2015年10月01日

エリマキツチグリ

P9300330.JPG

昨日山道で見つけたキノコ、
エリマキツチグリ(ヒメツチグリ科・広域分布種)です。

腐食の多い林内の地面から生えるキノコです。

外皮が花びらのようにも見えます。

エリマキというのは
外皮の亀裂を襟巻きに見立てているようです。

内皮の中央部に白い円座があります。

中心部は黒っぽく、尖っていて、
小さな穴があり、そこから胞子を飛ばします。

posted by mulberry at 08:27| Comment(0) | 菌類 | 更新情報をチェックする

オガサワラビロウの枯れ幹にでるシママンネンタケ

P9230256.JPG

10/1  旧8/19  曇り

オガサワラビロウの枯れ幹に出る
シママンネンタケ(マンネンタケ科・広域分布種)です。

大型のキノコで、表面はかたいです。

上面は褐色で、下面は白っぽい色をしています。

小笠原では
オガサワラビロウ以外の枯れ木に出ていたのは見たことがないです。

他の広葉樹の枯れ木に出るとすれば
コフキサルノコシカケですね、きっと。
posted by mulberry at 07:52| Comment(0) | 菌類 | 更新情報をチェックする

父島の朝…曇り

2015100106460000.jpg
posted by mulberry at 06:47| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする