2014年12月05日

ウチダシノクロキも花期かな?

PB131246.JPG

小笠原のハイノキ属、クロキの仲間は3種あります。
いずれも固有種です。

そのうち
父島ではチチジマクロキウチダシクロキが自生しています。

どちらも
自生している場所を知っています。

しかし、ルート規制ができてから
ルート沿いにないウチダシクロキは見ることができなくなりました。

今頃、
ウチダシクロキも写真のような花をつけているのでしょうね。

花は5裂で、おしべは多数です。

葉の形に特徴があり、
縁がカールして裏側に巻き込んでいます。
posted by mulberry at 14:17| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

炭焼き体験

PC049994.JPG

PC049995.JPG

12/5  旧10/14  曇り

昨日は
洲崎国有林内で炭焼き体験してきました。

炭材は
外来種駆除で出たトクサバモクマオウ(モクマオウ科・外来種)などです。

3つの窯を使いました。

写真のはサイズの違う3段で林試式というもの。

体験参加者も
薪を詰めるところから手伝いました。

もう1つは
地面に開放型で一段の窯を置き、薪をどんどんくべるやり方。

たき火とあまり変わらないやり方。
これは、地面にまくような炭ができます。


昨日は体がよくいぶされました。笑
洗濯物にはにおいが染みついていました。
posted by mulberry at 07:53| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

父島の朝…曇り

2014120507020000.jpg
posted by mulberry at 07:03| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

南島に波打ち寄せる・・

PC039938.JPG


12/4  旧10/13  晴れ

昨日は南島植生回復作業でした。

海はやや荒れ気味の中出かけていきました。

作業場所は北部で、
写真は北部西側の様子です。

北西からのうねりが当たっています。

南島は父島の西側にある島です。
台風の時などもっとすごい波が当たります。

そんな時に
外側の地形が崩れたりすることもまれにあります。

石灰岩なので、岩はもろいですね。
posted by mulberry at 07:30| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

父島の朝…薄雲

2014120406540000.jpg
posted by mulberry at 06:55| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2014年12月03日

父島の朝…どんより

2014120306370000.jpg
posted by mulberry at 06:38| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2014年12月02日

アカガシラカラスバトの頭は真っ赤ではありません(笑)

PB309902.JPG

最近、
山の中でアカガシラカラスバトに出会う機会も増えています。

ツアー中だと、
当然、参加者も一緒です。

実際見ると、
それほど頭が赤く見えるわけでもありません。

アカガシラというくらいなので、
もっと赤みが強いと思っている方も多いようです。笑

森の中で出会うと、
暗いので、その赤味もわからないくらいです。

名前と実際の色は
ややギャップがあるようですね。

posted by mulberry at 13:59| Comment(0) | 野生生物 | 更新情報をチェックする

「PTA再活用論」(川端裕人)


PTA再活用論 悩ましき現実を超えて

本書は著者のPTA活動体験を踏まえた
PTA入門書といったところでしょうか。
http://www.chuko.co.jp/laclef/2008/10/150294.html

1.2章で
PTAの活動や組織について書かれています。

3章では著者が考える
PTAの今後のあり方について書かれています。

4章では
具体例として和田中のことが書かれています。



僕は今年度から
小笠原小・中学校PTA会長です。

世の一般的なお父さんと同様、
僕もPTAは妻任せでしたので、今年度、勉強中です。苦笑


PTAは
入退会自由な任意加入の社会教育関係団体です。

知ってました?

小笠原小・中学校のPTA会則にも
会員についての項目はありますが、入退会のことは触れていません。

小笠原小・中学校PTAの目的は、
学校教育の充実と向上のため、
学校と家庭及び地域社会との連携を密にするとともに、
児童・生徒の健全育成及び会員相互の親睦と研修を図ること。

活動として、
学校行事などに協力、参加、
会員相互の親睦・研修のための講演・見学・懇親会など、
その他、必要な活動。

として、
文化厚生部、校外生活指導部、選挙管理委員会、サークル活動などが動いています。
posted by mulberry at 10:23| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

ムニンタイトゴメの花

PC019907.JPG


12/2  旧10/11  曇り

父島の岩場で
ムニンタイトゴメ(ベンケイソウ科・固有種)の花が咲き始めていました。

岩場にわずかに生える小さな草本です。

写真の個体も
実物は背丈5㎝以下です。

花は黄色で5弁、
おしべ10本、めしべ5心皮あります。

時期としてはこれから花の旬な時期を迎えます。

ただし、
ルート沿いで見られる場所は限られています。
posted by mulberry at 08:18| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

父島の朝…ぽつぽつ雨

2014120207190000.jpg
posted by mulberry at 07:20| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2014年12月01日

「色彩を持たない 多崎つくると、 彼の巡礼の年」(村上春樹)


色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

多崎つくる(たざきつくる)は、
その後、木本沙羅とうまくいったのでしょうか?

そこまでで、この小説は終わりです。

木本沙羅は
多崎と関係をも持っている女性。

彼女のアドバイスで
過去の不可思議な出来事としっかり向き合うことになったつくる。

そしてそこで再会した女性からのアドバイスで、
木本沙羅にもしっかり向き合っていきます。


つくるのまわりには
色のつく名字の登場人物が多数出てきます。

ところが
多崎には色(色彩)がありません。

そして聞いている音楽の1つが
「巡礼の年」。

本書のタイトルは
それらにかけていることは間違いないのです。

実際に不可思議な過去を知ろうとすることが
巡礼という比喩なのでしょうか。


ところで著者は
ノーベル文学賞の近いといわれています。

仮にノーベル賞作家となっても、
1Q84や本書は学校の推薦図書には難しいでしょうね。

なぜなら
本文で直接的なセックス場面なども登場するからです。
http://hon.bunshun.jp/sp/tsukuru
posted by mulberry at 08:06| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

11/30、千尋岩

PB309900.JPG


11/30  旧10/9  曇り

僕のガイドは千尋岩コースでした。

参加者はご夫婦1組だけでした。

天気に恵まれ、
千尋岩の上は、暑いくらいの陽気でした。

帰路には
アカガシラカラスバトにも出会えました。

僕はこの1週間、
兄島、弟島、父島、それぞれでハトを見ました。
posted by mulberry at 07:30| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

父島の朝…晴れそう

2014120106540000.jpg
posted by mulberry at 06:55| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする