2012年06月24日

千尋岩着

2012062411490000.jpg一番のり!!

posted by mulberry at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

昨夜は2012父島返還祭

P6230447.JPG

6/24 旧5/5 晴れ

昨夕、
お祭り広場で父島返還祭が実施されました。

入港中のイベントですが、
ナイトツアーはお休みにして、楽しみに出かけました。

小学生の演奏や保育園児やちびっ子クラブの踊りから
始まりました。

その後は父島・八丈島の芸能披露が続きました。

そしてトリは「矢沢会」。
矢沢永吉のコピーバンドです。

盛り上がりの中、イベントは終了しました。


ちなみに返還記念日は6/26です。
6月26日 小笠原にとって 節目の日(島かるた)

父島返還祭
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%C9%E3%C5%E7%CA%D6%B4%D4%BA%D7

矢沢
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%CC%F0%C2%F4


posted by mulberry at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | 更新情報をチェックする

早朝の二見

2012062406370000.jpg晴れ。暑い。

posted by mulberry at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

矢沢会

2012062321100000.jpgトリです。

posted by mulberry at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

父島返還祭

2012062317310000.jpg飲んでます!!

posted by mulberry at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

ふじ丸

2012062308350000.jpg二見着

posted by mulberry at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

夏が来て、夕日もバッチリ

P6220433.JPG

6/23 旧5/4 晴れ

夏至の今頃、
父島の日没時間は6:30ごろになっています。

この時期は
宿の夕食時間のからみやナイトツアーとの差別化が難しいので、
サンセット&ナイトツアーは催行していません。

昨夕は
お子さん連れのグループでの依頼だったので催行しました。

三日月山展望台へ。

やはり宿の夕食時間とのからみで
思ったほどは多くはなかったですね。
日没が早い時期の方が人がもっと集中しますから。

日没少し前は、いったん雲に隠れましたが、
最後の水平線にゆっくり沈んでいきました。

グリーンフラッシュもバッチリでしたね。
ほぼ満点の夕日でしょう。

サンセット&ナイトツアー(夏場はグループ対応のみ)
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub1-1-2.htm

夕日記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%CD%BC%C6%FC
posted by mulberry at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

早朝の二見

2012062305520000.jpg晴れ。

posted by mulberry at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

三日月山からの夕日

2012062218120000.jpgきれい!!

posted by mulberry at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

タイワンソクズの花

P6180392.JPG

夜明道路沿いの1ヶ所で
タイワンソクズ(スイカズラ科・広域種)の花が咲き始めています。

僕の記憶では
父島ではその場所しか生えている場所を知りません。
他にあるかしら・・

広域種ということですが、
耕作地に近い場所なので、栽培種として持ち込まれた可能性があるのかもしれませんね。

小笠原の分布でも
父・母・弟と、かつて有人島だったところ。

さて真偽はいかに。

本種は多年草ですが、小笠原では小高木のようにまでなります。

かつては薬用として利用されたようです。
となるとますます持ち込みがあやしいですが・・

過去記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%BF%A5%A4%A5%EF%A5%F3%A5%BD%A5%AF%A5%BA
posted by mulberry at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

父島のオガサワラアザミ群落・・その2

P6210421.JPG

先ほどオガサワラアザミ群落の記事を書きました。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/10807671.html

続編として、実生についてです。

群落付近の砂地には多くの実生が出ています。

オガサワラアザミは果期が終わると枯死しますが、
地上部からすぐまた新たに萌芽してきます。

そして、種からも新たな実生が出ます。
写真のはみな種から発芽したものです。

とても小さくて、
昨秋からこの春にかけて発芽したものと思われます。

群落地より海沿いに発芽しているものは
大半はそのうち枯れてしまいます。

もったいないけど、これも自然の摂理ですね。

種や卵を多く作るものはそれが覚悟の上なのでしょう。
(意識しているわけではないでしょうけど)


posted by mulberry at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

父島のオガサワラアザミ群落

P6210418.JPG

6/22 旧5/3 晴れ

昨日、父島北部の海岸沿いにある
オガサワラアザミ(キク科・固有種・絶滅危惧Ⅱ類)群落を見てきました。

父島でこれだけまとまった群落があるのは
ここ1ヶ所しか知りません。

わずかな株が生えているところは
いくつか知っていますが・・

この場所は
車で行ける海岸から磯伝いに歩いて30分ほどの場所にあります。
潮が引いていても、濡れる場所が数ヶ所あります。

この群落、今年もしっかり元気に花をつけていました。
そして、砂地には小さな実生もたくさん。

花の時期は
南島よりいくぶん遅めのように感じます。

ちなみに
同じ場所にツルワダンも生えています。


過去記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%AA%A5%AC%A5%B5%A5%EF%A5%E9%A5%A2%A5%B6%A5%DF
posted by mulberry at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

朝の二見

2012062207180000.jpg今日も晴れ。

posted by mulberry at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2012年06月21日

「ビーグル号世界周航記」(チャールズ・ダーウィン)

291981-1.png

この本は
ダーウィンが著した「ビーグル号航海記」をもとに、
編集されたものです。

その日本語訳です。
訳者は荒川秀俊氏。

内容は
動物・人類・地理・自然に章立てされています。

場所としては
南アメリカ大陸のものが多く取り上げられています。

「人類」の章では奴隷の話題もいくつか出ます。
1830年代には奴隷制度がまだ残っていました。
奴隷に関して、ダーウィンの記述は批判的ものと感じられます。

「自然」の章では「8.地震」の節があり、
内容は1835年のチリ地震のことで、津波のことも書かれています。

ダーウィンは大地震や津波も知っていたのですね。
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2919818


ダーウィン記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%C0%A1%BC%A5%A6%A5%A3%A5%F3
posted by mulberry at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

午前の青灯台

2012062110160000.jpgまだ白っぽい。ひと泳ぎ。

posted by mulberry at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

見事なくらいのホウオウボクの花

P6200416.JPG

6/21 旧5/2 晴れ

父島の東町メイン道路(湾岸道路)前に、
街路樹として見事に花の咲くホウオウボクがあります。
(ホウオウボクはマメ科の外来種です。)

ホウオウボクの記事は
少し前の花の咲きはじめに書いています。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/10789503.html

満開の状態はこんな華やかです。
青空とのコントラストがとてもいいですね。
しばらく続きます。

この樹木の下の歩道には
赤い花びらがたくさん落ちています。

この樹の前の店舗は朝のお掃除が大変そうですね。


この道路はまちなみ景観で
ホウオウボクが新たにいくつか植えられています。

それぞれ花が咲くようになると、
とても鮮やかで人々の目を楽しませてくれるでしょう。
でも、花の時期は毎日のお掃除が大変そうです。苦笑。


過去記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%DB%A5%A6%A5%AA%A5%A6%A5%DC%A5%AF
posted by mulberry at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

朝の三日月山から

2012062107300000.jpgうねりもややおさまりつつ。

posted by mulberry at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

宮之浜

2012062011290000.jpgここは静か。濁りあり。

posted by mulberry at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

サビホコリ(キノコ)

P6180389.JPG

少し前に
森の中の枯れ木で見つけたキノコです。

和名はサビホコリ(変形菌ムラサキホコリ科)です。

小さなキノコです。
長さが1-2cmというところです。

とても細いのですが、先っぽより、付け根のほうがさらに細いのを
この写真を見て気がつきました。

老眼なので、実物ではよく見えていません。苦笑。

キノコもいろいろありますね。


posted by mulberry at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 菌類 | 更新情報をチェックする

南島周辺外来種排除作業(2012年度第5回)

P6190413.JPG

6/20 旧5/1 晴れ

昨日は
第5回目の南島周辺外来種排除作業でした。

台風のうねりが心配されましたが、
予定通り出発できました。

夏本番となり、
今回の作業から早朝出発することにしました。

少しでも涼しい時間に作業するためです。
そのほうが作業もはかどりますし、事故・ケガ防止にもなります。

今回の作業は
南島東尾根の最南部でサメ池側(内側)斜面でした。
(写真では撮影側の手前の斜面です)

運のいいことに、10時くらいまでは日陰でした。

さらに、
荷おろしの場所まで近く、運搬作業が少ないので、
とても作業がはかどりました。

イヌホオズキ・タバコなどを200kg近くも抜き取りました。

帰りの船は抜いた草で満船状態でした。
うねりもさらに大きくなっていました。

過去作業記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%B3%B0%CD%E8%BC%EF%C7%D3%BD%FC%BA%EE%B6%C8
posted by mulberry at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする