2012年04月30日

小笠原も梅雨入り間近?

P4290010.JPG

4/30 旧閏3/11

GWの週間天気予報を見ると、
まったく太陽マークはなくなりました。
雲と傘です。悲
http://micos-sa.jwa.or.jp/metro/ogasawara/

天候不順が続きそうです。
小笠原も梅雨入り間近ですね。

ただし、小笠原の場合は、
気象庁の梅雨入り宣言はありません。

雨量などが梅雨入りの定義に沿わないのか、
他の理由かはよく知りません。

でも、感覚的には、5月は雨季。
梅雨でいいと思います。

毎年GWくらいから天候不順になってきます。
年によって当たり外れのある時期ですね。

今年はまさに梅雨入り間近、そんな感じです。

外にお出かけの際は雨具必携です。
山の中は道も細くて傘差しにくいのでカッパですね。

雨にも負けず、風にも負けず、楽しんでいきましょう。
(by宮沢ケンジー)



posted by mulberry at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

2012年04月29日

「植物知識」(牧野富太郎)

158529-1.png

著者の牧野富太郎は
「日本の植物学の父」といわれるそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%A7%E9%87%8E%E5%AF%8C%E5%A4%AA%E9%83%8E

本書は昭和24年に逓信省より、
「四季の花と果実」と題され刊行したものです。

身近な花・果実22種を図を添えて解説したものです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%A7%E9%87%8E%E5%AF%8C%E5%A4%AA%E9%83%8E

まず名前の由来について、
古典や中国の事例をもとに、著者の意見も加えて述べられています。

次に花・果実、植物体の形状について、
機能を踏まえてやや専門的な用語で述べられています。

薄い本で手軽に読み終えられます。

http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1585290
posted by mulberry at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

ピタンガの果実

P4260003.JPG

4/29 旧閏3/9 曇り

ピタンガ(フトモモ科・外来種)は
亜熱帯農業センターや小笠原支庁などで生垣となって栽培されています。

他にも庭先などで栽培しているところもあると思います。

果実は食用となります。
農産物としても出ているかどうかはよく知りません。

形がカボチャに似ているので
和名はカボチャアデクというようですね。
確かにそんな感じです。


先日、支庁に用事があっていったとき、
赤い果実がいっぱなっているのを見つけました。

サイズは
ミニトマトくらいか、少し大きいくらいでした。

こっそりいくつかいただきました。(お見逃しを)

サクランボのような味わいでちょっと酸味もあり
僕は好きな味でした。

大きな声ではいえませんが、
チャンスがあれば味わってみてください。笑



ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%AC
posted by mulberry at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

「決断する力」(猪瀬直樹)

ISBN978-4-569-80330-2.gif

「決断は・・。
 粘り強さの果てに、
 ようやく飛躍することのできる蓄えられた力の結果である。」

本書は主に、
副知事としてかかわった東日本大震災の経験をもとに
書かれています。
http://www.php.co.jp/books/detail.php?isbn=978-4-569-80330-2

著者がツィッターを駆使していることも
問題解決に役立っています。
(ツィッター名言集も載せられています)

緊急時大事なことは
「決断に時間をかけるのではなく、まずは動き出すこと。」
「変化があるたびに軌道修正をはかっていく。走りながら考える。」

トップの大事なことは
「リーダーは・・・一度こうと決めたことに対しては、
 断固やりぬかなければならない。」
「間違っていない場合は、・・
 ブレることなく、強い意志でやりぬくこと。」

これからの時代は
「自助・共助・公助」

著者が常々言っていること
「客観的なデータ、事実が正しい現状認識を生む。」
「データと事実の積み重ね。これに勝るものはない。」


後半には著者が副知事としてかかわる、
水道・発電・地下鉄の問題なども書かれていて、
この本そのものが東京都の広報誌でもいいような気がしました。笑


猪瀬直樹記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%C3%F6%C0%A5%C4%BE%BC%F9
posted by mulberry at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

グンバイヒルガオの花

P4230096.JPG

4/28 旧閏3/8 晴れ

海岸では
グンバイヒルガオ(ヒルガオ科・広域種)が咲き始めています。

海辺に近いところでピンク色の目立つ花なので、
すぐわかると思います。

花は通年ではなくて、4-12月くらいまでの間ですね。
冬場はまず花をつけません。

例年、5月すぎからは、
たいていどこの海岸でも咲いています。

しかし、4月はまだ咲いていないところも多いですね。
花を見つけるほうが苦労します。

グンバイヒルガオが咲き出すと
夏が近づいてきた感が出てきます。

さあ、これからどんどん咲き出すことでしょう。

過去記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%D2%A5%EB%A5%AC%A5%AA
posted by mulberry at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

「生きて死ぬ私」(茂木健一郎)

9784480422187.jpg

脳科学者・茂木健一郎氏が
広く人生について感じたこと、考察したことを表現するエッセイです。

もともと初めは
臨死体験についての解説本の予定だったものが、
書いているうちに変わっていったとのことです。

第3章に臨死体験のことまとめられています。

茂木氏が30代半ばで書いたものです。
http://www.chikumashobo.co.jp/product/9784480422187/

生について、死について、
共感するところが多々あります。

エッセイは脳にからんで
生・死だけでなく、宗教と癒し、時間と空間、臨死体験など
書かれています。



人は生きることに悩む生き物ですが、
死んでしまったら終わりでもあります。

だから
「生きること自体が、究極の目的になる」

そう考えると生き方が少し楽になるかもしれない。

お釈迦さんのように四苦(生・老・病・死)なんて
下手に考えないほうがいいのかもしれません。
悩みのネタになるばっかり。

posted by mulberry at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

ムニンヒメツバキの新葉

P4240104.JPG


4/27 旧閏3/7 雨

小笠原は常緑の樹林が広がっています。

常緑といっても、
この時期は新葉の時期です。

一般に新緑といいますが、
出始めてすぐの葉はまだ緑色になっておらず
赤みを帯びたものも多いのです。

その後、薄緑色になり、
さらに厚みのある緑の葉になっていきます。

写真はムニンヒメツバキ(ツバキ科・固有種)新葉です。
かなり赤みを帯びています。

父島の高木性の山地では本種がとても多いので、
遠目で見ると山が赤みを帯びて見えます。

初夏は山の色合いを楽しむのもいいですね。


過去の同様記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/3210483.html


posted by mulberry at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

シロテツの花

P4240103.JPG

4/26 旧閏3/6 曇り

父島中央部山地では
シロテツ(ミカン科・固有種)の花が咲いています。

低木性のエリアに多く、
樹高せいぜい3-4m程度ですね。

シロテツは父島列島固有種です。

花の1つ1つはとても小さいので(1cm以下)、
1つの花を撮るのはなかなか難しいですね。

小笠原の遺産価値は「生態系」で
進化の過程が見られるということがあります。

種分化は顕著な例です。

シロテツの仲間は
このシロテツ、オオバシロテツ、アツバシロテツに分化しています。
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/idennsi.htm

過去記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%B7%A5%ED%A5%C6%A5%C4
posted by mulberry at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

マダガスカルジャスミン(フロリブンダ)の花

P4230100.JPG

4/25 旧閏3/5 はれ

集落付近や亜熱帯農業センター展示園では
マダガスカルジャスミン(ガガイモ科・外来種)の花が
咲き始めています。

花をたくさんつけ、白くてよく目立ちます。

つる性植物で
他の樹木や垣根に絡み付いてのびています。

ジャスミンといってもガガイモ科ですから、
一般的に言われるジャスミンとは別種です。

でも本種も芳香を漂わせます。

気のせいかもしれませんが、
夜のほうが一層よく香るような気がしています。

果期には
マンゴーくらいのサイズの果実をつけます。

熟して割れると、
中には種がぎっしり入っています。








posted by mulberry at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

トキワガマズミの花

P4230098.JPG

4/24 旧閏3/4 曇り

少し前から
トキワガマズミ(スイカズラ科・固有種・絶滅危惧Ⅱ類)の花が
咲いています。

昨日は
また別な個体でも花を咲かせ出しているのに気づきました。

父島の山の自生植物でこのように葉がやや大きくて丸っこいのは
トキワガマズミとテリハハマボウくらいのものです。

トキワガマズミは自生している場所が
かなり限られています。
ただルート沿いでも数本は見られます。

花の1つ1つは小さいのですが、
集散花序になっているので全体が白いかたまりに見えます。



本種はややなじみの薄い植物なので、
新米のガイドさんではよく知らない人いることと思います。笑

最近はガイド人気ですから、
以前に比べてより経験の少ない人がガイドしていることが出ています。

新米ガイドとベテランガイドの差は
それなりに植物知識に差があるように思います。
(がんばってる人もいるのであくまで目安)


過去記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%C8%A5%AD%A5%EF%A5%AC%A5%DE%A5%BA%A5%DF
posted by mulberry at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

「エコツーカフェ」、小笠原の紹介に顔を出してきました

P4204138.JPG

4/23 旧閏3/3 曇り


日本エコツーリズム協会では
定期的に「エコツーカフェ」が開催されています。

回ごとに国内外のエコツーリズム地域の紹介が
行われています。

4/20は小笠原諸島の紹介でした。
講師は小笠原観光局の根岸さん。

たまたま上京の時期と一致していたので、
どんな話しをするのか様子をみに、会場に顔を出してきました。

小さな会場で、
参加者は25人の定員いっぱいだったようです。

僕はあくまで顔を出しただけなので、
まったく発言はしませんでした。

説明内容はクイズ形式で
初心者向けの内容にしてありました。
約1時間半ほどの講演でした。

人の講演見ながら
今後に使えるアイデアを少しいただきました。笑




終わったあとは
スタッフ関係者と恵比寿のビアガーデンへ。
ビアガーデン、とても久しぶりでした。笑

そのあとは満員の電車に揺られて宿へ。
東京は深夜まで混んでいて、大変なところですね。
posted by mulberry at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | エコツーリズム | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

「永遠の0(ゼロ)」(百田尚樹)

276413-1.png

4/18 旧3/28 曇り

「永遠の0」は
戦争を知らない人みなに勧めたい作品です。
もちろん僕も戦争を知りません。

零戦(ゼロ戦)パイロットの生き様を描いた作品です。
http://www.bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=276413X

戦争末期に特攻で亡くなったゼロ戦パイロットの祖父を持つ
孫(健太郎、慶子)。

彼らが祖父の戦時中の足跡を知るため
戦友からの証言を集めて回るストーリーです。

証言を巡るストーリー展開は
開戦時から終戦へとつながる流れになっています。

海軍の足跡もよく分かります。
海軍の史実を学ぶにもいいですね。

ゼロ戦のすごさもよく分かりました。
すごさゆえのむごさもよく描かれていました。
(長距離飛行ができたので、搭乗員が酷使されたことなど)

修羅場というのはこういうのをいうのだろうな
ということも感じられました。


そして、
人と人がつながりあってくる終盤です。

結婚相手を考えていた孫(慶子)も考えが変わります。

特攻とはなんぞや、戦時中に生きるとはなんぞや、
人のために生きるとはなんぞやと、
すごく考えさせられる小説でもあります。

主人公である祖父は特攻でなくなりましたが、
戦争中に「生きる」を強い意志を持って貫いた人。
ぶれない人でした。

posted by mulberry at 09:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

イヌシロソケイの花

P4164126.JPG


4/17 旧3/27 小雨

亜熱帯農業センターの展示園では
栽培種のイヌシロソケイ(モクセイ科・外来種)が
たくさん花をつけています。

本種はつる性なので、
他の樹木に絡み付いて、上へ横へ広がっています。

芳香もあります。

三日月山周辺、大神山神社周辺、小笠原神社周辺でも
見られます。

イヌシロソケイって、なんだか覚えにくい和名だなと思って、
ネットで調べても、特に違う名前は出てきませんね。

別種でシロソケイがありますから、
それに似ていてやや劣る感じなのでしょうか。


posted by mulberry at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

水産センターでユウゼンがじっくり見れます

P4124115.JPG

4/16 旧3/26 曇り

ユウゼンという魚は
チョウチョウウオの仲間ですが、渋い色と模様です。

この模様から和名のユウゼンとついたようですね。
ユウゼン=友禅です。

日本固有のチョウチョウウオのようで、
小笠原ではダイビング中によく見られる魚です。
(八丈島などでも見れますね。)

しかし、浅瀬でのスノーケリングでは、
見れることはありますが、比較的まれです。

水産センターには
屋外の展示水槽でこのユウゼンが飼育されています。

数十匹入っています。

のんびり眺めるにはいいですね。

この写真は上から撮ったものですが、
防水カメラで水中に入て撮るともっと綺麗に撮れそうですね。


今年はなかなか暖かくなってこないので、
スノーケリングをするのももう少し先になりそうです。

それまで海で見るユウゼンはおあずけですね。
posted by mulberry at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 水中 | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

オオバナカリッサ(マクロカルパ)の花


P4144122.JPG

4/15 旧3/25 曇り

お祭り広場では
オオバナカリッサ(キョウチクトウ科・外来種)の白い花が咲いています。

植栽樹ですが、道路沿いの場所に低木性で数本あります。

父島では
他の場所ではほとんど植えられていない気がします。
他に思いつきません。

オオバナカリッサの花は芳香があります。

トゲがあるので、近づくときはご注意ください。

昨年おいしそうな果実をつけている時期がありました。
図鑑によると食用になるそうです。
おしい、食べてみればよかったなあ。

ちなみに小笠原でキョウチクトウ科の自生種は
ヤロード(固有種)とテイカカズラ(広域種)の2種です。

集落付近には園芸種(外来種)などで
本種のほか、プルメリア、キョウチクトウ、アリアケカズラなどあります。

キョウチクトウ記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%AD%A5%E7%A5%A6%A5%C1%A5%AF%A5%C8%A5%A6
posted by mulberry at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2012年04月14日

「(新)愛知丸」(愛知県立三谷水産高等学校)

P4144118.JPG

4/14 旧3/24 曇り

昨日から二見岸壁に
愛知県立三谷水産高等学校実習船の(新)愛知丸が着岸しています。

三谷は「みや」と読むのですね。

(新)愛知丸は
全長:46.35m、巾:8.40m、深さ:3.65m、総トン数:299トン、
定員:乗務員14名 教官1名 生徒35

http://www.miyasuisan-h.aichi-c.ed.jp/annai/aichimaru/aichimaru.html

この三谷水産高校は
愛知県で唯一の水産高校だそうです。
http://www.miyasuisan-h.aichi-c.ed.jp/index.html

乗船中の生徒さん、実習しっかりがんばってください。
posted by mulberry at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

カエンボク(カンパヌラタ)の華やかな花

P4124112.JPG

4/13 旧3/23 はれ・霞

父島の集落付近では
植栽のカエンボク(ノウゼンカズラ科・外来種)の花が
華やかです。

この時期、デイコの花が咲いていますが、
それよりさらにオレンジがかった色という感じでしょうか。

写真は扇浦の分譲地のものです。
分譲地の入り口すぐにあって、よく目立っています。

高木性の樹木になります。

和名はカエンボクですが、英名でもFLAME TREE。
意味は同じですね。笑
確かにそんな感じです、


posted by mulberry at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2012年04月12日

ムニンネズミモチの花

P4104106.JPG

4/12 旧3/22 曇り

ムニンネズミモチ(モクセイ科・固有種)の花が
咲き始めています。

花が咲いている近くでは香りがしていきます。
ただし、それほど芳香という感じではないですね。

父島では
山頂や岩場の低木性のところで多く分布します。

なのでたいていの展望台付近には生えていて、
花を見ることができます。

円錐花序で
ごく小さな花がたくさんついています。

モクセイ科ですが、モチノキに似ていて、
果実がネズミの糞のようなので、ネズミモチの名がついています。

小笠原で自生しているモクセイ科は
このムニンエズミモチとシマモクセイ(広域種)です。
栽培種ではイヌシロソケイもあります。


過去記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%CD%A5%BA%A5%DF%A5%E2%A5%C1


posted by mulberry at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

入学式に向かう千尋と親子で2ショット

P4104103.JPG

昨日は千尋が中学入学式でした。

僕はガイドがあったので入学式はいけませんでした。

たまたまタイミングよく、山のほうへ向かう移動中、
清瀬川のあたりで千尋に遭遇しました。

小笠原中学校は決まった制服はありませんが、
入学式はさすがに制服を着て登校です。

次に着るのは卒業式かしらね。
もうこれはサイズが合わないでしょう。

ちょっとお客様に待っていただいて、
車から降りて写真撮影。

ツアーの添乗員さんが撮ってくれました。

このあと、
僕は山へ、千尋は学校へ向かっていきました。

入学式は夫婦とも行けないので、
写真が撮ってあげられないところでした。

ちょうどよかったです。
posted by mulberry at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | 更新情報をチェックする

「~世界自然遺産登録地~太平洋に浮かぶ楽園小笠原諸島(父島・母島)への旅6泊7日」 (道新観光)

P4104104.JPG

4/11 旧3/21 晴れ

昨日は日中とナイトで道新観光さんをガイドしました。

ツアータイトルは
「~世界自然遺産登録地~
 太平洋に浮かぶ楽園 小笠原諸島(父島・母島)への旅 6泊7日」
http://www.doshinkanko.com/upload/pdf/jb2080o_2012_03_05.pdf

小港で記念撮影しました。


道新観光さんは、
今年は2月から毎月1本ツアーが組まれていて、これで3回目です。

毎回ガイドさせていただいています。

5.6月もツアーが予定されています。
5月もほぼうまっているということでした。
http://www.doshinkanko.com/upload/pdf/jb2114o_2012_05.pdf
http://www.doshinkanko.com/japan/

本日は母島日帰りツアーにお出かけです。
母島も楽しんでくて下さい。

posted by mulberry at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする