2014年02月17日

早朝、三日月山の稜線付近の月

P2176055.JPG

2/17  旧1/18  晴れ

一昨日は満月でした。
きれいな満月がよく光っていました。

昨日も
まだ丸に近い状態でした。

今朝、自宅のベランダから、三日月山方面を眺めると
沈む前の丸い月がよく見えていました。

この2-3日は
まだ朝起きた時に、同じ方向に月が見えますね。

西の空の沈む前のお月さんでした。
posted by mulberry at 07:24| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

2/16、大シケの海・・

P2166047.JPG

2/16  旧1/17 晴れ
関東地方で大雪をもたらした低気圧が抜け
西高東低の気圧配置に。

小笠原では昨日から海はしけていましたが、
今朝は一段と大シケです。

ははじま丸も欠航のようです。

となると
船のツアーも中止の判断のところが多くなることでしょう。

仮に出ても、大波を乗り越えてとなるので、
かなり大変です。

幸い、天気はまずまずなので、
島の中にいる分にはあまり影響ありません。

こんな日は
島の中でのんびり楽しむのがおすすめですね。

posted by mulberry at 07:15| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

2/15山歩き・・千尋岩コース

P2156044.JPG

2/15
僕のガイド担当は千尋岩コース。

参加者は3名で、
今年卒業の医者の卵さんとハネムーンのカップル。

午前、往路の途中から雨模様でした。

千尋岩に着いた直後もまだ雨でしたが
のち晴れ間が出て回復しました。

ただし風は強風で
風の陰に行かないと弁当も食べられないくらいでした。
posted by mulberry at 15:32| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

カスミヒメハギの花

P2126022.JPG

2/15  旧1/16  曇り

カスミヒメハギ(ヒメハギ科・外来種)は一年生草本です。

山頂や展望台付近の土壌の浅い場所によく生えています。

父島では
わりと広範囲にあちこちで見られます。

背丈は20-30㎝ほどで
花もごく小さいものです。

可愛い草花ですが、外来種なので、
雑草扱いです。
posted by mulberry at 07:27| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

独断と偏見に満ち満ちた父島パワースポット紹介

僕が独断と偏見で選んだ父島パワースポットです。
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub1-powerspot.html

1-6位まで選んでいますが
あまり順位は気にしないで下さい。

千尋岩、ガジュマル林、傘山山頂、東平サンクチュアリーバッファーゾーン、
ウェザーステーション展望台、星空です。 

文句ある人もいることでしょうが、
受け付けません。笑

旅行社のみなさま、
父島のパワースポットを巡るツアーを作りましょう。
posted by mulberry at 15:42| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

「地衣類のふしぎ」(柏谷博之)


地衣類のふしぎ コケでないコケとはどういうこと?道ばたで見かけるあの“植物”の正体とは?


「地衣類のふしぎ」
http://www.sbcr.jp/products/4797341539.html

著者の柏谷博之(かしわだにひろゆき)氏とは
2013年に一度お会いしました。

調査で来島時に、
夜の宴でご一緒させてもらいました。笑

地衣類は自然の中に出るとよく見るのですが、
なじみが少ないですよね。

地衣類は菌類と藻類の共生体です。
分類学上は菌類です。

コケではありません。

この本は一般向けですが、
やはりなじみないだけに、ちょっと難しかったです。
posted by mulberry at 10:00| Comment(0) | 地衣類 | 更新情報をチェックする

事務所のそばにアカガシラカラスバト(あかぽっぽ)

P2136029.JPG


2/14  旧1/15  晴れ

うちの事務所は
西町、のトマトン(手作りお菓子・土産)の奥にあります。

事務所のわきには
トマトンさんの裏庭があります。

昨日4時過ぎ
トマトンのスタッフがハトがいるようって声をかけてくれました。

出て見ると、
すぐそばの雑草が茂る中にアカガシラカラスバトがいました。

見た目は赤みが少なく若鳥のようですね。

このあたりで餌になるものといえば
トウガラシ・ジュズサンゴ・ギンネムの種くらいでしょう。

しばらくすると、裏山の方へ飛んでいきました。

また来るかしら?
posted by mulberry at 07:37| Comment(0) | 野生生物 | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

ノヤシの幼樹

P2126006.JPG


ノヤシ(ヤシ科・固有種)もブログ記事初記載です。

写真は
発芽してまだ1-2年(?)の幼樹のもの。

面白い形をしています。

少し大きくなると
だんだん葉の形が成木のものと似てきます。

成長すれば立派な高木になり、
20mくらいのものもあります。

日本国内で
在来のヤシはわずか5種類ほどです。

その中での日本固有のヤシ科は3種。

うち2種は小笠原固有種。
本種とオガサワラビロウです。



小笠原の植物フィールドガイド


posted by mulberry at 14:43| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

ムニンゴシュユの葉

P2126005.JPG


ムニンゴシュユ(ミカン科・固有種)を
このブログで紹介するのは初めてです。

ルート沿いにないわけではないのです。
ただ、目立たない小高木の樹木です。

僕は、ここ何年か、
ちゃんと花や果実を見ていません。

紹介する写真は葉の部分です。

シロテツの葉に似た感じですが。
3出なので、それが見分ける特徴です。

漢字で書くと
無人呉茱萸と書きます。


小笠原の植物フィールドガイド 2



posted by mulberry at 10:52| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

ヒリュウシダの胞子嚢群

P2126015.JPG

シダ・フェチ向けの記事です。

こういう胞子嚢群(ソーラス)の写真のせると、
気持ち悪いいという人もいるようですが・・苦笑

ヒリュウシダ(シダ・シシガシラ科・広域分布種)は
父島の南部の山中ではルート沿いに普通に生えています。

小笠原での分布は父島だけのようです。

葉は叢生し、大型で、
人の背丈近くまでになります。

そして
葉の裏がこの写真です。

胞子嚢群が
羽軸の両側に線形につきます。
posted by mulberry at 07:54| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2014年02月12日

ハチジョウクサイチゴの花

P2126011.JPG

ハチジョウクサイチゴ(バラ科・広域分布種・別名シマミツバキイチゴ)の花が
咲いています。

とある林縁で
雑草のように本種が生えている場所があます。

そこでは
もうそこそこ花をつけています。

イチゴの野生種は
もう1種、チチジマキイチゴがあります。

2種とも分布は父島だけです。

ハチジョウクサイチゴは広域分布種なのに、
小笠原では父島だけというのは不思議ですね。
posted by mulberry at 16:30| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

学割キャンペーン:2-3月学生グループ限定20%オフ

「2-3月限定学生グループ旅行特価」

直接メール予約限定

5人以上でメール予約いただくと
ツアー基本価格から20%オフ
価格例 一日9000円(弁当込)→7200円
半日5000円→4000円
ナイト 4000円→3200円

*ツアー当日、総額をまとめてお支払い下さい。
*お申し込みは乗船前までに
*クーポン券との併用はできません
*特価ツアーでの適応はできません 
#学生証の提示が必要です

予約時には
希望ツアー・宿名・代表者名・年齢層・人数・携帯番号など
お知らせください。
メール yoshii@d5.dion.ne.jp
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub5.htm
posted by mulberry at 10:59| Comment(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

シマツレサギソウ、間もなく開花

P2126002.JPG


2/12  旧1/13  曇り

シマツレサギソウ(ラン科・固有種)が
間もなく開花します。

以前からチェックしていたのですが、
あと一息ですね。

開花すると
写真で、先端の白くふくらんでいるところが開きます。

花は、
弱いですが、芳香もあります。

小笠原で
今の時期に開花しはじめるラン科植物は本種だけですね。
posted by mulberry at 09:29| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

2/11午前、森歩き・・卒業旅行大学生男子2人

P2115991.JPG


1/11午前、森歩きツアーでした。

参加者は2名で
卒業旅行の大学生男子2名でした。

写真は
巽道路終点の岩山の上で。

4月からの社会人、頑張ってください。
posted by mulberry at 15:02| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

シマウツボの花

P2105986.JPG

2/11  旧1/12  曇り

以前から顔を出し始めていた
千尋岩付近のシマウツボ(ハマウツボ科・固有種)。

昨日、通ったら、
花を咲かせ始めている株がありました。

この写真ではわかりにくいですが、
茎の途中で、口を開いているところが花です。

背丈はせいぜい10㎝前後です。

本種は山地に生え、
樹木の根に寄するようです。

2-3月、
千尋岩コースの楽しみの1つです。
posted by mulberry at 07:29| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2014年02月10日

2/10、常磐ツーリストさんと千尋岩

P2105988.JPG


2/10の山歩きは
常磐ツーリストんのガイドでした。

常磐ツーリストさんは福島県いわき市にあります。
スパリゾートハワイアンズに近いそうです。笑

小笠原ツアーは13人+添乗員で来島です。

今日の参加者12名でしので、
ガイドは僕と妻2人で2チームに分けました。

年配者主体でしたが、無事全員完歩しました。

千尋岩の上では
ザトウクジラのブリーチングも何度か見れました。
posted by mulberry at 15:36| Comment(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

テリハハマボウの花

P2055962.JPG


2/10  旧1/11 曇り
テリハハマボウ(アオイ科・固有種・島名モンテンボク)は
一年中、花をつけています。

高木性の樹木ですが、低木性のエリアでも見られますので、
山地にはどこでもあると思っていただいて構わない感じです。

咲いてすぐレモンイエローという感じの色ですが、
しばらくするとやや赤みを帯びてきます。

2日目あるいは3日目には
赤くなった花が地面に落ちてしまいます。

海岸付近には、
近縁種のオオハマボウ(広域分布種)もあり、よく似ています。

http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83e%83%8A%83n%83n%83%7D%83%7B%83E&vs=http%3A%2F%2Fogasawara-mulberry.seesaa.net%2F&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis

posted by mulberry at 07:24| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

オオハマボッスの花

P2015930.JPG

2/1に行った兄島の見返山北峰の上で
オオハマボッス(サクラソウ科・固有種)が1株だけ咲いていました。

他にも何株か見たのですが、
咲いているのはこの1株しか見つけられませんでした。

同じ時期に南島にも行っていますが、
そちらでもまだ花はほとんど見られていません。

これからボチボチというところでしょうか。

ちなみに本種は父島でも見られます。

オオハマボッスは大浜払子と書きます。
花序の様子を払子に見立てたようですが・・
posted by mulberry at 16:35| Comment(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

「門」(夏目漱石)

101006.jpg

「それから」と同様、
不倫を題材にした小説です。

タイトルの「門」は主人公・宗助が苦悩の末に、
禅寺の門をくぐる場面があり、それをタイトルにしたということでしょうか。

宗助は友人・安井の妻・お米と
一緒になって暮しています。

2人の関係そのものは良好なのですが、
その2人の成り行きから、ひっそりと暮らしています。

宗助には小六という弟があり、
親の死後、親戚に預けていましたが、それもできなくなります。

宗助の家に小六を引き取ることになります。

宗助の大家さんからは、
かつて宗助が裏切った友人・安井が来るということ聞きます。

その後、宗助は禅寺の門をくぐって、
10日間ほど過ごしますが、悟ることはありませんでした。

戻ってみると、安井はもうすでに外国へ、
小六は大家さの家の書生にと、事態は解決の方向に。

でも宗助の心は
「うん、しかしまたじき冬になるよ。です。
http://www.shinchosha.co.jp/book/101006/
posted by mulberry at 08:10| Comment(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2/9、海はしけています

P2095985.JPG


2/9  旧1/10  曇り
昨日午後からは雨模様の天気でした。

今朝、天気は回復傾向です。

ただし、
西側の海はしけ模様です。

ツアー中止にする
船業者さんもありそうな感じです。

今日のホエールウォッチングは
なかなか大変そうな感じです。

東や南側の方が、
それほど悪くなければいいのですが・・・
posted by mulberry at 07:35| Comment(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする