2015年01月21日

アメリカハマグルマの花

P1130178.JPG

1/21  旧12/2  曇り

アメリカハマグルマ(キク科・外来種)の花です。

父島で葉
ところどころ道端などで野生化しています。

花は通年で咲いているようです。

多年草で
茎は地を這うようにのびています。

小笠原には在来種で
キダチハマグルマ、ネコノシタ(ハマグルマ)もあるようです。

でも父島の道端によく見れているのは
ほとんどこの外来種の方かなと思っています。

今後要チェック。
posted by mulberry at 07:26| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

2015近自然工法山道補修・・丸木橋

P1190217.JPG

昨日の作業では足場板的な丸木橋も設置。

昔の石積みの水路のあとです。

幅わずか60-70㎝ほどなので、
まあ普通は渡れます。

中高年でそれほど足の強くない人を見ていると、
このくらいでも目いっぱいの人がいるのです。

なので、丸木橋をつけました。

丸太2本で、上を少し平らにしてあります。

これで足が広がらない人も楽々ですね。笑

今日の作業で
鎹(かすがい)つけて2本の固定をしたり、もう少し面出して完成です。
posted by mulberry at 11:29| Comment(0) | エコツーリズム | 更新情報をチェックする

2015近自然工法山道補修・・飛び石

P1190216.JPG

近自然工法
桑ノ木山歩道で沢越えの部分の飛び石施工です。

ここは
ほとんどの時期が枯れ沢状態です。

なので
今までは何も手を入れていませんでした。

ただ台風のあとや梅雨時など
大雨のあとに来ると、しっかり水が流れます。

短い期間とはいえ、その時に不便をきたすので、
手を入れることにしました。

水の流れもあまり阻害しないように考えた結果、
作業としては広めの場所で飛び石施工です。

地面を少し掘って、
大きな石を固定して出来上がり。

これで、
水が流れていても、楽に渡れるはずです。

posted by mulberry at 08:22| Comment(0) | エコツーリズム | 更新情報をチェックする

「ウィルソンの屋久島」(古居智子)


ウィルソンの屋久島―100年の記憶の旅路

屋久島にはウィルソン株という
彼の名がついたスギの切り株があるのだそうです。

僕もそこに入ったことがないですが、
その株の名は知っていました。

ウィルソンの写真提供はハーバード大学です。

屋久島で撮影した写真と
古居氏の文章によって、その時の様子が記されています。

当時の撮影は
かなり大がかりで時間もかかったようですね。

大木の写真には
手伝っていた人物が写りこんでいたりして、大きさがよくわかります。


ウィルソンは屋久島だけでなく、
沖縄や小笠原にも来ていたんです。

そのことを知ったのはごく最近でした。
沖縄の博物館に勤める義兄から聞きました。

ウィルソンは
沖縄や小笠原での写真も残しています。

沖縄博物館では
本書の著者をよんで何か企画しようとしているようです。

小笠原でも
何かできるといいのですが・・
http://www.chuoh.co.jp/books/detail.php?ISBN=978-4-87758-370-5
posted by mulberry at 08:07| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

2015近自然工法山道補修

P1190211.JPG

今年も、村の予算で、
近自然工法による山道補修作業が始まりました。

北海道山岳整備の岡崎氏が指導員として来島しています。

本日の作業は村の桑ノ木山歩道です。

足場の悪いところと沢筋のところを作業しました。

写真は
道がはっきりしていなかったところです。

階段施工して、歩きやすくなりました。

この作業は
父島では2月中旬まで続きます。

僕も作業員として7-8日は出る予定です。
posted by mulberry at 16:40| Comment(0) | エコツーリズム | 更新情報をチェックする

大きなオガサワラグワの切り株

P1170191.JPG

1/19  旧11/29  曇り

とある調査の関係で
久しぶりにこの大きなオガサワラグワ(クワ科・固有種)の切り株を訪れました。

人が写っているので
大きさがよくわかると思います。

かなりでかいです。

調査などで山に入ると、
オガサワラグワの切り株はたまに見かけます。

でも
このサイズのは父島にはそうないはずです。

これだって掘り起こして使えば
かなりの価値になるのではないかと思います。

posted by mulberry at 07:28| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

明日から1週間「禁酒宣言」

P1160187.JPG

今夕は
PTA役員の新年会です。

いよいよ明日から
ピロリ菌の除菌のため薬を飲みます。

その間、1週間、お酒が飲めません。
「禁酒宣言」します。

1/25までは誰も誘わないでね。爆笑

posted by mulberry at 14:18| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

ロードレース大会

P1180206.JPG

1/18午前
ロードレース大会が開催されました。

冬型の涼しい気候で
走るのにはいいコンディションでした。

小・中・高校性をはじめとして一般男女など、
グループごとに競いました。

小学校低学年は2㎞、高学年は4㎞、一般男女4㎞、
中学生以上男子6㎞、一般男子6㎞でした。

距離単位で2回に分けてスタート。

みな精一杯走っていました。

うちの子供2人も
タイムは遅めですが、頑張って走っていました。

参加された方、関係者の皆様、お疲れ様でした。
posted by mulberry at 12:02| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

「パイナップルみたい」by観光客

P1150181.JPG

タコノキ(タコノキ科・固有種)の果実は
集合果となっています。

熟れたあとは
ばらけて落ちていきます。

1つの果実に
3個前後の種が入っています。

種子の部分は可食です。

この集合果を見て
「パイナップルみたい」と表現する方が多いです。

確かに見た目はやや似ているかもしれません。

でもパイナップル畑見たことがある人には
相当違和感があるはずです。

パイナップルって、
こんな風にぶら下がりませんよね。笑

posted by mulberry at 09:06| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

「観光文化 224号」地域発観光プログラムの流通・販売(日本交通公社)

bunka22400.jpg

1/17  旧11/27  曇り

日本交通公社の機関誌「観光文化 224号」が
発行されました。

特集が
「地域発観光プログラムの流通・販売」です。

この号の企画で
屋久島・知床・小笠原3人のガイド事業者の座談会が開催されました。

小笠原は
僕が出させてもらいました。

本文に出ているのでご覧下さい。

なおこの機関誌は
PDFで全文読めるようになっています。
http://www.jtb.or.jp/publication-symposium/tourism-culture-224regional-departure-tourism
posted by mulberry at 08:05| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

「戦後70年に学ぶ 父島海底に眠る駆潜艇」(読売新聞)

この駆潜艇は
製氷海岸からすぐ近くの海底30数メートルのところにあります。

湾の奥でやや濁り気味の場所です。

この報道の説明にもある通り、
海面に漁協のいけすがあり、潜ることはダメといわれていました。

しかしそこは島民のこと。

古くからその存在は知られていて、
こっそり潜っていました。

ダイバー仲間ではよく知られた存在でした。

読売さんは
タイムリーに目をつけたなという感想です。

http://www.yomiuri.co.jp/special/sub_chaser/?from=ytop_os_abv_p
posted by mulberry at 08:22| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

1/15山歩き・・千尋岩

P1150183.JPG

1/16  旧11/26  晴れ

1/15
僕のガイド担当は千尋岩。

この日は、うちも少ない人数んでしたが、
他も同様で、ガラガラでした。

のどかでよかったですね。


自然の中に入るよさの1つが
都会の喧騒から逃れること。

だから、
そんなところで人が多いのはどうかなって思っています。

人気の自然のところは
都会と同じように人が多いのはあたり前という感覚なのかしら?
posted by mulberry at 08:15| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

2015、台風1号

1/15  旧11/25  曇り

2015年1月早々、
台風1号が発生しています。
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

現在はフィリピンの方に向かって進んでいます。

とある週間予報では
その後北上し始めるようになっています。
http://www.bioweather.net/chart/pressure.htm

さてさてどうなりますかね。
posted by mulberry at 07:01| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

タチテンノウメも広域分布種に・・

P1080131.JPG

1/14  旧11/24  曇り

小笠原のテンノウメの仲間は
タチテンノウメ、シラゲテンノウメの2種があるといわれていました。

どちらも固有種とされていました。

ただし、同種とする見方もありました。

最近の見解によると、2種は同種とみなされ、
さらにほかの地域のものとも同種とされました。

和名はタチテンノウメで広域分布種となります。

2種を見分ける必要がなくなり楽ですが、
固有種でなくなったのはちょっと寂しいです。苦笑

これから春に花の見頃です。
早いところは咲き始めています。
posted by mulberry at 08:11| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

釣りにはまる旭

P1120174.JPG

最近、
5年・旭は釣りにはまっています。

昨日の釣果はムロアジ2匹。
ムロのたたきにして食べました。

友達に
いじめられている時期もあったりした旭です。

釣りは基本1人でやる遊び。

旭には向いているのかもしれません。

学年1つ下の釣り仲間と
約束して釣りに行ったりしています。
posted by mulberry at 08:53| Comment(0) | 家族 | 更新情報をチェックする

「友情」(武者小路実篤)


友情

武者小路実篤氏の小説を読むのは
この「友情」が初めてです。
http://www.shinchosha.co.jp/book/105701/

上篇と下篇にわかれています。

上篇では
大宮が外国に旅立つまでが書かれています。

野島が愛した杉子。大宮はそれを知り応援します。

しかし、杉子は大宮に愛を感じていました。
それを知った大宮は外国へ旅立ちます。

下篇では
大宮が小説として発表した大宮と杉子の文通の様子です。

野島が杉子に結婚を申し出て断られます。

大宮と杉子は文通を通じて愛を深めていきます。
そして杉子は大宮のもとへ。

野島はこの小説を読んで、決意を新たにします。

題名は「友情」。

友人である男性2人に1人の女性との関係の中で、
友情ゆえに女性をあきらめようとした男。
しかし結局はあきらめられなかった。

結論から言うと
愛情が友情に勝ってしまった話です。

こういうシチュエーションは確かにありそうな気がします。笑
posted by mulberry at 08:42| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

「ははじま丸」と「ゆり丸」

P1120155.JPG

1/13  旧11/23  曇り

昨日午前
ははじま丸がいつもと違う位置にいました。

そして
ゆり丸がははじま丸の位置に。

ははじま丸がドック入りするときの代船が
ゆり丸です。

ちょうど昨日は
ははじま丸が内地にドック入りに向かうときだったのですね。

その間、
ゆり丸がしっかり役目を果たしてくれることでしょう。
posted by mulberry at 07:58| Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

小笠原では年中あります、冷やし中華

P1120175.JPG

ランチは
家族で中華「海遊」さんへ。

暑いのが苦手な旭は、
冬でも冷たい系の麵が好き。

家でも
そばやうどんは冷たいのを食べます。

海遊でもやはり冷やし中華です。笑

小笠原では一年中、メニューにのっています。
posted by mulberry at 12:49| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

ちびっこが消防車に乗れる日

P1120173.JPG

1/12午前、
小笠原村消防団出初式でした。

初めに式典で式辞、表彰、祝辞などがあり、
岸壁で放水演習が実施されました。

式典終了後が
ちびっこお待ちかねの消防車体験乗車です。

大勢のちびっこが待ちわびていました。

順番に乗り込んで、コースを1周します。

このうちの何人かが
大人になっても島にいて、消防団員になってくれるといいですね。
posted by mulberry at 10:34| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

シマイスノキの花

P1090142.JPG

1/12  旧11/22  晴れ

低木林で
シマイスノキ(マンサク科・固有種)の花が咲いているところがあります。

花びらはないのですが、
おしべの葯が赤くて、目立ちます。

近づいてい見ると、赤い葯ばかりですが、
花の上部の方に白っぽいめしべもついています。

一般的には
上部が両性花、下部は雄花ということです。

シマイスノキ、
乾性低木林の代表選手です。
posted by mulberry at 07:55| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする