2013年04月15日

「空気と戦争」(猪瀬直樹)

9784166605835.jpg


昭和16年後半、
政府・大本営連絡会議でも戦争突入に対して意見が割れていました。

昭和16年ごろの
陸軍省燃料課のデータや模擬内閣のシュミレーションからすると、
非常に厳しい見方ができました。

しかしそれにもかかわらず、戦争突入。

開戦派に押し切られたのは確かでしょう。

そこには捻じ曲げられた数字の存在もありました。

だから決して空気だけで戦争に入ったわけではないのです。

そこには
根拠となる捻じ曲げられた数字の存在があったのです。


そして最終章では
現代でも同じことが繰り広げられていることが。

道路公団民営化の時に
国交省がデータを意図的にごまかしていることが書かれています。


「数字を誤魔化すと国が滅びる」
「官僚独裁がこの国の戦前戦後を通して行われてきていた」
「政治家の腕力と官僚の作った統計で決まってきたものが
 正しい事実と数字で覆すことができるのだ。」

http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784166605835

しかし、猪瀬氏の言う正しい事実と数字、
これを見極めるのがすごく難しいと思います。



posted by mulberry at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

海上保安庁 PLH22「やしま」

P4150200.JPG



4/15の二見岸壁には
海上保安庁巡視船「やしま」PLH22が停泊しています。


天気が悪いと、
船も寂しげですよ。

過去記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A4%E4%A4%B7%A4%DE
posted by mulberry at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

ムニンネズミモチの花

P4080151.JPG


ムニンネズミモチ(モクセイ科・固有種)の花が
咲き始めています。

実がネズミのフンに似て、葉がモチノキのようだから、
ネズミモチですね。

モチノキに似ていてもモクセイ科です。笑

小笠原でモチノキ科自生は
本種とシマモクセイ(広域分布種)だけです。

モクセイ科固有種は本種だけです。

モクセイ科というものの
花はそれほど芳香ではないですね。残念。

低木性のところでよく見られます。
posted by mulberry at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

報告書「郷土かるた探訪」

P4140187.JPG


4/15  旧3/6 雨

島かるたの話題はかなり久しぶりです。

残念なことに、
まったく島内では話題に出なくなっています。

死蔵という感じでしょうか。

島かるたは小笠原村商工会が作ったものですが、
価値ある島の財産と思います。

商工会に島かるたの今後の命運がかかっています。

増刷しての販売も、結局、動かないままです。

僕は制作委員長で頑張っただけに、
なんとかしたい気持ちはすごくあります・・・


さて、この報告書は
執筆者原口美貴子氏が来島時に取材されたものです。

僕も原口氏には来島時、お会いしました。

2013年3月、群馬社会科教育研究第1号38-42ページに記載で、
この報告書は別刷りです。


この島かるた
みなボランティアで作ったのですが、かなり完成度は高いと思いますよ。


posted by mulberry at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 島かるた | 更新情報をチェックする

父島の朝

2013041507090000.jpg嵐…自宅より

posted by mulberry at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

旭の自転車遠乗り、初チャレンジ

P4130183.JPG


昨日午後、
旭が自転車遠乗り初チャレンジ。

内地の自転車コースでは
耶馬渓のあたりで片道10㎞以上は走ったことがあります。
ここはほとんど平らな道でした。


コースは
清瀬の自宅から扇浦・ビーチコマまで。

距離はたぶん片道7kmほどですが、
奥村から境浦に向けて長い坂道があります。

坂道に入った途端、いきなり降りて押しちゃいました。

坂はずっとダメかと思ったら、
その後は乗りなおして頑張ってました。

写真はちょうどその坂道です。

その後はスイスイ。

扇浦のビーチコマで
アイスを買って休憩。

帰路は
また扇浦から長く緩い坂道。

こちらは軽くクリア。

無事、戻ってきました。

ちなみに僕は
楽して車で伴走でした。苦笑。



posted by mulberry at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | 更新情報をチェックする

愛知丸(三谷水産高校)

P4140185.JPG



4/14 旧3/5 曇り

愛知県立三谷水産高等学校「愛知丸」が
停泊中です。

(三谷、読みはみやです。)

http://www.miyasuisan-h.aichi-c.ed.jp/annai/aichimaru/aichimaru.html
http://www.miyasuisan-h.aichi-c.ed.jp/annai/aichimaru/aichimaru_flash/index.htm

全長46.35m、 巾8.40m、深さ3.65m、総トン数299トン
です。

昨年も同時期に来島していました。
過去記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/10713698.html
posted by mulberry at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

父島の朝

2013041407230000.jpg安倍パワーで晴れるかな!?

posted by mulberry at 07:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

「新装版 真説宮本武蔵」(司馬遼太郎)

275371-1.png

タイトルは宮本武蔵ですが、
実際には6人剣客の短編となっています。

宮本武蔵・吉岡憲法・千葉周作・
森要蔵・栃尾源左衛門・ゆいず(蜍児)の6人です。

さて、みなさんもご存知でしょうか?

宮本武蔵・千葉周作あたりまでですね。

それから
宮本武蔵野との戦いに出てくる吉岡憲法あたりまででしょうか。

僕も実際そうです。

6人6様の生き様です。

http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2753715


posted by mulberry at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

これはセイタカシギ??

P4112345.JPG


4/11、
小港園地、八瀬川沿いで見かけた鳥です。

ツアー中だったので、
あまりじっくり撮影ができませんでした。

図鑑で見る限り、
セイタカシギのようです。

いかがかしら?
posted by mulberry at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生生物 | 更新情報をチェックする

4/11、山歩き(千尋岩)コース

P4112346.JPG



4/11のコースは
参加者8人(うち添乗員1人)での千尋岩コースでした。

朝、雨のぱらつくスタートでしたが、
その後は雨もやんで、一日もちました。

クジラのブリーチングサービスもありました。

posted by mulberry at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

4/12,森のコース

P4122348.JPG


昨日4/12は
参加者6名の森のコースをガイドしました。

初めは
まずは傘山から。

小低木と景観を楽しみました。
posted by mulberry at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする

シマギョクシンカの花

P4080174.JPG

4/13 旧3/4 小雨

シマギョクシンカ(アカネ科・固有種)の花が
咲いています。

本種は低木性で
林内の日があたらないような環境でひっそりと咲いています。

この花も近寄ると方向があります。
甘い香りです。

この写真を撮ったのは
亜熱帯農業センターの展示園での植栽木です。

ここは日当たりが強いせいか、
葉が黄色く、元気がない状態になっています。

過去記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%B7%A5%DE%A5%AE%A5%E7%A5%AF%A5%B7%A5%F3%A5%AB
posted by mulberry at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

父島の朝

2013041307250000.jpgまだ雨が…

posted by mulberry at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

シロトベラの花

P4080148.JPG


4/12 旧3/3 曇り

シロトベラ(トベラ科・固有種)の花が咲いています。

樹皮がとても白いのが名前の由来でしょうか?

小笠原の自生トベラ科植物は4種で、
一番分布が広く個体数が多いのがこのシロトベラです。

ほかの3種はみな低木性ですが、
本種だけは小高木程度にまでなります。

花の香りも、さっぱりとしたさわやかな感じで、
ぜひお楽しみください。

posted by mulberry at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

センダンの花

P4080180.JPG

4/11 旧3/2 曇り

センダン(センダン科・広域分布種)の花が咲いています。

小笠原では数少ない落葉樹です。

新芽・新葉がでて、
そのあとわりと早い時期に花をつけます。

センダンは
木肌が縦にひび割れが目立つので、落葉期でもわかりやすい樹木です。

かつては材としてもよく利用されたようですね。




posted by mulberry at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2013年04月10日

「増補 日本凡人伝」(猪瀬直樹)

9784480430397.jpg

この本は
16人の様々なジャンルの人のインタビュー記事が主になっっています。

それぞれの
その道のプロ中のプロという人ですね。
この道ならだれにも負けないという人ばかり。

本の主題は凡人伝です。
つまりみなもとは普通の人なのです。

でも
彼らはみな非凡な人生を歩んでいると思います。

15人のジャンルは
葬式中継アナウンサー、鉄道のスジ屋、調香師、都バス車掌、消防調査員
捕鯨砲手、地下鉄車掌、都はるみマネージャー、講談社トラブル処理係、億ション販売人
ウォークマン開発者、セ・リーグ審判員、発明家・元戦艦大和艦長、漫画家、
元東京拘置所長、日本初のホスピス院長。

このジャンル見ただけで読みたくなってくるでしょう。笑

17人目の凡人伝にはぜひ著者もどうでしょうか。
東京都知事として。笑


http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480430397/
posted by mulberry at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

ふわっとした感触のケホシダ

P4080156.JPG

4/10 旧3/1 薄曇り


父島でふつうにみられるシダの1つに
ケホシダ(ヒメシダ科・広域分布種)があります。

葉に触ってみると、
毛があって、フワッとした感触です。

触ってもらうと、感触に意外性のあるシダとして
ツアー参加に喜ばれます。

ケホシダは
まさに毛のある(多い)ホシダです。


種子植物やシダの葉には
時折毛の生えている種類があります。

感触も、こういうふわっとしたものや
ざらざらしたものなど、いろいろありますね。

かぶれる植物でない限り
触って感触を確かめるのも、特徴をつかむいい手段ですよ。
posted by mulberry at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2013年04月09日

トキワガマズミの花

P4080164.JPG


4/9 旧2/29 曇り

トキワガマズミ(スイカズラ科・固有種・絶滅危惧Ⅱ類)の花が
咲いています。

とある場所の個体は数日前から気づいていましたが、
その時はまだつぼみのほうが多かったのです。

昨日見に行ったらだいぶ咲いてきました。

花の1つ1つはごく小花です。

でも集散花序にまとまって咲くので咲きだせば 
比較的目立っています。


近縁種のハクサンボクとは、
果実の形の違いなどが図鑑では書かれています。

とすると、樹形や花はほぼ同じ? 

過去記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%C8%A5%AD%A5%EF%A5%AC%A5%DE%A5%BA%A5%DF
posted by mulberry at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

「植物図鑑」(有川浩)

6249.jpg

「植物図鑑」という名の小説です。あしからず。笑
http://www.gentosha.co.jp/book/b6249.html

主人公は
会社員・河野さやか。

ひょんなことから
彼女の家に同居人となった日下部樹(くさかべいつき)と
徐々に親密な関係になっていく恋愛小説。

そして準主役が
道端に生えているような雑草・野草?。

「雑草という名の草はない」
このフレーズ何度も出てきます。

さやかといつきの物語の中で、
採取に出かけ、料理にする場面が何度も出てきます。

文章だけでも美味しそうですよ。

どんな野草かというと、
ヘクソカズラ・フキノトウ・ツクシ・タンポポ・ワラビ・スベリヒユなどなど。


ちなにに有川浩さんの小説はこれで2冊目。
「県庁おもてなし課」一気読み。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/10363040.html

posted by mulberry at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする