2010年11月18日

モロゾフ「東京ラムボンボン」


PB181729.JPG
11/18 旧10/13 小雨

モロゾフが期間・店舗限定で発売中の
「東京ラムボンボン」を入手しました。
http://www.morozoff.co.jp/_cms_/news_item/detail/item00120.html

来島する知り合いに買ってきてもらったのです。

タイプは樽型容器入りのものです。

黒いプラスチック樽にチョコが詰まっています。
チョコの形もボトル型になっています。

この商品は
「小笠原村産のさとうきびから作ったラム酒を
使用したボンボンです。」とあります。

小笠原ラムが使われているということで
いいのかしら。表現が微妙です。
http://www.oga-rum.com/

アルコール度数は2.2%ほどで、
しっかりとラムの風味が出ていました。

これ何個か食べると飲酒運転の可能性も
ありですね。気をつけましょう。

みなさん、東京駅にお越しの際は
モロゾフでお買い求め下さい。

来島のお土産に期待してます。(笑)
http://www.morozoff.co.jp/_cms_/news_item/detail/item00120.html

posted by mulberry at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

コハマジンチョウの花


PB121705.JPG
11/17 旧10/12 曇り

前回、作業で南島に行った時、
コハマジンチョウ(ハマジンチョウ科・固有種)の
花を見つけました。

父島周辺では南島も含め石灰岩地形のところで
主に見られます。

本種常緑つる性小低木で、
地上を這うように生えているのがほとんどです。

南島ではわりとまとまって生えています。
ただルート上では東尾根の上で見やすいです。

花は白で、とても小さいです。
咲いていてもそれほど目立ちません。
ハマジンチョウよりさらに小さいです。

コハマジンチョウとは
小さい海岸(浜)に咲く沈丁花に似る植物
という意味のようです。

posted by mulberry at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

もうあまり泳ぐ気になりません

11月に入って、涼しくなりつつあります。

最近はぐずついた天気も多くなっています。

気圧配置によってはやや蒸し暑い日もありますが、
最高気温は26-27度どまりに。

これまでは天気がいいと、リラックスと運動を兼ね、
よく泳いでいました。

水温はまだ25度くらいはあるはずです。
泳いでも大丈夫な水温です。

でも涼しくなってくると、海に入る気になりません。
心と体が海を望まなくなります。
面白いものですね。

これはあくまで島民感覚なので、
観光の方ならまだ十分泳げると思うことでしょう。

posted by mulberry at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

小笠原諸島の世界遺産推薦に関するIUCNへの追加情報の提出について

11/16 旧10/11 くもり

「小笠原諸島の世界遺産推薦に関するIUCNへの
追加情報の提出について(お知らせ)」は
平成22年11月15日付けの環境省報道発表です。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=13136

追加情報の回答や資料を提出したという記事です。
回答の和文は
http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=16502&hou_id=13136

うちの記事でも
これまでの動きを2つほど書いています。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%C4%C9%B2%C3%BE%F0%CA%F3

気になるのは侵略的な外来種の分布データです。
http://ogasawara-info.jp/isan.html
http://ogasawara-info.jp/isan_attach.html
かなりあるなと、いまさらながらに感じましたが、
父島は逆に意外と少ないように見えました。

さてどう評価されるのでしょう。

posted by mulberry at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

小笠原ファイターズ、親子対決


PB141720.JPG
11/15 旧10/10 小雨

小1の旭は、最近、
小学生の軟式野球チーム「小笠原ファイターズ」に
入りました。

練習は毎日曜午前です。

1年生は始めたばかりで
まだキャッチボールもまともにできないレベルです。

旭はまだボールを怖がっていて、
後ろにそらせてばかりです。

昨日は親子対決がありました。
低学年は見学・応援です。

3年以上のファイターズ対父兄です。
父兄は父・母の混成チーム

5回までで、2試合やりました。
2試合とも父兄の負けでした。

がっくり。

早く旭と親子対決したいですね。
まだ大分先です。

野球記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%CC%EE%B5%E5
posted by mulberry at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

テリハボク(タマナ)がまた開花している


PB111672.JPG
11/14 旧10/9 はれ

ここの所、
テリハボク(タマナ・オトギリソウ科・広域種)が
開花しているのをまた見かけています。

普通、テリハボクは夏ごろが花期です。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%C6%A5%EA%A5%CF%A5%DC%A5%AF

今年は9月下旬に台風が来て、
そのとき木々は落枝・落葉・落実が目立ちました。

テリハボクは果期で、実がずいぶん落ちていました。

それが原因で
また開花のスイッチが入ったのかもしれません。

さてどんなものでしょう。
posted by mulberry at 08:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

ふるさと水戸の可能性と戦略(堀義人ブログ)

水戸一高の同級生の堀義人氏が、本人のブログで、
「ふるさと水戸の可能性と戦略」という記事を
書いています。
http://blog.globis.co.jp/hori/2010/11/post-ad26.html

僕も中学・高校と水戸でお世話になり、
大学は北海道に行き、親の転勤もあり、
水戸には縁がなくなりました。

でもやはり水戸には感謝と愛着があります。
堀君と同じですね。

堀君が提案している「水僑」。
僕には資金的な支援はできませんが、
気持ちはとても応援しています。

今度上京したら、久々に水戸に行こうかと思います。
そのときは母校も訪ねたいですね。
珍満や照山はまだやってるかしら。

堀義人記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%CB%D9%B5%C1%BF%CD
橘川栄作記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%B5%CC%C0%EE%B1%C9%BA%EE
posted by mulberry at 17:08| Comment(2) | TrackBack(0) | ビジネス | 更新情報をチェックする

南島周辺のドリーネ


PB121709.JPG
昨日は外来種除去作業で南島へ。

なお11-1月は、植生回復期間中につき、
観光利用での砂浜以外の上陸は制限されています。

南島周辺は珍水カルスト地形といわれ
その付近の島・岩は南島も含め石灰岩でできています。

南島は大きなドリーネ(窪み)が特徴的な島ですが、
その周辺も水中にたくさんのドリーネがあります。

航空写真で見るとよく分かります。
http://www.soumu.metro.tokyo.jp/07ogasawara/39sizenisan/2_5.html

作業している場所からもわりとよく分かりました。

ドリーネの中は南島と同じきれいな砂地です。

この付近には
マンゾウ穴というダイビングスポットがあります。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%DE%A5%F3%A5%BE%A5%A6%B7%EA
posted by mulberry at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

本「青春とは、心の若さである。」


199999269501.jpg11/13 旧10/8 小雨

この本は
サムエル・ウルマンが残した唯一の詩集
「八十年の歳月の頂から」をおさめされています。
http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_detail.php?pcd=200301000228

その中でも代表的な作品が「青春」です。

この詩はかのパナソニック創始者・松下幸之助も
引用していたと聞きます。

その真偽は知りませんが、
松下氏の「青春」は確かによく似ています。
http://panasonic.co.jp/rekishikan/kotoba/kotoba.html  

しかし、
この本のタイトル「青春とは、心の若さである。」は
松下氏の「青春」の言葉そのものです。
この本の「青春」の詩ではこういう訳はありません。

ややこしくなりました。

他にも、人生について、死について、
共感できる詩がいくつもありました。
80年生きた人の言葉で重みもあります。
posted by mulberry at 08:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

宮崎海洋高等学校実習船「進洋丸」


PB111669.JPG
11/12 旧10/7 くもり

昨日から
宮崎海洋高校実習船「進洋丸」が停泊しています。
http://www.miyazaki-c.ed.jp/miyazakikaiyo-h/
http://www.miyazaki-c.ed.jp/miyazakikaiyo-h/shinyo/shinyomaru%201.htm#donnafune

午後、生徒さんの姿があちこちで見えました。

今日は早朝6時前から、
三日月山に向かって歩いていました。
30人くらいはいたような気がします。

僕はその脇を車で通過です。

進洋丸情報によると、
今航海は、2年生の長期乗船実習のようですね。
ハワイに寄港した帰路ですね。
http://www.miyazaki-c.ed.jp/miyazakikaiyo-h/shinyo/index_shinyo.htm

宮崎まであともう少しですね。

海況があまりよくない時期になっています。
がんばってください。

進洋丸
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%BF%CA%CD%CE%B4%DD
posted by mulberry at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

尖閣のネット流出事件、どうけりをつけるのか

尖閣の問題は一度書いたことがあります。
いろは丸との対比で書いて見ました。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/9768873.html

今度は保安庁職員によるネット流出ですね。

保安庁などには
擁護の意見が相次いでいるようですね。
気持ちとしては僕もそちらのほうです。

しかし、政府・公務員・国民それぞれ立場があります。

まず流出させた公務員の行為自体は
外部持ち出しによる個人的な行為からして
やはり問題があるのでしょう。

ただ今回の行為は
国民の支持がとてもある様な気がします。
自民党も支持するのかな・・

政府・民主党も
そのあたりは敏感に感じるはずです。
官房長官の発言はそうでもないようですが。

さて、どうおさめていくのでしょうか。
国内的には穏便な形で終わるような気がします。

ただ、今後、公務員の守秘義務や倫理について、
一層厳しいことになるでしょうね。

僕は民間だから関係ないけど。(笑)

posted by mulberry at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | 更新情報をチェックする

白っぽいコカコーラの自販機


PA311475.JPG
11/11 旧10/6 くもり

以前のブログで
水色のコカコーラの自販機のことを書いています。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/9776054.html

もう一台そういうのを見つけています。

この場所は白っぽい色になっています。
後ろの建物の色に合わせてあるのでしょう。

この自販機を取り扱ってい会社の人に聞いた所、
今後もこういう自販機を増やすとのことでした。

小笠原では風景や建物の色に合わせて、
いろいろな色のコカコーラの自販機が見れそうです。

これも名物にできそうですね。

でも世の中にはすでに景観に配慮した自販機は
いろんな所で見ています。

自販機の色そのものを変える方法以外には、
自販機自体を周辺景観に合うもので囲う方法も
ありました。

ですから小笠原は
遅ればせながらというところでしょう。

良さそうな事例は
どんどんまねをしていくのも大事だと思います。

posted by mulberry at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | エコツーリズム | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

大久保利通撰文・篆額の碑


bCIMG7385.JPG
龍馬伝も残すところ、あと3回になりました。
(11/10時点)

土佐で山内容堂を説得する回、大政奉還の回、
龍馬暗殺の最終回の3回で見逃せません。
http://www9.nhk.or.jp/ryomaden/

及川光博扮する薩摩藩の大久保利通も
時々登場します。
http://www9.nhk.or.jp/ryomaden/cast/index.html

小笠原には
大久保利通による撰文・篆額の碑があります。

明治政府開拓初期の頃の碑で扇浦にあり
「開拓小笠原島之碑」といいます。
http://www.nihonshodou.or.jp/topics/dentou/index.html

大久保が暗殺されたのが明治11年5月で、
この碑の日付は明治10年11月です。

実際に小笠原に建立されたのは大久保暗殺以降です。

明治維新の人物で、
僕がなぜか大久保利通が気にかかるのは
こんなご縁があるせいかもしれません。

大久保記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%C2%E7%B5%D7%CA%DD%CD%F8%C4%CC
posted by mulberry at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | 更新情報をチェックする

11月に入り、ようやく過ごしやすい気候に

11/10 旧10/5 はれ

10月中も暑くて、
いつまでも暑い気候が続くと思っていました。

さすがに11月に入って、少し涼しくなりました。

11月中旬の最高気温は27-28度です。
最低はまだ20度以上です。
http://micos-sa.jwa.or.jp/metro/ogasawara/

この気温だと日中ひなたにいるとまだ暑いです。
でも木陰はかなり楽です。

夜間もひんやりしていおますので、
薄手の布団・毛布をかけて寝ています。

これから徐々に気温が下がってきます。

12月に入るころには、最高気温も25度以下になり、
お正月ころにはさらに下がることでしょう。

もちろん水温も下がってきます。

ちなみに元旦の海開きは
水温・気温とも22度くらいです。
これはもう気合です。(笑)

posted by mulberry at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

西海岸へ至る道


PB081645.JPG
西海岸へ降りたのはもう1年ぶりくらいになります。
前回は昨年末に行ってます。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/9062094.html

西海岸へ向かって下り出す崖道のところからは
そこそこの規模の4-5段の滝が見えます。
写真の滝です。

今回は雨のあとだったので、水量もいい感じでした。

ただしここの下り道が、年々やせ細っています。
細いヤギ道というくらいです。

自分ひとり通るには別にどうってことないですが、
参加者を連れて行くのはかなり気になります。

足を踏み外すと、急斜面、つかまる樹もあまりなく、
かなり滑り落ちそうな所だからです。

無事、海岸まで到達すると、
そこはうぐいす砂の渋い海岸です。

さらに漂着物が目立ちます。
今回もそうでした。

そんな西海岸です。

posted by mulberry at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

ツアー中、アカガシラカラスバトに遭遇


PB081656.JPG
11/9 旧10/4 はれ

昨日は西海岸までのトレッキングコースでした。

東側の海岸なのに西海岸とはこれいかに(笑)

巽湾の中には3つの海岸があり、西・中・東です。
3つの中で一番西にあるので、西海岸です。

その途中の道すがら、往復とも同じような場所で、
アカガシラカラスバトに出会いました。

往路は
複数の鳴き声が聞こえ、飛翔がチラッと見えました。

帰路は
鳴き声が聞こえ、さらに樹上の姿も見えました。

この日、参加者は1人でしたので、独占状態でした。

今日は妻がガイドで別な目的地ですが
同じコースを通ります。

状況をあとで聞いて見ます。

アカガシラ記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%A2%A5%AB%A5%AC%A5%B7%A5%E9
西海岸記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%C0%BE%B3%A4%B4%DF
posted by mulberry at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生生物 | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

船:「YAMATO」 訃報とともに


PB071616.JPG
11/8 旧10/3 くもり 

一昨日あたりから父島にきていた「YAMATO]ですが、
訃報とともに紹介する悲しいニュースです。

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2010/11/08/03.html
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/K2010110701580.html

記事によると、
西崎義展氏が船から海中へ転落死しました。

西崎氏は「宇宙戦艦ヤマト」のプロデューサーです。

そして「YAMATO」は西崎義展さんの会社の船で、
初航海公開だったようです。

ご冥福をお祈りします。

posted by mulberry at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

兄島滝之浦 海岸林植林ボランティア


PB061605.JPG
11/7 旧10/2 立冬 曇り

昨日、兄島滝之浦海岸林植林ボランティアに
家族3人(僕・妻・旭)で参加しました。
千尋は用事があるため不参加。

国有林と小笠原野生生物研究会の指導のもと、
ランタナでおおわれている海岸に苗や種を
植えました。

苗・種を植える場所は
あらかじめランタナを刈り取ってあります。

うまく苗が育てば日陰になり、
ランタナも育たなくなるのですが・・・。

そう簡単にはいかないでしょう。

こういう再生事業は
より有効な方法を見つけることが大事ですが、
やり続ける根気もとても大事です。

滝之浦が海岸林でおおわれる日まで。

滝之浦
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%C2%EC%C7%B7%B1%BA


posted by mulberry at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

聟島(ケータ)上陸 南浜から大山


PB051543.JPG
11/6 旧10/1 曇り

昨日、聟島視察に行ってきました。

森林生態系保護地域の指定ルートの設定で、
聟島ルートがずっと議論されていました。
(暫定的にはずっと利用されています。)

そして
ようやく試行期間を設けて実施されることに
なりました。

そのための観光業者向け視察です。
ほとんどが船の業者です。

僕はほとんど関係ないのですが、
前年度まで副会長として会議に出ていたので、
行き掛かり上行くことになりました。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/7392540.html

前浜上陸から大山山頂までのルートを確認しました。
草原と岩場が交互の30分ほどのルートです。
わかりにくくなりそうな所は置石をしました。

草原状のなだらかな丘陵地形の島ですから、
眺めはとてもいいものです。

植生的には面白みがありません。
過去いた野生ヤギが大きな影響を及ぼしました。

聟島に行くには片道2時間以上。
なかなか疲れますよ。そのつもりでどうぞ。

聟島
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%E6%DD%C5%E7
posted by mulberry at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科の 小笠原研修


PB031501.JPG
11/4 旧9/28 くもり、

昨日、例大祭当日でしたが、ガイドのお仕事でした。

ご案内したのは、
立教大学大学院異文化コミュニケーション研究科、
阿部治教授率いる皆さんさんでした。

参加者は
教授、院生、職員などいろいろ混じっていました。
http://www.rikkyo.ac.jp/grad/i-c/index.html
http://www.rikkyo.ac.jp/research/laboratory/ESD/index2.html

フィールドでは植生・地質の特徴や
自然保護、自然再生の取り組みをご紹介しました。
午後には戦跡も見ていただきました。

この日、8時ごろから、飲食店での懇親会もあり、
参加させていただきました。

夜更けまだ楽しみすぎて、
おかげで今日は体調不良です(苦笑)

立教記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%CE%A9%B6%B5
posted by mulberry at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | エコツアー | 更新情報をチェックする