものです。

小笠原ファンの方も必見ですよ。

なお新垣さん、綾瀬さんも、
僕が知らないだけでひょっとしたら来ているかも?

この3人のうち、
だれでもいいから、来島しないかな!!

posted by mulberry at 07:33| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

トマト3首 by中島敦全集1

中島敦全集(1) [ 中島敦 ] - 楽天ブックス
中島敦全集(1) [ 中島敦 ] - 楽天ブックス


中島敦全集1には
小笠原を題材にした短歌があります。
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480027511/

その中に
トマトについて3首あります。

この時期、人気のトマト、
戦前もよくとれていました

「小笠原の 弥生はトマト 赤らみて 
          青水無月(あおみなづき)の 心地こそすれ」

「父島に トマト買へば 椰子の葉に 
          包みてくれし 音のゆゆしさ」

「トマト提げて わが行く道は 乾きたり 
          測候所の白き 屋根も見えくる」

中島敦が小笠原に上陸したのは
1936年3月25日、一日だけだったようです。

船は「橘丸」でした。

posted by mulberry at 16:41| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

総合事務所前のヤブツバキの花

DSCN0570.JPG

総合事務所の玄関前に
堂々と咲いている外来種樹木の花。笑

ヤブツバキ(ツバキ科・外来種)です。

赤い花は花弁5、めしべ1、
おしべ多数で、かなり花糸がくっついています。

さて、
父島に何本この木はあるのでしょうか?
posted by mulberry at 10:48| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

ムニンシャシャンボの花

DSCN0582.JPG

2/6  旧1/10  曇り

ムニンシャシャンボ(ツツジ科・固有種)の花です。

花期を向かえつつあります。

花は小さな白い花で5裂です。

筒状になっているので、中があまりよく見えません。

下からのぞき込むとこんな感じです。
おしべ10、めしべ1です。

花冠の先っぽが
このアングルだと星形に見えますね。

これは発見でした。笑
posted by mulberry at 10:20| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

雌雄異株シマタイミンタチバナ

DSCN0565.JPG

2/5 旧1/9  晴れ

シマタイミンタチバナ(サクラソウ科・固有種)の花が
咲き始めています。

雌雄異株ですが、
この個体はめしべが目立たないの雄株ですね。

花はごく小さく5裂、おしべ5、めしべ1です。
posted by mulberry at 14:50| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

「離島とメディアの研究 小笠原篇」(前納弘武)

【中古】 離島とメディアの研究 小笠原篇 小笠原篇 /前納弘武(編者) 【中古】afb - ブックオフオンライン楽天市場店
【中古】 離島とメディアの研究 小笠原篇 小笠原篇 /前納弘武(編者) 【中古】afb - ブックオフオンライン楽天市場店

「離島とメディアの研究 小笠原篇」(前納弘武)、
2000年発行です。

本書はテレビに関してのことが大部分です。

小笠原では
他のメディアがが実質機能していませんでした。

船で運ぶ1週間分の新聞や雑誌、電波がほとんど入らないラジオ、
だったからです。

小笠原のテレビ放送の経緯は
1976年11月からケーブルテレビ開始、
1984年5月衛星放送開始、
1996年4月テレビ地上波開始(関東民放全局映る)


そういった経緯の中、
地上波放送開始前後にアンケート調査が3回が実施されました。
1995年11月、1996年6-7月、1998年3月

小笠原の住民構成(区分、職業)なども加味されて
分析されています。

小笠原の住民区分は
在来島民(外国系)、旧島民(日本人で戦前からの縁故者)、
新島民(戦後移住した人、転勤族も含む)。

職業構成は
公務員、土建、観光サービス、漁業など。

僕は1992年から住んでいます。
地上波が映るようになって、テレビがより身近になり、
あらゆる情報源としてより活用されるようになりました。


このころ返還30周年を過ぎたころでしたが、
2章の執筆者のコメントを紹介します。
「返還50周年の時点でも小笠原の自立発展の名目で
 なんらかの計画が国家的事業として続けられているかもしれない。」

大正解です。
posted by mulberry at 14:35| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

「蜜蜂と遠雷」(恩田陸)

蜜蜂と遠雷 [ 恩田陸 ] - 楽天ブックス
蜜蜂と遠雷 [ 恩田陸 ] - 楽天ブックス

「蜜蜂と遠雷」、第156回直木三十五賞受賞です。
http://www.gentosha.co.jp/book/b10300.html

著者・恩田陸氏は高校の同窓生(水戸一・2年後輩)、
在校中、きっとどこかですれ違うくらいはあったはず。笑

僕は本を読むとき表紙カバーをはずして読みます。
本書は真っ黒。これはピアノに見立てているのかしら?

タイトルと中身の関係も気になって読みます。

蜜蜂は
養蜂家の子供がコンテスタントで出てくるのでわかります。

遠雷の方が、本を読んでもピンときませんでした。
雷は1度しか出てきません。しかもさりげなくです。

蜜蜂と遠雷が何かの比喩なのか?
著者に真意を聞きたいですね。


本書のストーリーはとてもシンプルです。
「ピアノコンクールの予選から本戦まで、
 4人のコンテスタントに焦点を当てた物語です。」

著者の「夜のピクニック」は歩行祭という学校行事ですが、
イベント・行事を始めから終わりまでというストーリーに共通性があります。

本書は500ページを超えますが、
4人のコンテスタントに引き込まれどんどん読み進めます。

でも本当は細かい描写もじっくり読んだ方が
読み応えがあるのだと思います。

コンテストの結果は
本書にとってそれほど大事なものでないのでしょう。

読んでいると、おおむね結果は見えてきます。

それより、
コンテスタント同士の関係性が引き込まれます。

音楽と自然の融合も
大きなテーマであるように思います。

自然の描写もいたるところで出てきます。

「音楽を外に連れ出す」、
コンテスタントの1人の師匠からの課題でもありました。
posted by mulberry at 10:50| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

オガサワラモクレイシの花

DSCN0468.JPG

2/4  旧1/8  晴れ

オガサワラモクレイシ(マチン科・固有種)は
あまり印象に残らない樹木です。苦笑

花期はかなり幅があるように感じています。
花は一年中見れるような気もしています。

葉は
カビが生えたように黒ずんでいるものが多いです。

花は薄緑5裂、
おしべ5、めしべ1で柱頭が丸っこくなっています。

花も小さく、開花していても目立ちません。
posted by mulberry at 08:31| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

赤灯台とははじま丸

DSCN0534.JPG

ははじま丸も
ドックを終えて戻ってきています。

ドック中、
代船の「ゆり丸」お勤めご苦労様でした。

赤灯台からは
ははじま丸の着岸場所まで直線ならごくわずか。

陸路は大回りなので、
1.5㎞以上はあるでしょうね。笑
posted by mulberry at 10:33| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

エボルブルス(アメリカンブルー)の花

DSCN0531.JPG

2/3  旧1/7  曇り

警察署の花壇で咲いていました。

エボルブルス(ヒルガオ科・外来種)の花です。

品種はエボルブルス・ピロサスだろうと思います。

アメリカンブルーで通っているようです。
ブルーデイズといういい方もあるようですね。

花は青色で、中心部だけ星形互角形で白くなっています。
花冠は合着、おしべ5、めしべ1です。
posted by mulberry at 07:57| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする