2017年01月06日

乳頭山見張所の電波探信儀台座

PC100034.JPG


1/6  旧12/9  曇り

現在の地名でいうと、
「村民の森ルート」の一番北側終点の場所です。

1942年、
海軍がこの場所に電波探信儀を設置しました。

今でいえば、レーダーですね。

残っているのは
この台座だけですが・・

台座だけでも残っているのは
全国的に珍しいようです。

よく知られた場所としては中央山にもあります。
posted by mulberry at 07:30| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

絵本「おおきな木」(シェル・シルヴァスタイン)

おおきな木 [ シェル・シルヴァスタイン ] - 楽天ブックス
おおきな木 [ シェル・シルヴァスタイン ] - 楽天ブックス

絵本『大きな木」、単色の絵本。
http://www.asunaroshobo.co.jp/home/series/tree/index.html

かつて一度記事にしています。
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/386993101.html

僕が読んだのは本田錦一郎訳のもの。
村上春樹訳のはどう違うか読んでみたい気がします。

原題は「The Giving Tree」、つまり「与える木」です。

物語は確かにその通りです。

おおきな木は
少年から老人になるまで男に与え続けています。

木は
男に与え続けることで喜びを得ていました。

しかし、男に切られて切り株だけになった時だけ、
ちょっと表現が違っています。

「きは それで うれしかった・・・」
「だけど それは ほんとかな。」
(原作は「but not really」だそうです)


与えることが喜び、
そんな人間に僕はいつかなれるのだろうか?
posted by mulberry at 09:10| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

旭山からも滝之浦のザトウクジラが見えた

DSCN0290.JPG

滝之浦にザトウクジラの親子がいるという情報は
SNSで流れているので知っていました。

1/3午前
旭山に行った日に山頂から確かに見えました。

写真では写っていませんが、
中央部の船のすぐ近くにいます。

ここは島に囲まれて
海が穏やかな場所。

ウォッチングするにも最適ですね。

ずっと見れるといいですね。
posted by mulberry at 08:50| Comment(0) | 野生生物 | 更新情報をチェックする

旭山から中心集落の展望

DSCN0288.JPG

1/5  旧12/8  晴れ

天気のいい日
旭山山頂からの展望はとても素晴らしいものです。

中心集落が一望です。

集落の裏には三日月山があります。

この辺りの地質は
父島のほかの場所とは異質です。

別な場所での噴火の水中土石流が
堆積したものです。

泥岩・砂岩が多い場所です。
posted by mulberry at 07:50| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

「ききりんご紀行」(谷村志穂)

ききりんご紀行 [ 谷村 志穂 ] - 楽天ブックス
ききりんご紀行 [ 谷村 志穂 ] - 楽天ブックス

「ききりんご紀行」
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-786078-8&mode=1

著者の谷村氏と僕は
北海道大学農学部の同級生です。

北大では2年の途中で、
教養から成績順に志望の学科へ移ります。

彼女の学科は優秀だったはずですが、
僕は実はほぼ最後の方の残りの学科。

そのころ、
林産学科って、人気なかったんですよ。苦笑


さて本題。

ききりんごとは利きりんご、
要は利き酒みたいなものですね。

27編全部がりんごにまつわる話です。

彼女はこの本の元になる連載の時に
毎日りんごを食べていたそうです。

青森のリンゴの話題が主ですが、
他の地域のことも出てきます

彼女の体験・知識・失敗談が盛りだくさん。笑

この本を読むと、
りんごの種類は蘊蓄についてちょっと詳しくなれますよ。

日本の生産の9割は青森県だとか、
日本で一番出ているふじの登録は1962年だとかも。

りんごにまつわる絵本も出てきます。
「おおきな木」
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/386993101.html
posted by mulberry at 16:47| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2016年12月、紀伊大島&潮岬訪問

2017年12月末
和歌山県紀伊大島&潮岬を訪れました。

紀伊大島は本州最南端なのですね。

潮岬と紀伊大島は橋でつながっています。

DSCN0162.JPG
樫野埼灯台

DSCN0160.JPG
樫野埼灯台手前・灯台旧官舎 宇津木石が使われています

DSCN0153.JPG
トルコ記念館

DSCN0174.JPG
エルトゥールル号座礁位置

DSCN0169.JPG
エルトゥールル号座礁イメージ

DSCN0154.JPG
トルコ軍艦遭難慰霊碑

DSCN0140.JPG
日米修好記念館

DSCN0144.JPG
海金剛

DSCN0116.JPG
潮岬灯台

DSCN0123.JPG
潮岬灯台眼下

DSCN0182.JPG
串本 橋杭岩
posted by mulberry at 09:20| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

新春、デイコの花

DSCN0287.JPG

1/4  旧12/7  晴れ

記事にするのは年明けになりましたが
年末から咲き始めていました。

デイコ(マメ科・広域分布種)です。

セイヨウミツバチが
蜜を求めてきていました。

新春らしい花の1つです。

個体によって、
花の咲き始めの時期がかなりずれています。

デイコの花は
5弁花(旗弁1、翼弁2、竜骨弁2)、おしべ10、めしべ1です。
posted by mulberry at 08:14| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

新春、青空と青い海

DSCN0283.JPG

1/3  旧12/6  晴れ

これは
昨日1/2午前に撮った写真です。

夜明山から二見湾を見下ろしています、。

新春の青い海と青空が広がっています。

大晦日、元旦、2日午前と
こういういい天気に恵まれました。


本日1/3、朝は雲が多めです。
こんな風景が見えるでしょうか?
posted by mulberry at 07:28| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

1/2午前、戦跡ツアー・・夜明山

DSCN0284.JPG

1/2午前、
戦跡ツアー、参加者6名さまでした。

夜明山エリアをじっくり歩きました。

ツアー終盤、
岩場の展望地で集合写真です。

天気も良く、眺めもよかったです。
posted by mulberry at 15:47| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

ムニンタイトゴメの花

DSCN0263.JPG

1/2  旧12/5  晴れ

新年、最初の植物ネタです。

岩場でひっそり咲いている
ムニンタイトゴメ(ベンケイソウ科・固有種)の花です。

岩場のものは
草丈はほぼ2-3㎝までです。

花は5弁、おしべ10、めしべは5心皮
となっています。

小さくてかわいい花です。

これは森歩きツアーでご紹介できますので、
リクエストしてください。

ただし、タイミングによっては、
花がうまく見れない時もあります。
posted by mulberry at 07:27| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

1/1サンセット&ナイト

2017初夕日


1/1元旦、サンセット&ナイト

サンセット:混雑を避けて海岸へ。
水平線に沈む素敵な夕日でした。

オオコウモリ:
飛翔多数、樹上も近いところで2頭。
一昨日はいなかったところにこの日は来てくれました。

星空:北東に開けた展望地で冬の星座を観察

元旦のサンセット&ナイト、上出来でした。
posted by mulberry at 06:56| Comment(0) | ナイトツアー | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

「”食”で謎解き 日本の歴史」(造事務所)

“食”で謎解き日本の歴史 料理と味でひもとく史実の新説!!奇説!?/造事務所【2500円以上送料無料】 - オンライン書店boox
“食”で謎解き日本の歴史 料理と味でひもとく史実の新説!!奇説!?/造事務所【2500円以上送料無料】 - オンライン書店boox

食を切り口にした歴史の新書。

世に知られた歴史に食の観点が加わると
また別な見方が出てきます。
http://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-00890-5

本書は4つのパートです。
1.歴史人物の好物 15
2.歴史を変えるカギとなった料理・食文化 12
3.なじみの食材が日本史を翻弄 10
4.食にまつわるおもしろ歴史ばなし 30
計70編近く。


僕も
旧陸軍・海軍の脚気の顛末は知っていました。

こういう歴史ネタも面白いですね。
posted by mulberry at 13:42| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2017謹賀新年、初日の出

DSCN0266.JPG

1/1  旧11/3  晴れ

あけましておめでとうございます。

今年も
マルベリー並びに吉井家をご贔屓によろしくお願いします。

さて、
新年最初のツア-は初日の出ツアー。

5:30ピックアップで
夜明山山頂へ。

東の水平線には低く雲が広がっていました。
でも下の方が薄かったので、期待が持ていました。

6:20頃、見事に初日の出です。

みなさんに喜んでいただけました。

posted by mulberry at 07:17| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする