2014年05月30日

オオシラタマカズラの花

P5247141.JPG

常緑つる性の
オオシラタマカズラ(アカネ科・固有種)

本州のシラタマカズラが近縁種のようです。

小笠原の植物で本州にあるものと種名が似ているものは
それが近縁種であることが多いですね。

本種はつる性ですが、
明るい林床で這って生えていることが多いです。

ただし、
先端の40-50㎝くらいが立ち上がっています。

道路沿いの林縁に生えているところもあります。

花は5裂の小花です。
posted by mulberry at 08:03| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2014年05月29日

5/30-6/8出張予定

明日5/30より内地出張します。

5/31東京着~大阪へ。

6/1三田方面  三原泊

6/2大久野島  徳山泊

6/3大津島  下関泊

6/4下関   広島泊

6/5呉・江田島  
  広島大所属の高校先輩と懇親  広島泊

6/6東京で自然公園研究会参加。  

6/7乗船です。

目いっぱい予定入れ込んだので、忙しいですよ。

さてどこで洗濯しよかな?
posted by mulberry at 17:05| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

5/29午前・午後:都立荒川工業高校、戦跡ツアー

P5297207.JPG

P5297212.JPG

5/29午前・午後と
昨日に引き続き荒川工業高校の戦跡ツアーでした。

午前8名、午後9名です。

午後は女子2名が入っていましたが、
学年で女子は4人だけだそうです。

午後のツアーは
一時、土砂降りの雨に見舞われました。
さすがにこの時はツアーも中断でした。
posted by mulberry at 16:32| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

オガサワラアザミの群落

P5257178.JPG


5/29  旧5/1  曇り

父島にも、ごく一部ですが、
オガサワラアザミ(キク科・固有種)の群落があります。

しかし父島列島で一番まとまって生えているのは、
きっと南島だと思います。

ただし、そういったまとまって群落があるのは、
内陸部の観光ルートにはないのです。

外周部などに多いのです。

植生回復作業で外周部を歩くと、
あちこちに群落があります。

大きく育った株が
5月くらいから花を付け出します。

実は、果実がついた後は株ごと枯れてしまいますので、
ちょっと汚い感じになります。苦笑
posted by mulberry at 07:05| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2014年05月28日

5/28午前・午後、都立荒川工業高校、戦跡ツアー

P5287205.JPG

P5287200.JPG

5/28午前・午後と
都立荒川工業高校の修学旅行生の戦跡ツアーでした。

午前4人、午後9人をガイドしました。

蒸し暑い日だったせいか、
午前も午後も生徒は何だかお疲れモードでしたね。

自分で選んだツアーででしょうから、
しっかり楽しんでほしいものです。

このあとナイトもあります。
posted by mulberry at 16:54| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

唯一の固有針葉樹:シマムロ

P5277194.JPG


5/28  旧4/30 曇り

シマムロ(ヒノキ科・固有種)は
集落エリアの清瀬の尾根筋でも見られます。

尾根筋の駐車場からすぐのところに
なかなか大きなシマムロがあります。

父島で見るシマムロは
たいていが低木性あるいは這うようなタイプです。

この写真のも低木性です。

よく見られる場所は
乾性低木林や岩石地などです。

高木性の樹林に入ると、
めったに目にすることはないですね。
posted by mulberry at 06:11| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2014年05月27日

千尋、無事修学旅行終了

P5277197.JPG

今日の船で
修学旅行の中学3年生が元気よく戻ってきました。

直前まで体調不良だった千尋も
体調がよくなったようで、ほっとしました。

長丁場の修学旅行。

昨日は千尋の誕生日。

急遽、小笠原観光局の友人に頼んで、
プレゼント代わりのクッキーを渡してもらいました。

おみやげもたくさん買ってきていました。

僕にも素敵な手拭いが2枚。
早速、1枚は午後のツアーで使わせてもらいました。
posted by mulberry at 17:51| Comment(0) | 家族 | 更新情報をチェックする

よく目立つヒギリの花

P5247159.JPG


5/27  旧4/29  晴れ
ヒギリ(クマツヅラ科・外来種・クレロデンドラム)の
赤い花がよく目立っています。

まとまって花をつけるので、なおさら目立ちます。

写真はそのアップです。
5裂の花ですね。

ヒギリは
人家の庭先に植えられています。

戦前の植栽が
野生化している場所もあります。

野生化しているものでは
人の背丈より大きくなってるのもあります。

常緑低木性です。
posted by mulberry at 07:25| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

「ひかりのあめふるしま 屋久島」(田口ランディ)


ひかりのあめふるしま屋久島

まるで
YNAC(屋久島野外活動総合センター)のPR本のようです。笑

解説もそこの社長さんだし。
登場人物としてMさん、Oさんがとても多いし。爆笑

このエッセイは
屋久島でのガイドツアー体験やそこでの出会いが書かれています。

著者は屋久島より前に
クジラ目当てで小笠原にも来ていたのですね。

でも小笠原にははまらなかった。苦笑

旅人の視点として
「旅に来て目にしたものを、その土地の常識と考えるのは誤解のもとなのだ。」

いい点に気付いていると思います。

島の自然と文化、出会いが素敵なエッセイになると、
その土地に行きたくなりますね。
http://www.gentosha.co.jp/book/b2884.html
posted by mulberry at 13:53| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

5/26、2014年の個人的初泳ぎ

P5267190.JPG

5/26午前
天気もいいので、青灯台で初泳ぎしてきました。

水はまだまだ冷たいですね。

22-23度くらいでしょうか。

正直、
入水の時はかなり気合が必要です。

泳ぎ出せば、やや慣れてきます。笑

これから夏のシーズン、泳いで日光浴と読書。

僕にとっての最大の癒しの時間帯です。

これがあるから、南の島はやめられません。
posted by mulberry at 13:29| Comment(0) | できごと | 更新情報をチェックする

小笠原小学校5年、小港キャンプの練習:テントはり

P5267189.JPG

1時限目
小笠原小学校校庭で5年生がテントはりの練習をしていました。

うちの旭も5年生です。

この夏、
5年生は小港キャンプがあります。

小笠原では野営や野宿が禁止されていますので、
キャンプする機会はほとんどありません。

できるとすると
せいぜい私有地や家の庭くらいなものです。

なので、
小港キャンプはとてもいい機会になります。

しっかり準備してほしいですね。

ちなみに僕の小笠原でキャンプ経験は
北硫黄島で4泊だけです。
posted by mulberry at 09:22| Comment(0) | 家族 | 更新情報をチェックする

シマカナメモチの花

P5247146.JPG


5/26  旧4/28  晴れ

シマカナメモチ(バラ科・広域分分布種)の花が
咲いています。

1つ1つの花は小さいですが、
まとまって半球状に咲いているので、よく目立ちます。

バラ科なので、
小さな花をよく見ると、5弁の花です。

本種の分布は
小笠原では父島列島だけのようですね。

広域分布種で
小笠原での分布が偏りがあるものはちょっと変な感じがします。

そこには何か人為があるのか、
あるいはそれも自然なのか、考え出すと夜も眠れません。ウソ・笑
posted by mulberry at 08:00| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

オガサワラアザミとジニービーチ

P5257182.JPG

南島植生回復作業に行ってきました。

今年度、
もうすでに11回目です。

4月4回、今月5月は7回です。

ガイド業がヒマなので、
こちらの作業頑張っています。苦笑。

さて、
この写真は昼休憩場所からです。

手前はオガサワラアザミ、遠くにジニービーチです。

こんな風景眺めながら、弁当食べています。

素敵な風景も
作業行くたびに毎回見ていると、さほど感動もないのですが・・・

贅沢ですね。
posted by mulberry at 16:20| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

半寄生するムニンビャクダンの花

P5247152.JPG

5/25  旧4/27  晴れ

ムニンビャクダン(ビャクダン科・固有種)の花が
咲いています。

父島では
それほど多くの個体があるわけではないのですが、
道路沿いでも見られる個体があります。

図鑑では半寄生の常緑低木と書かれています。

地下で寄生しているので、
確かめることはできませんね。笑

ビャクダンの花はかすかな芳香があります。

ただし漂うほどでなく、花を近づけてやっという感じです。
posted by mulberry at 07:16| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

リピーター向け山歩きコース・・巽ビューコース

P5046848.JPG

巽ビューコースとして
リピータ向けの山歩きコースをアップしました。
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub1-3-2.html

最終の目的地は
西海岸ビューポイントあるいは西海岸です。

入り口は
定番の北袋沢と巽終点口と2つ。

リピーターは巽終点口から行きましょう。
途中で中海岸のビューポイントもあります。

季節限定で
赤旗山、躑躅山、朝立岩も組み入れられます。

最少催行は2名様からです。
posted by mulberry at 16:06| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

「虹の岬の喫茶店」(森沢明夫)


虹の岬の喫茶店

小さな岬の先端にある喫茶店「岬カフェ」が舞台。
経営するのは初老の女性・柏木悦子。

景色はもちろん、
おいしいコーヒーと素敵な音楽がウリです。

そこに訪れる4人の客と1人の甥っ子の物語が
1章づつ描かれています。

そして最終章は主人公の章。
主人公の長年の大いなる勘違いも種明かし。

心温まる物語です。


この小説が原作で映画化されるそうで、
主人公は吉永小百合さん。

本のイメージにぴったりですね。

映画「ふしぎな岬の物語」
http://misaki-cafe.jp/

http://www.gentosha.co.jp/book/b7221.html
posted by mulberry at 10:09| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

モモタマナの雄花

P5167031.JPG


5/24  旧4/26  曇り

小笠原で海岸林御三家といえば
ハスノハギリ・テリハボク・モモタマナです。

モモタマナは幹や葉や果実が大型なのに
花はごく小さいのです。

穂状花序をのばし、脇に小さな小花をつけていきます。

先端部の方は雄花なので、花はおしべばかりです。

付け根付近に
雌花あるいは両性花をつけます。
posted by mulberry at 09:04| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

「藪の中」(芥川龍之介)


薮の中

本書は「藪の中」というタイトルですが、
他に「羅生門」「地獄変」「蜘蛛の糸」「杜子春」「鼻」が収められています。

いずれも短編なので、すぐ読み終えます。

じっくり考えながら読むには
このくらいの薄い本がかえっていいかもしれませんね。

以前に読んだことがものもあれば、
はじめて読むものもありました。

「藪の中」:
  藪の中で起きた殺人についての関係者の証言
「羅生門:
  羅生門での下人の行動
「地獄変」
  地獄変の屏風の物語
「蜘蛛の糸」
  地獄に落ちた男に伸びてきた蜘蛛の糸
「杜子春」
  仙人に試され目が覚める杜子春
「鼻」
  鼻にまつわる禅僧の悩み

http://bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2764598

posted by mulberry at 14:35| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

中学校の裏手で見つけたトキワハゼ

P5136999.JPG

学校に用事があって
中学校裏手の駐車場で見つけたのがこのトキワハゼ。

トキワハゼ(ゴマノハグサ科・外来種)は
草丈もわずかに数㎝程度です。

知らず知らずに踏みつけられタイプですね。

でも
よく見ると薄紅紫色のかわいい花をつけています。

花の作りも面白く、
上唇より下唇が長く、上唇はわずかに2裂、下唇は3裂しています。

「種子がすぐ発芽し、じきに花を咲かせ、
 いつでも花が見られるところから常盤(ときわ)ハゼ」だそうです。
(日本の野生植物Ⅲ)より


日本の野生植物 草本 3 新装版


posted by mulberry at 06:09| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

5/22、阪急旅行さんのツアー

P5227121.JPG

5/22
うちのガイドは阪急旅行社さんのツアーでした。

添乗員さんとで10人だったので、
車の定員の関係で、ガイドは僕と妻と2人です。

いつもは記念写真的に撮るのですが、
今日は森の中の一コマです。

ちょっとジャングルっぽい感じで。
いい雰囲気です。
posted by mulberry at 16:33| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする