2011年05月17日

とうとう石巻へ行ったTSL

TSL(テクノスーパーライナー)がとうとう動きました。

被災地の支援で石巻へ。

記事によると2週間ほど希望する被災者に宿泊を提供するとのこと。
http://www.sanspo.com/shakai/news/110517/sha1105170506011-n1.htm

さてこのTSL、
被災地まではどのくらいのスピードでいったんでしょうね。

急ぐ旅じゃないから、ゆっくり走ったのかな。

小笠原は支援と関係なく、一度顔見世してほしいな。
そしてぜひ島民向けに試乗会やってください。

posted by mulberry at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

「梅雨明けて 白い花々 樹冠をかざる」(ムニンヒメツバキ)

5/17 旧4/15 曇り

ムニンヒメツバキ(固有種・ツバキ科)が
ポツリポツリと咲き始めています。

島かるたでは「梅雨明けて」となっていますが、
確かに花盛りになるのは6-7月の梅雨明け以降です。

今は梅雨期真っ最中、このごろから咲き始めてきます。

例年、早く咲き始める樹は大体同じで、
これは日当たりのいい環境なのか、その樹の性質なのか、
不思議に思うことがあります。

日当たりのいい場所であること確かなのですが、
必ずしもそのあたり一斉って訳でもなんですよね。

父島ではムニンヒメツバキはとても多いです。
しばらくはこの花が楽しめますね。

P5171282.JPG
posted by mulberry at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

アオウミガメの足跡もつきだして

本日は2つ続けてナイトツアーネタです。

連休ごろから
アオウミガメの上陸足跡がつき始めています。

もちろん産卵のための上陸です。

産卵の時期がやってきましたね。

産卵を見たい人も多いと思います。
でも容易ではありません。

深夜になることも多いし、待ち時間は長いし、
ライトで明るくするわけにも行かないし、
なかなか大変です。

ツアーではナイトスコープ(暗視鏡)を使うので、
交代で穴掘り行動はある程度ははっきり見れます。

マルベリーでは6、7月の出港前日の夜は
ウミガメプラスコースを開催します。

がんばれる人ご参加ください。
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub1-1-1.htm
P5070273.JPG
posted by mulberry at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生生物 | 更新情報をチェックする

ヤコウタケ(グリーンペペ)を昼間見ると・・

P5121268.JPG
5/16 旧4/14 小雨

5月になって、
ようやくグリーンペペ(広域種)が出やすいコンディションになってきました。

雨が降って湿っぽくなり、日中の気温が25度くらいになると
出やすくなります。

日中、森の中で見ることもありますが、
ほとんどの来島者はナイトツアーで見るんではないでしょうか。
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub1-1.htm

夜は小さくて緑に光るのはしっかりわかるでしょう。

状況によっては
それほど間近でじっくり見れなイ時もあります。

明るい所で見るとこんなキノコです。

白くてねばねばして傘の裏側はヒダがいっぱいです。

これからはナイトツアーで高確率で楽しめますね。

ヤコウタケ記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%E4%A5%B3%A5%A6%A5%BF%A5%B1
posted by mulberry at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生生物 | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

「養老孟司の大言論Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ」

416006.jpg
「養老孟司の大言論」は3冊のシリーズで
Ⅰ、Ⅱ、Ⅲにそれぞれサブタイトルがついています。

http://www.shinchosha.co.jp/book/416006/
http://www.shinchosha.co.jp/book/416005/
http://www.shinchosha.co.jp/book/416004/

この本は季刊誌「考える人」で
10年近く連載した34回分を3冊にしたものです。

エッセイですから内容は多岐に渡っています。
目次をごらんいただくといいですね。

さすが元東大の解剖学の教授ですから、
理科系のやや難しい話になると少し理解にくい部分もなきにしもあらずです。

でも、
僕は彼の本を読んでいてとてもスムーズに納得できます。

引用したい表現ががたくさんあります。
目からウロコといってもいいしょうね。


posted by mulberry at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

「聖徳太子」(黒岩重吾)

「聖徳太子」(黒岩重吾)は1987年に発行された本で、
上下2巻、1000ページ以上に及びます。

物語は587年も物部合戦から始まります。
聖徳太子(厩戸皇子)は数えで14歳。

物部合戦で物部守屋が殺されたのち、
政治の実権は大臣・蘇我馬子が確たるものとします。

聖徳太子は成長してから皇太子となります。
そのときの大王は女帝の推古天皇。

聖徳太子が、仏教を学び、恋をし、政治にかかわっていく様子が
悩み多き人間味あふれる人物として丹念に描かれています。

平等主義を持っていたこともあらわされています。

政治にかかわる場面では、
実権を握っている馬子と聖徳太子との難しい関係が
周りの人物を巻き込みながら浮き彫りにされています。

物語は601年斑鳩宮が完成されたころまでで終わっています。
聖徳太子は28歳です。

享年は622年・49歳ですから、
後半生はこの物語では描かれていません。

P5151279.JPG

posted by mulberry at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

シマギョクシンカの花

5/15 旧4/13 曇り


森の中を歩いていると、いい香りがしてきました。

そこで見つけたのが
シマギョクシンカ(固有種・アカネ科)の花でした。


林内のあまり陽のあたらないようなところで
ひっそりぽつりぽつりと生えています。

樹木としては低木のせいぜい人の背丈くらい。
なのでちょうど目線の高さで花を見つけることもあります。

シマギョクシンカは島玉心花と書きます。

香りのある花は視覚と臭覚の両方で楽しめますね。

P5131270.JPG
posted by mulberry at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

5月からガソリンが30円安くなっています

もう半月もたってしましたが
5月1日からガソリンがリッターあたり30円値引きされています。

値引額  父島 1Lあたり30円
実施機関 平成23年5/1から3/31

「国の補助金を活用して、離島で販売するガソリン価格から、
本土からの輸送料相当分を値引きして販売します。
値引き額は、離島への輸送形態によって離島ごとに決まっています。」
ということです。

小笠原の値引きが一番大きいと聞きました。
そりゃそうですね。本土からとても遠いですから。

ちなみに、うちの事業(マルベリー)の車は
2台ともディーゼルで恩恵はありません。

スーパーカブが少し得するくらいですね。
カブだと3Lくらいしか入れないので、毎回100円くらいの得ですね。

50L入るワゴン車だと1500円か。
大きいですね。

さてこの制度の事業期間は今年度。
恒久的なものでないのですね。

P5131273.JPG
posted by mulberry at 14:23| Comment(1) | TrackBack(0) | できごと | 更新情報をチェックする

シマイスノキの花

P5121265.JPG
5/14 旧4/12 曇り

長崎付近のシマイスノキ(固有種・マンサク科)が
花をつけているのを見ました。

シマイスノキの花期は
小笠原植物図譜によると11月ごろです。

過去のブログでも大体そうですが、3月に紹介しているのもありました。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%B7%A5%DE%A5%A4%A5%B9%A5%CE%A5%AD

葉の付け根付近に赤い花をたくさんつけます。
花びらがないので、赤いものが枝についているように見えます。

シマイスノキは乾性低木林の主要構成種です。

父島では低木性のところでわりと普通に見られる樹木です。
ただしシャsリンバイと似ているのでお間違いのないように。

ちなみにイスノキは「椅子の木」ではなく(笑)、「柞の木」です。
樹皮を焼いた「柞灰」は磁器のうわぐすりの融剤だそうです。


posted by mulberry at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

5/13、週間予報に傘が並びだした

昨日5/12の時点では
週間予報は曇りがちの日になっていました。

5/13の時点では傘が並びだしました。
http://micos-sa.jwa.or.jp/metro/ogasawara/

いくら雨(水量)がほしいといっても、
こんなに連日雨では困ります。

とりあえず曇り一時雨の予想が多いので、
それほど降り続かないことを願っています。

先ほど某テレビ局が
次便で夕日の撮影をしたいという話しがきました。

さてどうなることやら。
これでは心配で夜も眠れませんね。
posted by mulberry at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

朝日新聞のインタビュー記事

先日、朝日新聞社の記者が父島を訪れていました。

うちはもともとアポもなかったのですが、
来島されてたら電話が入りました。

それでお会いして1時間ほどお話しをしました。
http://mytown.asahi.com/areanews/tokyo/TKY201105070531.html

僕に聞いてきた観点は「歴史とのからみ」でした。

その一部が記事になっています。

小笠原は1830年から定住が始まり、
明治以降は父島・母島に開拓地が広がりました。

1944年には強制疎開があり、
耕作地の大部分は米軍占領下にまた樹林に戻ってしまいました。
そして返還後もほとんどがその状態。

感情的に反感を持つ方もいるとは思いますが、
小笠原が世界自然遺産に勧告されるのは、
まさに米軍占領の20数年の期間があったからだと思います。

それとともに
戦前からの住民にとってはとても困難な時期であったことを
再認識する必要があると思います。

住民の犠牲の上に成り立っている世界自然遺産と
言ってもいいかもしれません。
posted by mulberry at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | 更新情報をチェックする

オガサワラアザミの花

P5091250.JPG
5/13 旧4/11 曇り

今年も
都営住宅の空き地のオガサワラアザミ
(固有種・キク科・絶滅危惧Ⅱ類)が咲き始めました。

ある一画が群生状態です。

ほとんど水やりもせず、手入れらしい手入れもしないですが、
毎年継続して、萌芽し、花をつけています。

今年はさらに種から新たな発芽があちこちに出ています。
種から発芽した個体は大きくなるまで時間がかかり、
花を咲かせるには2年以上かかります。

花のあと、種をつけると、地上部は枯れます。

その後、年内には萌芽して、翌年ずんずん大きくなり、
今頃花をつけます。

この花が咲いているときは、ミツバチがよく訪れています。
写真もそうです。

蜜の夢中なのか、写真を撮るのに近づいても、
まったく動じていません。

posted by mulberry at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

「おが高の 夏の体育は 前浜で」

昨日・今日と連日、ウィンドサーフィンの授業が行われています。

小笠原高校では夏場は体育で
ウィンドサーフィンが取り入れられています。

この風景は夏の風物詩の1つともいえます。

それで島かるたでも
小笠原ならではの出来事として採用されました。

海がらみでいえば、
5月下旬に青灯台親水護岸のノロ落とし(貝などの付着物除去)が
実施されます。

そうすると
小学生たちも青灯台で泳ぎだします。

小笠原の海開きは実質的にはこの日ですね。

さらに7月ごろには小・中の遠泳大会も実施されます。

でも学校にはプールもあるので、体育でプール使ってます。

P5111258.JPG
posted by mulberry at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | 更新情報をチェックする

5/12、来週ぐらいから梅雨っぽいのかな

週間予報を見ると、今度の土・日あたりから、
天気がぐずついてくるようです。

前線が停滞し始めます。
ただ少し予想では少し北側にあるようです。
http://micos-sa.jwa.or.jp/metro/ogasawara/

いよいよ梅雨らしくなるのかもしれません。

ここまで雨がほとんどないので、
島民の間ではひそかに空梅雨が心配されています。

連休中はガス空が続きましたが、雨はほとんどなし。
山は湿っぽくなりましたが、ほとんどの沢はもう水が切れそうです。

これから来島する方には申し訳ないですが、
そろそろ本格的に雨が降ってくれなしと、
夏の渇水が心配になりますね。

さて来週の実際の天気は道なることでしょうか。
posted by mulberry at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

どーもくんファミリーのぬいぐるみ

5/12 旧4/10  曇り 

一昨日の撮影ネタまだひっぱってます。

ちひろがお礼にいただいたどーもくんファミリーのぬいぐるみです。
http://www.nhk.or.jp/sendai/top/bs/index.html

ぬいぐるみは
どーもくん、うさじい、ターちゃんの3つと、別なキャラクター1つです。

それからどーもくんのエプロン。

たくさんいただいたので、
ぬいぐるみのいくつかは旭(長男)がもらったようです。
どういう風に分けたかは知りません。

小学生はまだぬいぐるみにひかれるんですね。
女の子はずっとなのかな。

P5111263.JPG
posted by mulberry at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

「エコツーリズムを学ぶ人のために」(真板昭夫、石森秀三、海津ゆりえ編)

先日、「エコツーリズムを学ぶ人のために」が送られてきました。
http://www.sekaishisosha.co.jp/cgi-bin/search.cgi?mode=display&style=full&code=1502

この本は、「エコツーリズム入門書」ということです。
編者はエコツー業界ではよく知られた
真板昭夫、石森秀三、海津ゆりえ氏です。

ちなみに僕は3ページほどのコラムを書きました。
231-233ページです。

なので一応巻末(356ページ)の執筆者にも
名前が載っています。

僕が書いたコラムは
「世界自然遺産を目指す小笠原でのガイドにおいて」です。

最高級の素材である小笠原という場所のガイドは
最高級であるべきという主旨でガイドの質について書きました。

小笠原の島民ではもう1人執筆者がいます。
村議の一木重夫氏です。
(以前は小笠原ホエールウォッチング協会研究員でした。)

ぜひお買い求めください。

1502.jpg
posted by mulberry at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

ムニンキケマンの花

小港で
ムニンキケマン(ケシ科・広域種)の花が咲いていました。

ムニンキケマンは
伊豆諸島や琉球のものと同種ということのようです。
なのでムニンといっても固有種ではないのです。

砂地を好み草丈50cmほど。
葉は3出羽状複葉です。

花期には
茎に総状花序の黄色の花をつけています

キケマンとは黄色のケマンです。
ケマンは仏具の一種。

でもキケマンはその仏具のケマンには似ていないです。
かといってケマンソウとも似ていないし・・・。

南島でもたくさん見られます。

P5091243.JPG
posted by mulberry at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

5月10日過ぎの夕日の落ちる場所

昨日、撮影の帰り、道路沿いから見た夕日です。

あともう少しで沈む所ですが、
そこから下は雲がかかっていました。

時間もないので、写真だけ撮って、あとにしました。

場所は丸山トンネルの先扇浦側です。

5/10過ぎの今頃は
都道湾岸沿いの丸山トンネル先から扇浦あたりまでは
海に沈む夕日が見えるのではないでしょうか。

夏至の日まであと1ヶ月くらい。
まだしばらくは夕日の位置が北に寄って行きます。
P5101256.JPG
posted by mulberry at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

千尋(長女)、テレビ番組のイメージ映像撮影

5/11 旧4/9 はれ

昨夕、
小港と扇浦で千尋の撮影が行われました。
僕はマネージャーとして付き添い(笑)。

某国営放送系で
シルエットのイメージ映像撮影と島歌の録音でした。

千尋の役どころは
島のおばあちゃんの子供のころです。

浜辺で夕日をバックに歌うイメージ映像です。
撮影中、とある曲を何度も繰り返し歌っていました。

千尋は横顔のシルエットになっていました。

千尋を知っている人が見れば、
声と横顔できっとわかると思います。

撮影のあと、お礼に色々ノベルティグッズを頂き、
千尋は大喜びでした。

番組は2つほどで使われるとのことでした。
放送の日がわかったらまたこのブログに書きますね。
P5101254.JPG
posted by mulberry at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

小笠原先取り体験キャンペーン

2011年5月10日から6月20日の間、
小笠原先取りキャンペーンが実施されます。

http://www.visitogasawara.com/sakidori/

何がって、もちろん世界自然遺産の先取りですからね。

登録が妥当というIUCNからの勧告がでました。
あとは6月末の世界遺産委員会の決定を待つのみです。

その前にぜひ。

うちも協賛します。
ツアー中の島おやつと小笠原のポストカード2枚を提供をします。
(サービスは変更するかもしれません。)
posted by mulberry at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする