2015年08月07日

モンパノキ(紋羽の木)の花

P7200180.JPG

海岸性の樹木、モンパノキ(ムラサキ科・広域分布種)。
父島では大村海岸沿いや南島で多く見られます。

クサトベラと同程度の低木性のものが多いのですが、
小高木程度になっている個体もあります。

モンパノキの花期はあまり明確でないように感じます。

花序の先に、いつ見ても、花が咲いています。

小さな白い花で、5裂、おしべ5、めしべ1です。

モンパとは紋羽のこと。
起毛した綿織物のことです、葉の感じが似ていいるんですね。
posted by mulberry at 08:23| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

父島の朝…薄曇り

2015080707060000.jpg
posted by mulberry at 07:27| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

朝立岩からの展望

P8050360.JPG

躑躅山は
躑躅山山頂と朝立岩の2ルートがあります。

どちらも季節限定、山頂までの往復ルートです。

朝立岩の上からは
東側の巽湾方面や巽谷が一望です。

すぐそばには
ムニンツツジの植栽地もあります。

ちょっとした洞窟陣地もあります。

このコースはごくまれに使います。

巽道路から巽湾を巻くルートを通るときに
上ることが可能です。
posted by mulberry at 14:36| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

元気ハツラツ!朝立岩!!

P8050362.JPG

8/6  旧6/22  晴れ

暑い日が続きます。

夏の疲れも出てきたんではないでしょうか。

でも
朝立岩はいつも元気です。笑

朝立岩は通称です。

意味は形から、わかりますよね。

このあたりは
躑躅山の山地の西側です。

男性諸君、
この朝立岩のように、夏も元気に、行きましょう!!
posted by mulberry at 07:42| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

父島の朝…晴れ

2015080605590000.jpg
posted by mulberry at 05:59| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

8/4夕方、ほんのり赤く染まる空の色

P8040354.JPG

8/4、
日没直後、18:30頃の空の色です。

ナイトツアーのお迎え時間までのひと時を過ごす場所からです。

東の空がほんのり赤く染まり、とてもいい感じでした。

本当は
このままお酒でも飲んでまったりしたいところでした。笑

posted by mulberry at 15:08| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

8/5山歩き・・巽谷砲台のガジュマル

P8050364.JPG

8/5、山歩きで朝立岩に。

1家族4名様と歩きました。
お子様は4年と1年生。

ほんとうは千尋岩目指していたのですが、
途中でコース変更して軽めにしました。

記念写真は
巽谷砲台のガジュマルです。

このガジュマルで
洞窟陣地の上がカムフラージュされています。
posted by mulberry at 14:58| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

ゴレンシ(スターフルーツ)の花

P8040351.JPG

8/5  旧6/21  晴れ

ゴレンシ(カタバミ科・外来種)の花が咲いていました。

樹高は5m以上になっています。

小さな花は5弁、紅紫色で、おしべ5、めしべ1です。

果実がスターフルーツと呼ばれています。
涼しくなってから熟してきます。

ゴレンシ、
漢字では「五斂子」と書くようです。  
posted by mulberry at 07:12| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

父島の朝…晴れ

2015080506290000.jpg
posted by mulberry at 06:30| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

躑躅山山頂への岩場ルート

P8030336.JPG

この1週間で
2回ほど躑躅山山頂へ行きました。

その岩場ルートです。
高低差は50mもないくらいだと思います。

鎖やロープはありません。

ルートはジグザグに上り下りします。

上りはともかく、
下りは慎重に行かないと、危ない箇所が複数あります。

でも上はいい展望です。


posted by mulberry at 15:32| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

「狙撃手、前へ!  ある父島移民の戦争」瀬戸山玄

狙撃手、前へ! [ 瀬戸山玄 ] - 楽天ブックス
狙撃手、前へ! [ 瀬戸山玄 ] - 楽天ブックス

サブタイトルは「ある父島意移民の戦争」。

ある父島移民とは
父島在住、横山丈夫氏のこと。

僕は毎日のように早朝、
公園のお掃除をするで奥さまと会っています。

その横山氏の戦時中に焦点を絞った自伝です。

タイトルの「狙撃手、前へ!」は
彼が軍隊で上官から命じられた言葉です。(132ページ)

この本では
横山氏の言葉による戦争の実体験が描かれています。

戦地や紛争地に行くということが、いかに大変なことか、
人を殺すということは、普通の精神ではいられないことなど
とても重みがあります。

http://iwanami.co.jp/cgi-bin/qsearch
posted by mulberry at 11:17| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

エランセマム・トリカラーの花

P8040344.JPG

8/4  旧6/20  曇り

散歩中に見つけました。

低木のエランセラム・トリカラー(キツネノマゴ科・外来種)です。

筒状花で5裂し、おしべ2、めしべ1です。

花の色は
白地に濃いピンクの斑紋が入っています。

葉も部分的に暗紫色のところがあります。

エランテムム・トリコロルやプセウデランテムム・カルテルシーなどともいうようです。
posted by mulberry at 08:34| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

父島の朝…晴れ

2015080406210000.jpg
posted by mulberry at 06:22| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

8/3午前、森歩き・・躑躅山

P8030342.JPG

8/3午前、森歩きで躑躅山へ。

参加者は
島民の知り合いがいる2名様でした。

躑躅山頂より少し下の、
ちょっと怖そうに見えるところで撮影しました。

天気もよく
巽湾の展望も最高でした。
posted by mulberry at 14:35| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

凪の日の二見湾の夕暮れ

P7300302.JPG

8/3  旧6/19  晴れ

このところ、
穏やかな凪の海が続いています。

そんな日の夕暮れ時の二見湾です。

海もトローンとして、まったりとした気分になります。

岸壁では釣りをする人が数人。

すごくゆっくりとした時間が流れている感じです。

こんな風情もいいですね。
posted by mulberry at 06:05| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

父島の朝…晴れ

2015080305200000.jpg
posted by mulberry at 05:21| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

8/2戦跡・・八八式七糎野戦高射砲

P8020330.JPG

8/2出港日午前、戦跡ツアーでした。

2組5名様と夜明山エリアを歩ました。

写真は
高射砲の洞窟陣地内です。

移動中には
アカガシラカラスバトの鳴き声を一度聞きました。
posted by mulberry at 15:22| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

躑躅山山頂から巽湾の展望

P8010312.JPG

8/2  旧6/18  晴れ

昨日の森歩きで訪れた躑躅山山頂です。

この山頂に立つのはかなり久しぶりですね。

尾根道歩きができたころはよく使っていました。

規制がかかって、
山頂までのルートだけになってからはめったに来なくなりました。

山頂からは巽湾が一望です。

眼下には中海岸が見えます。

上り下りの岩場斜面を気をつければ、
こんな景観が待っています。

この山頂は森歩きコースで使います。
リクエスト大歓迎。5-10月限定です。
posted by mulberry at 07:15| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

父島の朝…晴れ凪

2015080206100000.jpg
posted by mulberry at 06:10| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

8/1森歩き・・躑躅山

P8010321.JPG

8/1、森歩きコースでした。

午前、躑躅山へ。

みなさん読めますよね。「つつじやま」です。

躑躅山は山頂まで野ルートは
期間限定で認められています。

夏場は通れます。

写真は上り口のあたりから。

このあと、岩場の上りが怖そうなので、
奥さんは山頂には上りませんでした。

このあたりは巽湾が一望です。
posted by mulberry at 15:54| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする