2013年12月03日

JR東海「クリスマスエクスプレス」、いいね!!

http://www.youtube.com/watch?v=UwrAsaS5KbQ


ユー・チューブ見ていて、目に留まったのがこれ、
JR東海のCM「クリスマスエクスプレス」。

1988-1992の期間だけだったのですね。

でも、かなりインパクトのあるCMでした。

僕も20代後半で
ちょうど独身のいい年頃でしたからね。

遠距恋愛はしていませんでしたが・・

「そうだ京都、行こう。」ではないですが、
このCMも、復活して定番でやってほしいものですね。

もちろん歌はこのままで。
いつまでたってもあせない歌です。



posted by mulberry at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | 更新情報をチェックする

中2の職業体験・・うちの千尋も・・

PC034951.JPG


小笠原中学校では
今日から3日間、中2が職業体験実習です。

うちの千尋も中2なのです。

生徒それぞれが
希望の事業所で働きます。

千尋は
マルヒという土産物、文具を取り扱っているお店です。

先ほど近くに用事があったので、
ちょっとのぞいてきました。

ちょうどレジの近くで
おみやげ品のパッケージの箱の組み立て作業をやっていました。

この3日間で
いろんな体験をさせてもらえるそうです。

ご協力いただけるお店に感謝です。


posted by mulberry at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | 更新情報をチェックする

「君主論」(マキアヴェリ)

204012.jpg



16世紀初頭
イタリア・フィレンツェの官僚であったアキアヴェリ。

当時、イタリアは小国に分かれていて、
周辺の強国から攻められることもありました。

マキアヴェリは
そういう情勢をよく知り、かかわる立場にあったのです。

官僚としてよく分析していたのだと思います。

マキアヴェリは政変で官僚を解任されてのち、
書き上げたのがこの「君主論」。
http://www.chuko.co.jp/bunko/2002/04/204012.html

この本を
献呈した相手はロレンツォ・デ・メディチです。
ただし、実際には彼の目には触れなかったようです。


君主とは
その頃の国の政権を取る人物を指しています。

全部で26章となっています。
内容は解説によると
「1-11章:国の分類と、征服と維持の手段
 12-14章:攻撃・防御の軍事的側面
 15-23章:君主の資質
 24-26章:新君主待望論、運命論、新君主への期待」

今でも
長となる人がその組織をうまく維持るにあたり、
ヒントになるのではないでしゅいか。

posted by mulberry at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

西町でアオサギ

PC024949.JPG


12/3   旧11/1  曇り


昨日朝、
事務所前の川沿いで見たアオサギです。

父島では
冬期にたまに見かけます

父島の留鳥では
大きな鳥はほとんどいません。

せいぜいオガサワラノスリ(固有亜種)くらいのものです。

ただ、冬場は渡りで島に滞在するサギ類を
よく見かけるようになります。


さてこのアオサギも
当分この島にいるのでしょうか?
posted by mulberry at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生生物 | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

「Q&A 野菜の全疑問」(高橋素子)

257342-1.png

「Q&A 野菜の全疑問」
http://bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2573423

著者によると
「本書は、野菜の料理法や栄養のみならず、
 歴史、保存法から遺伝子組み換え農作物まで、
 ・・・八百屋さんですら意外と知らない疑問全106問を、
 Q&A形式でわかりやすくまとめた本です。」
 
読んでみると、野菜のこと、
意外と知らないこと多いです。


ではたとえば
Q6:日本で飲み食べられている野菜ってあるの?

正解は・・・ゴボウ。

知ってましたか。


野菜はもちろん植物です。

こういう雑学的なことも知っておくと、
山のガイドさんがネタになることもあるかもしれませんよ。笑

posted by mulberry at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

「欲望のメディア」(猪瀬直樹)

_1.jpg


今、話題の都知事の本。笑

僕が読んだのは文庫ですが、
もとは1990年11月に発行されています。
http://www.shogakukan.co.jp/books/detail/_isbn_9784094088083

端的にいえば
テレビの技術開発とテレビ放送の歴史が凝縮されています。

第1章遠視鏡の夢では
技術者・高柳健次郎の技術開発が主に語られています。

そして2章以降では
技術開発も絡みながら、テレビ放送の歴史が語られれいききます。

2章は正力松太郎を軸に
テレビ放送開始の経緯が語られます。

3章では
力道山を軸に、いかに大衆化し、発展していったかが語られます。
さらに田中角栄を軸に系列化やネットワーク化が語られます。

終章では
衛星放送やハイビジョンについて語りるとともに、総括となっています。

テレビという電波事業は初期から現在に至るまで免許事業という点で、
官の足枷が非常に多いということもよくわかります。


こんな本を書いた著者が政治家となって、
最近は負の話題でメディアに登場しているのは
この本の番外編なのでしょうか????苦笑

posted by mulberry at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

12/2今朝も雨、秋の長雨?

PC024950.JPG



12/2  旧10/30 雨

今朝もシトシト雨です。

ここ1週間ほどは
ずっとさえないお天気が続いています。

雨も多いです。

土砂降りの時もありましたね。

小笠原の降水量は
統計的には5月の梅雨時と11月の秋雨前線時に雨が多くなっています。

今年は
ちょどいまそんな感じなのかしら?

このあたりで
気温もぐっと下がってきたし。

明日くらいまでは悪そうです。

http://www.jma.go.jp/jp/gms/
posted by mulberry at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

父島の朝…また雨

2013120206290000.jpg

posted by mulberry at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

映画「図書館戦争」(DVD)

85503415_1.jpg

「図書館戦争」、
有川浩原作小説の映画化です。

シリーズ小説はすでに読みました。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/11186870.html
http://www.kadokawa.co.jp/toshokan-sensou/arikawahiro/

図書館を舞台に広げられる検閲闘争をテーマにした、
主人公2人(女性隊員と上司の隊員)のラブストーリーです。

女性主人公は茨城出身。
映画の中でもそうとわかるセリフが少しあります。

映画では闘争場面がそれなりに出てくるので、
この場面は小説以上に緊張感があります。

小説では主人公2人は夫婦になるまで描かれていますが、
この映画では女性が上司にあこがれる場面まででしたね。

4冊シリーズの小説を2時間の映画にするには、
場面の選択が難しかったかと思います。

うまくまとめていたかと思います。
映画の配役も小説のイメージにあっていました。
http://www.toshokan-sensou-movie.com/index.html
posted by mulberry at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | 更新情報をチェックする

朝日をうけてははじま丸

PC014942.JPG


12/1  旧10/29  曇り

今朝は
数日振りに朝日が差しています。

まちから見ると
旭山の近くから朝日がのぼるんです。

今日の写真は
二見岩壁からのははじま丸です。

今朝はおがさわら丸出港日のため、
ははじま丸は午前中のうちにひと仕事。

父・母の往復です。

父島の人にとってはあまり重きを置いてませんが、
母島の人にとってはこの船が何より大事。

おがさわら丸同様、
ははじま丸も新造船が検討される時期になっています。


posted by mulberry at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする