2015年06月13日

ヒメヒオウギズイセン(モントブレチア)の花

P6120215.JPG

6/13  旧4/27  晴れ

ヒメヒオウギズイセン(アヤメ科・外来種)の花です。

とある海岸付近に群生地があります。

栽培していたものが野生化したのでしょう。

花被片(萼片と花弁)は6枚、おしべ3です。

モントブレチア、クロコスミアとも呼ばれています。

なお花被片とは
萼片と花弁とが似ていて区別しづらいものに使うようです。
posted by mulberry at 07:20| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

父島の朝…快晴

2015061305570000.jpg
posted by mulberry at 05:58| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2015年06月12日

タイワンソクズの花と腺体

P6120210.JPG

6/12  旧4/26 晴れ

タイワンソクズ(レンプクソウ科・広域分布種)の花が
咲いています。

散房状集散花序に白花と腺体がつきます。

花は、白い小花で5裂し、おしべ5。

腺体は黄色の杯状もので、
そこに蜜がたまっています。

線体の存在、
今まで気づいていませんでした。
posted by mulberry at 08:12| Comment(2) | 植物 | 更新情報をチェックする

父島の朝…晴れ

2015061206420000.jpg
posted by mulberry at 06:43| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

㏋更新:舞鶴・海軍ゆかりの港めぐり遊覧船

P5090221.JPG

東舞鶴では、土日・祝日など限定で、
海軍ゆかりの港めぐり遊覧船が運航しています。

その乗船記録です。

この日はイージス艦がいませんでした。
自衛艦マニアにはたまらないでしょうね。
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub3-97.html
posted by mulberry at 15:47| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

㏋更新・・舞鶴旧海軍関連施設

P5090215.JPG

東舞鶴には海浜地区には
赤れんがの建造物が目立ちます。

旧海軍関連施設です。

現在は
観光施設などとしても再利用されています。

㏋更新しました。
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub14-4-29.html
posted by mulberry at 09:01| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

二見湾を見下ろす景色・・縦横比16:9がいい

P6100204.JPG

6/11 旧4/25  晴れ

夏空が続く小笠原です。

夜明山エリアから
二見湾を見下ろす景色もとてもいい色です。

横の広がりのある絵が撮りたいところです。

ここの写真撮るときは、16:9がいいですね。

二見湾の南北の海岸まで画角に入ります。

大好きな景色の1つです。
posted by mulberry at 07:45| Comment(2) | 自然 | 更新情報をチェックする

父島の朝…晴れ

2015061106500000.jpg
posted by mulberry at 06:50| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

6/10午前、戦跡ツアー

P6100203.JPG

6/10午前、戦跡ツアーでした。

6/7午後の森歩きに行ってくれたのと同じメンバーです。

戦跡は、後半、夜明山地区へ。

海軍十二糎高角砲で記念撮影しました。
posted by mulberry at 15:40| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

㏋更新・・舞鶴要塞



P5080101.JPG

2015年5月
京都府舞鶴要塞跡を訪れました。

その時の写真記録です。
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub14-4-28.html
posted by mulberry at 07:50| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

大神山公園からの展望もオススメ

P6040130.JPG

大神山公園は大村地区に隣接する公園で、
海岸部と神社のある山地側とがあります。

山地側も
山頂まで遊歩道や展望台があります。

神社の上の展望台からこんな景観が広がります。

入港日や出港日に
1時間ほどあれば、このエリアもおすすめです。

ただし、夏はひと汗かきますね。
posted by mulberry at 07:18| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

ヒメツバキの花も山地の方に・・

P6080194.JPG

6/10  旧4/24  晴れ

小笠原村の花、
ヒメツバキ(ツバキ科・固有種)の花の時期です。

父島では
広範囲に、個体数もとても多い樹木です。

ふもとの方から咲き始めて、
山地の方も花期を迎えています。

ただし、花期は個体差もあって、
隣合うところでも、ずいぶん違っていたりします。

山地はこれから見頃を迎えます。

足元の落花もすごい量になります。
posted by mulberry at 06:59| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

父島の朝…晴れ

2015061005470000.jpg
posted by mulberry at 05:48| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

青灯台防波堤の駐輪場所

P6090202.JPG

青灯台防波堤の
駐輪スペースとして白線が引かれました。

これはPTAで
支庁港湾課にお願いして線を引いていただきました。

青灯台は間もなく
ブイ・フロートを設置し、遊泳場になります。

防波堤は厳密には
自転車の乗り入れは禁止ではありません。

しかし、
実態を見ていると、自転車の不適切な乗り入れもありました。

マナーよく使ってもらうため、
駐輪スペースを設けていただきました。

約15台ほど停められます。

隣にもう1ヵ所、駐輪スペースを作ってもらう予定です。
posted by mulberry at 15:48| Comment(0) | PTA | 更新情報をチェックする

「冷やし塩キムチラーメン}by海遊

P6090199.JPG

昼は
振替休日の千尋と妻とで外食。

旭は学校ですので、お預け。笑

中華の「海遊」へ。

僕は
夏メニューの「冷やし塩キムチラーメン」頼みました。

僕にはキムチがちょっと辛かったけど、
なかなかいけますね。

冷やしラーメン癖になりそう。
posted by mulberry at 13:23| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

千尋岩はどれだけずれているのか??

P9038570.JPG

最近の小笠原近海地震で
最大6.6Mのずれができているという報道があります。
http://mainichi.jp/select/news/20150609k0000m040043000c.html

それでは、
この千尋岩(ハートロック)はここはどれだけなのでしょう。

標高250Mです。
この亀裂は
1回で生じたものなのでしょうか??それとも数回にわたるのでしょうしょうか?

さてさてどんなものなのでしょうね。

posted by mulberry at 08:16| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

DVD「絶海に浮かぶ進化の島々」(CNインターボイス)

P6080198.JPG

6/9  旧4/23  晴れ

取材中にガイドした縁もあり、
このDVDが制作会社から送られてきました。
http://www.cn-intervoice.com/works/vp/
国土緑化推進機構が企画したもので、
日本の世界自然遺産シリーズとなっています。
http://www.green.or.jp/channel/channel/ch4_top.html

DVDは
全国の教育機関などに5000枚配布したそうです。

33分の映像で
成り立ち、動植物の特徴、外来種対策などがまとまっています。

代表的な植生として
乾性低木林や湿性高木林も紹介されています。

沖縄と小笠原の気候や植物相の比較もあり、
違いがわかりやすく説明されています。

僕も後姿や手先のアップが映っています。笑
posted by mulberry at 07:45| Comment(0) | メディア | 更新情報をチェックする

父島の朝…晴れ

2015060906300000.jpg
posted by mulberry at 06:30| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

6/8、グッドエコツアー・千尋岩

P6080196.JPG

6/8、
グッドエコツアー・千尋岩コースでした。

夏本番の小笠原、
千尋岩コースも暑いです。

往路は登りばかりなので、汗もたっぷりかきます。

目的地も日陰がないので、暑いです。

疲労度は涼しい時期の1.5-2倍ほど。

それでもがんばれる人、
水をたっぷり持って、ツアーに参加して下さいね。

ちなみに
本日、3名様ご参加いただきました。
posted by mulberry at 15:36| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする