2014年02月20日

父島の朝…風強い

2014022006560000.jpg
posted by mulberry at 07:01| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

ムニンシラガゴケとヒバゴケ

P2126001.JPG

画像上の方がムニンシラガゴケ(コケ・固有種)で、
下の方がヒバゴケ(シダ・広域分布種)です。

どちらも名前の最後にコケがつきますが、
ヒバゴケはシダの仲間です。

こういう名前のつき方が
和名の紛らわしいところですね。

両者とも
父島では高木性の林内でよく見られます。

画像は
両者がくっつきあって生えているところです。

posted by mulberry at 14:22| Comment(4) | 植物 | 更新情報をチェックする

HP:父島の地質写真紹介

昨日、地質の実地講習を受けたのですが、、
もっと以前に講習を受けた時の記録です。

マルベリーのHPでアップしてある
「父島の地質写真紹介」です。
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub3-56.htm

2007年、2009年に
海野進教授から実地講習を受けた時のものです。

posted by mulberry at 10:11| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

オガサワラグミの果実

P2186067.JPG


2/19 旧1/20 曇り

昨年11月ごろに
オガサワラグミ(グミ科・固有種)の花の記事を書いています。
http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/386999243.html

今回は果実の話題です。

そろそろ熟れて赤みがついてきました。

果実の長さは2㎝ほどです。

人が食べることもできます。

ただし、ちょっと渋みがあるので、
僕はそう旨いと思ったことはないです。

本種は
展望台周辺でも見られます。

posted by mulberry at 08:07| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

父島の朝…曇り、シケ

2014021907070000.jpg
posted by mulberry at 07:12| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

東日観光さんのガイド

P2166048.JPG

先便で
東日観光さんもガイドをしました。

千葉在住のグループの方を
東日観光さんアレンジでの小笠原ツアーでした。

この日は
大シケなのが眼下の海見ればよくわかりますね。

うちのガイド担当は
2/16日中一日だけでした。
posted by mulberry at 16:51| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

2/18午前、陸域登録ガイド対象、地質の現地研修会

P2186071.JPG

2/18午前、
小笠原陸域登録ガイド対象で、地質の現地研修会がありました。

講師は、
OWAに研修できている、金山恭子さん(金沢大学理学博士)です。

現場は長崎付近でした。

このあたりの地質は
以前に海野進氏にも実地講習を受けています。
(海野氏は彼女の指導教官にあたる)

それでも
また新しい学びがいくつかありました。

ただしこれをツアー参加者にうまく面白く伝えるには、
もっともっとねらないといけませんね。

旅行社・観光客の皆さん、
小笠原でジオツアーもいかがでしょうか。
posted by mulberry at 14:17| Comment(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

ピタンガの花

P2166051.JPG


2/18  旧1/29   晴れ

ピタンガ(フトモモ科・外来種・別名カボチャアデク)の花が
咲いていました。

小笠原では
おもに生垣として植えられています。

だから見られるのは
集落エリアの人家や施設のあるところです。

小笠原にはフトモモ科の植物でよく見るものに
キバンジロウ(グァバ・外来種)やヒメフトモモ(固有種)があります。

ピタンガの花もそれらの花に似ています。

posted by mulberry at 07:42| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

父島の朝…晴れるかな

2014021807050000.jpg
posted by mulberry at 07:06| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

2/17午前、アカガシラカラスバトに出会う

P2176057.JPG

2/17午前のツアーでは夜明山山中を歩きました。

歩き出して5分くらいのところで
道の上を歩くアカガシラカラスバト(あかぽっぽ)が2羽。

そっと近づいて足を見ましたが
どちらも足環なし。

2羽のハトは
そのうち、だんだん道から外れて森の中に消えていきました。

戻りに同じ場所を通りましたが
その時には気配はありませんでした。

このハトは希少性から観光客が見たがる鳥の1つですが、
陽が差さない場所で見ると、ただの黒い地味なハト。

そんなに面白いものでもないですよ。笑
posted by mulberry at 15:46| Comment(0) | 野生生物 | 更新情報をチェックする

2/17午前、戦跡ツアー

P2176060.JPG


2/17午前は戦跡ツアーでした。

参加者は広島からのご夫婦1組でした。

夜明山山中を歩きだしてすぐに
アカガシラカラスバト2羽に遭遇しました。

写真は
野ざらしの十二糎高角砲です。
posted by mulberry at 15:32| Comment(0) | 戦跡 | 更新情報をチェックする

早朝、三日月山の稜線付近の月

P2176055.JPG

2/17  旧1/18  晴れ

一昨日は満月でした。
きれいな満月がよく光っていました。

昨日も
まだ丸に近い状態でした。

今朝、自宅のベランダから、三日月山方面を眺めると
沈む前の丸い月がよく見えていました。

この2-3日は
まだ朝起きた時に、同じ方向に月が見えますね。

西の空の沈む前のお月さんでした。
posted by mulberry at 07:24| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

父島の朝…晴れ、月

2014021706040000.jpg
posted by mulberry at 06:05| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

2/16、大シケの海・・

P2166047.JPG

2/16  旧1/17 晴れ
関東地方で大雪をもたらした低気圧が抜け
西高東低の気圧配置に。

小笠原では昨日から海はしけていましたが、
今朝は一段と大シケです。

ははじま丸も欠航のようです。

となると
船のツアーも中止の判断のところが多くなることでしょう。

仮に出ても、大波を乗り越えてとなるので、
かなり大変です。

幸い、天気はまずまずなので、
島の中にいる分にはあまり影響ありません。

こんな日は
島の中でのんびり楽しむのがおすすめですね。

posted by mulberry at 07:15| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

父島の朝…大シケ

2014021606430000.jpg
posted by mulberry at 06:44| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

2/15山歩き・・千尋岩コース

P2156044.JPG

2/15
僕のガイド担当は千尋岩コース。

参加者は3名で、
今年卒業の医者の卵さんとハネムーンのカップル。

午前、往路の途中から雨模様でした。

千尋岩に着いた直後もまだ雨でしたが
のち晴れ間が出て回復しました。

ただし風は強風で
風の陰に行かないと弁当も食べられないくらいでした。
posted by mulberry at 15:32| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

カスミヒメハギの花

P2126022.JPG

2/15  旧1/16  曇り

カスミヒメハギ(ヒメハギ科・外来種)は一年生草本です。

山頂や展望台付近の土壌の浅い場所によく生えています。

父島では
わりと広範囲にあちこちで見られます。

背丈は20-30㎝ほどで
花もごく小さいものです。

可愛い草花ですが、外来種なので、
雑草扱いです。
posted by mulberry at 07:27| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

父島の朝…曇り、強風

2014021506410000.jpg
posted by mulberry at 06:42| Comment(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

独断と偏見に満ち満ちた父島パワースポット紹介

僕が独断と偏見で選んだ父島パワースポットです。
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub1-powerspot.html

1-6位まで選んでいますが
あまり順位は気にしないで下さい。

千尋岩、ガジュマル林、傘山山頂、東平サンクチュアリーバッファーゾーン、
ウェザーステーション展望台、星空です。 

文句ある人もいることでしょうが、
受け付けません。笑

旅行社のみなさま、
父島のパワースポットを巡るツアーを作りましょう。
posted by mulberry at 15:42| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

「地衣類のふしぎ」(柏谷博之)


地衣類のふしぎ コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの“植物”の正体とは?


「地衣類のふしぎ」
http://www.sbcr.jp/products/4797341539.html

著者の柏谷博之(かしわだにひろゆき)氏とは
2013年に一度お会いしました。

調査で来島時に、
夜の宴でご一緒させてもらいました。笑

地衣類は自然の中に出るとよく見るのですが、
なじみが少ないですよね。

地衣類は菌類と藻類の共生体です。
分類学上は菌類です。

コケではありません。

この本は一般向けですが、
やはりなじみないだけに、ちょっと難しかったです。
posted by mulberry at 10:00| Comment(0) | 地衣類 | 更新情報をチェックする