2016年03月11日

3/10千尋岩(ハートロック)・・嘉子ガイド

2016031011430001.jpg

3/11 旧2/3 曇り

3/10、
グッドエコツアー・千尋岩コースは嘉子ガイド。

参加者は2組4名様でした。

着いた時はガスがかなり出ていたようですが、
のち、南島や母島も見れるくらいまで回復したそうです。

視界もよくなってよかったですね。
posted by mulberry at 08:06| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

3/10森歩き・・夜明山

P3100530.JPG

3/10
僕のガイドは森歩き

6名様でした。

午前は夜明山を歩きました。

ここは
戦跡ツアーでも森歩きでもどちらでも使えるいいコースです。

展望地では
周辺は霞みながらも、下界はよく見えました。
posted by mulberry at 16:08| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

シマイスノキの新葉

P3060499.JPG

3/10  旧2/2  曇り

最近
シマイスノキ(マンサク科・固有種)の新葉が目立っています。

出始めすぐは
こんな赤みを帯びています。

もう少しすると、
赤みが取れて、薄い黄緑色になります。

乾性低木林を遠目で眺めると、
新葉の赤みと薄黄緑が混じっています。

こういう景観も
春の楽しみの1つですね。
posted by mulberry at 07:32| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

3/9、サンセット&ナイト、ナイト2連荘

P3090527.JPG

3/9、
サンセット&ナイト、ナイトと休みなく2連荘。

サンセットは道新観光さん、ナイトは阪急交通社さんでした。

サンセットは
残り10分ほどで厚い雲に阻まれました。

オオコウモリのの飛翔は
あっという間に50頭が数えられるくらいでした。

餌場での樹上観察もできました。

最後にオカヤドカリと満天の星空でしめました。

ナイトは
まず海岸でオカヤドカリ、ツノメガニ、星空など。

徐々に曇ってきたので、
星空は初めにうちに見ておいてよかったです。

次にオオコウモリ探し。
やや隠れ気味でしたが、何とか観察できました。

2コースともまずまずでした。
posted by mulberry at 07:11| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

3/9、阪急交通社さんのガイド

P3090525.JPG

3/9、
僕の担当は、阪急交通社さんのガイドでした。

午前、曇りがちでしたが、
晴れ間を狙って、部分日食を見ました。

日食グラスで、
かけ具合を観察していただきました。

これも
旅のいい思い出になったのではないでしょうか。

展望地で集合写真です。

夜もナイトツアーで楽しんでいただきました。
posted by mulberry at 07:04| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

3/8、獨協大学ゼミ合宿のナイトツアー

P3080524.JPG


3/8ナイトツアーは
獨協大学ゼミ合宿のメンバーでした。

まずはオオコウモリ、
いるにはいたのですが、やや遠めで、まともに見れたのも1頭だけでした。

星空は満天で、ほぼ満点です。笑

海岸ではオカヤドカリやツノメガニを。

最後に
天文台電波望遠鏡のライトアップの前で集合写真。

この船は、かなり揺れて、
酔った人も多かった模様です。


posted by mulberry at 07:07| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

3/9、父島は部分日食が見えそう

3/9  旧2/1  晴れ

早朝は曇りっぽいですが、父島の予報は晴れ。

部分日食が見れそうです。

9:50-12:20の間です。

最大は11:04、食分は0.483、
面積比では0.377です。

前回使った日食グラスがまだあったので、
久しぶりに役立ちそうです。

長い眠りから覚めた日食グラスです。笑http://www2.astroarts.co.jp/special/20160309solar_eclipse/index-j.shtml
posted by mulberry at 06:58| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

サイザルアサ

P3060514.JPG

父島では、
サイザルアサとアオノリュウゼツラン(どちらもキジカクシ科・外来種)
が混成した群落で野生化しています。

知名度は
アオノリュウゼツランの方が通っていますね。

簡単な見分けがあります。

葉の辺にトゲがなければサイザルアサです。

サイザルアサアサのほうが花期は早いようです。

これから春に咲くのはサイザルアサですね。
もうだいぶ花茎がのびています。

posted by mulberry at 10:06| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

3/8、天気回復、まだ波高し

P3080523.JPG

3/8  旧1/30 晴れ

昨日は、終日雨で、計50㎜以上降りました。

特に午前中は1時間10㎜ほどの雨で、
まとまって40㎜ほどの雨になりました。

今朝はすっきり晴れました。

ただまだ風は強めで、外洋は風波がかなりあります。

予報では
これから風も弱くなっていくようです。
posted by mulberry at 07:19| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

映画「鉄道員(ぽっぽや)」

鉄道員(ぽっぽや) [ 高倉健 ] - 楽天ブックス
鉄道員(ぽっぽや) [ 高倉健 ] - 楽天ブックス

1999年公開、映画「鉄道員(ぽっぽや)」、
楽天SHOWTIMEで。
http://video.rakuten.co.jp/content/164843/

泣ける映画ですね。
駅長役は高倉健さん、原作のイメージぴったりです。

もうすぐ廃線になる終着駅の駅長の物語。

人生を振り返りながら話は進みます。

幼くしてなくした女の子、病気で先だった妻。
駅長は間もなく定年を迎えます。

なくなった娘が17歳になって駅長のもとへ現れます。

駅長はプラットフォームで亡くなります。

娘は駅長をお迎えに来たのかもしれません。

ぽっぽやひとすじの人生が描かれています。

posted by mulberry at 14:04| Comment(0) | メディア | 更新情報をチェックする

映画「悼む人」

悼む人 [ 高良健吾 ] - 楽天ブックス
悼む人 [ 高良健吾 ] - 楽天ブックス

映画「悼む人」、楽天SHOWTIMEにて観ました。
http://video.rakuten.co.jp/content/161306/

主人公が「悼む人」として旅をし、
そこで起きるできごとを絡めた話です。

彼の<悼む>とは、
死者が生前、誰に愛され、誰を愛したかといったことを調べ、
亡くなった現場で彼なりの儀式を行うことでした。

映画で悼む人に直接からむキーになる人物は2人。
記者の男性と夫を殺した女性。

夫を殺した女性は、
悼む人について旅するようになります。

その間、悼む人の家族では
妹の出産(生)と母の末期がん(死)が訪れようとしています。
http://www.itamu.jp/

「悼む人」になれる人は、
過去に強烈な人の死の体験を持った人ではないでしょうか。

原作者は9・11がきっかけのようですね。

天皇陛下も巡礼の旅を続けられています。
天皇も「悼む人」なのですね。
posted by mulberry at 08:07| Comment(0) | メディア | 更新情報をチェックする

よくある間違い?・・オオヤドカリ、ヒラベソカタマイマイ、オナガソウ

P3060520.JPG

ナイトツアーでオカヤドカリを紹介すると、
たまにオオヤドカリと覚えてしまう人がいます。

サイズが大きいので
オカをオオと認識してしまうのでしょうね。
オオヤドカリ× オカヤドカリ○

南島にある
ヒロベソカタマイマイもヒラベソ・・という人がいますね。

これもよくある間違いかしら?

ヒロベソカタマイマイ○ ヒラベソカタマイマイ×

ホナガソウもオナガソウになる場合があります。

ホナガソウ○ オナガソウ×
posted by mulberry at 07:43| Comment(0) | 野生生物 | 更新情報をチェックする

3/7早朝、雨・・一日雨か?

P3070521.JPG

3/7  旧1/29  雨

雨は昨夜から降り始めていたようです。

早朝も雨です。

予報では日中ずっと雨です。

低気圧の通過にともない、
風も強くなっています。

こんな日はのんびりデスクワークです。
小・中の卒業式の祝辞も考えなくちゃ。
posted by mulberry at 07:36| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

小笠原固有種・ヒライソモドキ

P3010450.JPG

3/6 旧1/28 曇り

ヒライソモドキ(固有種)は
感潮域に生息するカニです。

石の下に隠れています。

近辺の石の下にはたくさんいました。

このカニについては
先日、研究者から教わりました。

陸域ガイド更新講習の実地で
河川の観察があり、その時です。

長年ガイドやっていても、
まだまだ教わることはたくさんありますね。
posted by mulberry at 07:36| Comment(0) | 野生生物 | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

清瀬川沿いで、シマツユクサ?

P3010451.JPG

清瀬川沿いで見つけた可愛い青い小花です。

図鑑などで調べると、ツユクサの仲間。

小笠原の分布からすると、
シマツユクサ(ツユクサ科・外来種)のようです。

でもカロライナツユクサにもよく似ています。

花は花弁3、おしべ6、めしべ1です。
おしべのうち3つほどは仮おしべのようです。
posted by mulberry at 11:26| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

「樹木ハカセになろう」(石井誠治)

樹木ハカセになろう [ 石井誠治 ] - 楽天ブックス
樹木ハカセになろう [ 石井誠治 ] - 楽天ブックス

自然ガイドさんも、
たまには樹木の基礎的なことを復習しましょう。笑

ガイドさんの中には
維管束といっても、ピント来ない人もいるかもしれません。


岩波書店の紹介分は、
「葉や枝,幹や根の構造やはたらきなどの基本を学び,
 いろいろな木を見,触れながら,種類による個性に注目すると,
 動かない木たちがいきいきと見えてきます。」

「Q&A方式も使い,木の見方とうんちくが楽しく学べる本。」

http://www.iwanami.co.jp/index.html
posted by mulberry at 10:11| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

3/4森歩き・・嘉子ガイド

2016030414070000.jpg


3/4
嘉子ガイドチームは森歩き。

参加者6名様。

天気よく眺めも素晴らしく、
ガジュマル木登りも楽しんだようです。

写真は東平サンクチュアリーで。
posted by mulberry at 08:05| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

オオハマボッスの花(植栽)

P3040482.JPG

3/5  旧1/27  曇り

集落内の花壇で
オオハマボッス(サクラソウ科・固有種)の花が咲いています。

オオハマボッスは
草丈50㎝以下くらいの越年草です。

なので、果実をつけたあと、
その株は枯れてしまいます。

花は5弁のように見えますが、5裂です。
おしべ5、めいしべ1も見えますね。

和名にハマがつきますが、
オオハマボッスは山の上でも自生する場所があります。
posted by mulberry at 07:36| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

「白鯨との闘い」(ナサニエル・フィルブリック)

白鯨との闘い [ ナサニエル・フィルブリック ] - 楽天ブックス
白鯨との闘い [ ナサニエル・フィルブリック ] - 楽天ブックス

本書は
ハーマン・メルヴィル「白鯨」のモデルとなった事件が書かれています。

ナンタケットから出港した捕鯨船「エセックス号」。

いきなり転覆をしますが、
その後、なんとか太平洋上に。

そこで、巨大なマッコウクジラの攻撃にあい、
エセックス号は沈没。

乗員は小さなホエールボートで
遥か彼方の陸に向かいます。

一度は島にたどり着いたものの、
食料・飲料に乏しく、さらにまた船出でします。

そこから苦難の連続で、食料もつきてきます。

しまいには、人肉を食べて、飢えをしのぐようなことに。

最後は数人が別な船や陸にたどり着き、助けられます。

そういう悲惨な事件でした。

生きてナンタケットに戻れた船員は
その後の人生についても語られています。

余談ですが、
小笠原にも来島したイギリス海軍ビーチー船長の名前が一度出てきました。


http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=978-4-08-760716-1&mode=1
posted by mulberry at 16:50| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

3/4戦跡ツアー・・十二糎高角砲

P3040484.JPG

3月は旅行社ツアーのガイドや千尋岩コースが多いのですが、
本日は戦跡ツアーでした。

参加者は2組5名様。

午前は夜明山エリアを歩きました。

写真は、
十二糎高角砲です。

一日コースで
じっくりいろいろ見てもらいました。
posted by mulberry at 16:00| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする