2012年02月03日

クジラの陸上観察会

P2013774.JPG

2/3 旧1/12 はれ

2月より、クジラの陸上観察会が始まりました。

入港日の午後4時から、三日月山展望台です。

うちの場合、
入港日はたいてい旅行社のツアーが入っています。

ツアーの最後に行くにはちょうどいい時間帯です。

そこでさっそく
2/1はクラブツーリズムさんのお客様を連れて参加しました。

この日は海況もよく、
あちこちでザトウクジラのブローが見えていました。

僕が数えたところ6-7ヶ所だったと思います。

さて観察会ですが、
小笠原ホエールウォッチング協会職員が概説的なレクチャーをしてくれます。
20分ほどです。

ザトウクジラ初めてという方にぴったりです。

そのときにクジラが見えていれば、
その行動なども解説してくれますよ。

この日は内のお客様も満足だった様子です。

あとは
海のほうでもしっかり見えればいうことなしですね。

posted by mulberry at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

大根山から

2012020306480000.jpg今日もまだしけています。

posted by mulberry at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

朝の二見

2012020208260000.jpgしけています。この時期はおおいです。

posted by mulberry at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

ムニンタイトゴメの花

P1313761.JPG

2/2 旧1/11 晴れ

旭山南峰近くのの岩場では
ムニンタイトゴメ(ベンケイソウ科・固有種・絶滅危惧Ⅱ類)が
咲いています。

本種は父島列島(父・兄・弟)だけに分布するようです。
生息地は基本的に山の上の岩場です。

旭山南峰・傘山・躑躅山・初寝山など。

早く咲き始めるところは11月ころから出ているようですが、
年を越して今頃のほうが一般的です。

背丈が数cmしかないので、
前述の場所の岩場を歩くときは注意して歩いてください。
黄色のかわいい花が咲いているかもしれませんよ。

なお夏場は地上部は枯れてなくなります。

森のコースでご紹介することができますので、
見たい方はリクエストしてください。
3月くらいまでは何とか見れるかな。



posted by mulberry at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

早朝の二見

2012020206480000.jpg風がわりと強め。海は悪そう。

posted by mulberry at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

三日月山

2012020115510000.jpgザトウさんがよく見えています。

posted by mulberry at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする

「日本版白熱教室 サンデルにならって正義を考えよう」(小林正弥)

9784166608164.jpg

正義ってなんだろう。

正義の味方という表現は、
勧善懲悪のテレビ番組・マンガなどではよく出てきましたね。

でも本当に正義って考ええると、
よくよく考えたことがなかったですね。

著者は千葉大学で対話型講義を行っています。

この本はその中でも、
テレビ番組で放送された部分の4回を元にしています。

http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784166608164

テーマは多岐にわたります。
原爆、ホリエモン、イラク人質問題、尖閣ビデオ流出事件などなど。

正義の立場(生徒の立場でもある)は3つ。
1.福利型正義論・・最大多数の最大幸福
  (功利主義)    
2.自由型正義論・・自由や尊厳を中心に考える
  リバタリアニズム・・所有権や市場経済を重視
  リベラリズム・・一定程度の福祉を正当化
3.美徳型正義論・・善や美徳の観点から考える
  (コミュニタリアニズム)

それぞれの議論をそれぞれの立場から
生徒が論じています。

それぞれの議論に対して先生(教授)は
あえて結論を出していません。議論の総括はしています。

それを読みながら、自分の考えもよく考えつつ・・
でもそれを整理して人に伝えるのは難しいですよね。
いい勉強になりました。

さて僕の立場は・・。
2と3のミックスで、題材により変わるといったところでしょうか。
もっときちんと考えてみる必要がありますね。
posted by mulberry at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

イヌマキの実生がいっぱい

P1313769.JPG

2/1 旧1/10 曇り

昨日は
村が整備した歩道の桑ノ木山-扇浦ルートを歩きました。

この歩道の一番下は
扇浦海岸に面したところになっています。

一番ふもとあたりには(小笠原神社の周辺)、
イヌマキ(マキ科・外来種)が何本かあるようでした。

現場ではコウヤマキという名前も出ていたのですが、
どうやらイヌマキもようですね。

大きくなっているこの木の下には
実生がたくさんでていました。

これも今のうちに抜き取る必要があるかもしれません。
あるいは日陰で育たないかも知れません。

小笠原には自生の針葉樹は
シマムロ(ヒノキ科・固有種)しかありません。

つまりそれ以外はみな外来種。
何らかの理由で持ち込まれたものです。

このイヌマキも材としての利用を考えていたのかしら。

posted by mulberry at 08:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

朝の二見

2012020107030000.jpg青空も見えています。風が出ています。

posted by mulberry at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯 | 更新情報をチェックする