2014年07月18日

「島へ。」(2014年6月号)


島へ。 2014年6月号

「島へ。」2014年6月号は
母島が特集されていました。

1便で、父・母両島訪ねるのは
急ぎ足であまりお勧めしません。

2便かけておいでになれる方は
父・母ゆっくり楽しんでほしいですね。

父・母、それぞれ島の雰囲気の違いがあるので、
人によって好みは出るでしょうね。

それぞれの島民も
たぶんその好みで住んでいるんではないでしょうか。笑
http://kaifusha.com/newissue/index.html


posted by mulberry at 11:41| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

青空、テリハハマボウ、葉の緑と花の黄と赤

P7158077.JPG


7/18  旧6/22  晴れ

夏はやはり青空が似あいます。

そしてテリハハマボウ(アオイ科・固有種)。

通年で花は咲いていますが、
夏の方が圧倒的に花は多いですね。

海岸付近には
近縁のオオハマボウも咲いています。

この2種とも、
咲き始めは黄で、徐々に赤みを帯びてきます。

青空と、葉の緑と花の赤と黄
4色のコントラストいいですね。
posted by mulberry at 07:33| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

父島の朝…晴れ

2014071805370000.jpg
posted by mulberry at 05:38| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2014年07月17日

DVD「風立ちぬ」


風立ちぬ

「風立ちぬ」は昨年映画館で観ました。

DVDが発売になったので、
それでもう一度観ました。

夢と愛ですね。

主人公の
子供のころからの夢。

それが飛行機の設計。

そして
病を持った女性との愛。

その女性と
短い結婚生活を送ります。

2回目の視聴は
愛の方により関心が高まり観ました。

大人の映画ですね。
http://kazetachinu.jp/index.html
posted by mulberry at 15:17| Comment(0) | メディア | 更新情報をチェックする

「人はひとりで死ぬ」(島田裕巳)


人はひとりで死ぬ 「無縁社会」を生きるために

本書のタイトル、当たり前といえばあたり前。
人は死ぬときみなひとりなのです。

でも人がこだわるのは、
ご臨終の時に見守る人がいるかどうか、なのでしょう。

個人的には
もう死ぬんだからどうでもいいですけどね。

サブタイトルは「無縁社会」を生きるために。

人は田舎から都会に出て、一見無縁社会に出たようですが、
実は都会にも多くの有縁があります。

会社が最たる例ですね。

だから本当の無縁になるのは
リタイアした後かもしれません。

この本のキーワードとなるのは
有縁・無縁・創価学会・おひとりさまなどです。

死ぬ時の選択肢2つ。
1、有縁を大切にし、無縁死しないように努力すること。
2、無縁死を覚悟すること。

僕は2でいいですけどね・・・笑
http://www.nhk-book.co.jp/ns/detail/201101_3.html
posted by mulberry at 09:29| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

ムニンボウランの花

P7168107.JPG

父島でムニンボウラン(ラン科・固有種)の生えているところは
わずかしか知りません。

通常のルート沿いでは
僕の知っているのは1ヵ所でけです。

ちょうどそこの株が
花をつけていました。

地味ですね・・ 笑

アリが来ていたから、ちゃんと蜜はあるのでしょうね。

樹木に着生や寄生して形が似ているものとしては
ヒノキバヤドリギ(寄生)、マツバラン(着生)があります。

ヤドリギは種子植物、マツバランはシダ植物です。 
posted by mulberry at 07:56| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

父島の朝…曇り

2014071706550000.jpg
posted by mulberry at 06:56| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

巌流島

P6047500.JPG

2014年6月
巌流島を訪ねました。

下関の唐戸から船で10分ほどでつきます。

島といっても
泳いで行けそうな距離しか離れていません。

武蔵・小次郎の決闘が
小さな伝馬船で行ったのもよく理解できます。

巌流島はとても有名ですが、
あまり期待しないで行った方がいい島ですね。笑
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub3-87.html
posted by mulberry at 17:09| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

7/16森歩き・・傘山

P7168104.JPG

7/16
僕のガイドは森歩き。

2組5名様でした。

午前はガジュマル林で木登りして、
そのあと、傘山の岩山へ。

そこで記念撮影。

今日の山の上は
曇って風もあったので、涼しく楽しめました。
posted by mulberry at 16:14| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

シマサルスベリの花

P7168100.JPG

人家まわりでは
シマサルスベリ(ミソハギ科・外来種)の白い花が咲いています。

この花も近くで見るとおもしろい形です。

基部から糸状の柄が出て
その先に花びらがついています。

花弁は6枚以上ですね。

おしべは多数です。
めしべは1つです。

花の時期、
近くで観察すると何か発見がありますよ。笑
posted by mulberry at 07:44| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

父島の朝…山はガス

2014071606420000.jpg
posted by mulberry at 06:44| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

故永島辰次郎君碑文

P7158094.JPG

永島辰次郎の碑は
旧大村墓地内にあります。

永島氏の
来島は明治19年です。

その頃すでに
欧米系の人がタコノ葉細工をやっていました。

それを普及改良に努め、工芸品にまで質を高めました。

この碑は
当時の島司(今の小笠原支庁長)高崎襄氏が書いたものです。

碑の年月日は
大正6年11月13日です。

posted by mulberry at 14:22| Comment(0) | 歴史 | 更新情報をチェックする

父島の午前…穏やかな海

2014071510280000.jpg
posted by mulberry at 10:29| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

7/14夜、月の出

P7148073.JPG

7/15  旧6/19  晴れ

昨夜は
ナイトツアーがありました。

定番は
オオコウモリ探し、グリーンペペ探し、海岸夜行性生物観察です。

昨夜は月の出が20:00前くらいだったので、
東海上が見える場所へ月の出も見に行きました。

ちょっと雲があるかなという感じでしたが
水平線上からすぐに出てきました。

赤いお月さんです。

しばらくすると、
月もすっかり明るくなりました。

満月のあと数日は
タイミングと天気次第で、月の出が見れますよ。
posted by mulberry at 08:11| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

父島の朝…すっきり

2014071506520000.jpg
posted by mulberry at 06:52| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2014年07月14日

下関市みもすそ川公園長州砲

P6037461.JPG

下関市みもすそ川公園には
長州砲のレプリカが屋外展示されています。
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub14-4-21.html

幕末の馬関戦争の時
このあたりで使われたものです。

しかし外国船は
こんな狭い海峡に船を入れて怖くなかったのかしら?

陸のあちこちから船狙われたら
ひとたまりもないくらいの距離です。

日本はなめられていたんでしょうね。

みもすそ川とは
御裳裾川と書くようですよ。
posted by mulberry at 16:41| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

キバナキョウチクトウの花

P7148071.JPG

キバナキョウチクトウ(キョウチクトウ科・外来種)の花が
咲いています。

黄色の花で数も多いので、よく目立ちますね。

花の大きさは
ハイビスカスよりはやや小さいです。

父島には
キョウチクトウもありますが、これも外来種。

他にキョウチクトウと名のつく植物は
本種とオキナワキョウチクトウ(ミフクラギ)があります。

キョウチクトウ科自生種は
ヤロード(固有種)とテイカカズラ(広域種)です。

posted by mulberry at 09:17| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

7/13の夕日

P7138066.JPG

7/14  旧6/18  晴れ

昨夕、
用事があったので、車で出かけました。

タイミングよく、日没時間近くでした。

道路沿いで車停めて夕日を眺めました。

残念ながら
最後は雲の中でした。

でもまずまずでした。

夕日の景観の好みですが、
海だけよりも、アクセントに島や岩が入る方が好きですね。

夏の間しばらくは
扇浦海岸付近で夕日を見ることができます。

扇浦地区のお客様は歩いて見に行けますね。
posted by mulberry at 07:48| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

父島の朝…まずまず

2014071407100000.jpg
posted by mulberry at 07:11| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

父島の夕方…夕日

2014071318190000.jpg
posted by mulberry at 18:21| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする