2010年09月21日

台風12号発生、小笠原もやばい

南海上の熱帯低気圧はやはり台風12号となりました。

http://www.jma.go.jp/jp/typh/1012.html
http://www.imocwx.com/typ/typ_12p.htm

明日以降に一気に勢力をを強め、
狙いは小笠原方面です。

9/22午後3時ごろの予想のままだと、
9/24夜から9/25朝ごろにかなり近づきますね。

さてどうなることやら。

本日東京発のおがさわら丸は、
条件付出港ということです。
(台風次第では父島を早く出るということ)

確かに今の進路予想のままだと、
9/25より前に出そうですね。

この便の台風は、来島者はもちろん、
うちの商売にも大打撃になりそうです。(涙)

台風記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%C2%E6%C9%F7
posted by mulberry at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

青灯台の遊泳もおわりです


P9201062.JPG
夏の間、青灯台はブイ・フロ-トが設置され、
子供たちの遊泳場になっています。

本日9/22にそのフロート・ブイが撤去されるので、
昨日9/21がこの場所で遊泳できる最終日でした。

あと1ヶ月くらいはまだまだ泳げるので、
ほんとは10月以降に撤去してほしいですが、
しょうがないですね。

うちの子供たちは午後に出かけましたが、
さすが最終日で大賑わいでした。

最後の青灯台遊泳を楽しんだことでしょう。

青灯台が駄目でも、まだまだ海では泳げます。
これからの休みは他の浜辺で泳ぎましょう。

さて青灯台はまた釣り人の場所になります。
そうなると、
確実にタバコのポイ捨てが多くなります。

これは過去にデータも取っているます。
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub21-2.htm
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub21.htm
釣り人のマナーが問われています。

青灯台記事http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%C0%C4%C5%F4%C2%E6




posted by mulberry at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | 更新情報をチェックする

敬老大会で太鼓を叩く

P9201058.JPG


太鼓を叩くといっても、
僕の話しではなく、千尋のことです。

昨日9/20は敬老の日。
父島では敬老大会が開催されました。

敬老大会には
ある年齢以上(70?)の招待者と来賓が
集まっていました。

うちの母も招待がきていたのですが、
今年もいやがって不参加でした。

お昼からは昼食会で、太鼓はそこで披露です。

昼食会がはじまり、最初の出し物が
若葉太鼓(小・中学生のグループ)です。

千尋は5年生ですので、小学生のグループです。

小学生6人と大人とで、太鼓を叩いていました。

太鼓はあっという間に終わり、
千尋の出番もすぐ終わりました。

午後は青灯台で泳いだり釣りしたりでした。
posted by mulberry at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族 | 更新情報をチェックする

次便は天気が気になります(100921)

9/21 旧8/14 はれ

衛星画像を見ていると、
南海上に大きな雲の塊があります。

熱帯低気圧のようです。
http://www.imocwx.com/typ/typ_91p.htm

今後台風になるかどうかはまだわかりませんが、
動きが気になるところです。
http://micos-sa.jwa.or.jp/metro/ogasawara/

北上してくる予想も出ています。
http://www.bioweather.net/chart/pressure.htm

次便は明日9/22父島着です。
この便も乗船客は多いはずです。

このまま熱低が北上すると天気・海況が心配です。

さてどうなることやら。
そろそろなのかな。

posted by mulberry at 06:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

オガサワラゼミの抜け殻


P9181050.JPG
9/20 旧8/13 はれ

ここ数日、山でガイドをしていると、
オガサワラゼミ(固有種・国天然記念物)の鳴き声が
よく聞こえてきます。

近づくとたいてい鳴きやんでしまいます。

なので、
樹上のオガサワラゼミを見つけるのが難しいです。
(下手なだけかもしれませんが)

結局うまくセミが見つけられずに、
この抜け殻のほうが先に見つかりました。

地面から1mくらいのところについていました。
こちらはいくつか見つかりました。(笑)

小笠原にはオガサワラゼミしかいませんので、
今まで山は静かでした。

このセミが鳴き出して
これからしばらく山はにぎやかになります。

セミ記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%AA%A5%AC%A5%B5%A5%EF%A5%E9%A5%BC%A5%DF
posted by mulberry at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生生物 | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

森鴎外「ヰタ・セクスアリス」

ヰタ・セクスアリス [ 森鴎外 ] - 楽天ブックス
ヰタ・セクスアリス [ 森鴎外 ] - 楽天ブックス

タイトルの「ヰタ・セクスアリス」とは
ラテン語で性欲的生活という意味です。
http://www.shinchosha.co.jp/book/102003/

主人公の哲学者・金井湛が
6歳から21歳までの生活・できごとの中で
性欲的生活に当たることを書き綴っています。

男性が読むと、成長過程でのできごとで、
なんとなく思い当たる節もあるはずです。

関東の男性ならご存知の「吉原」ですが、
東京で学生だった金井ももちろん出かけています。

本書は小説ですが
著者の自伝的な部分も多分にあると思います。

今の感覚で読むと、別にどうってことないですが、
発表当時(明治42年)はすぐに発禁になっています。

posted by mulberry at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

やはり天気予報は当たらないなあ(100919)

数日前の記事で、
予報があたらない愚痴を書きました。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/9701028.html

その後も、予報ははずし気味でした。
実感としてははずしていました。

そして今日の予報は
晴れのち雨で午前は降水確率低いです。
雨は夜のはずです。

でも衛星画像でやばそうだなと思っていたら、
案の定、音を立てて降っています。
http://www.jma.go.jp/jp/gms/

「俺のほうが当たるじゃねえか」と
また愚痴をこぼしちゃいます。

僕の今日の予報は「曇り時々雨」
勝負じゃ。

http://micos-sa.jwa.or.jp/metro/ogasawara/


posted by mulberry at 09:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

明るい月夜は母島が見える

ここ数日は日中視界がとてもクリアです。

昼間、
父島の山頂からは母島がくっきりよく見えています。

夜は月がとても明るくなっています。

そのため、昼間と同じ場所から見ると、
やはり母島がうっすらと見えます。

月明かりだけでも母島が見えますね。
港同士は50kmくらい離れています。

月明かりだけで母島がわかるなんて、
実は新たな発見でした。

未だにいろいろ発見がありますね。

母島記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%CA%EC%C5%E7
posted by mulberry at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然 | 更新情報をチェックする

もうすぐ「十五夜」です

9/19 8/12 はれ

2010年の9/22は旧暦8/15「十五夜」です。

中秋の名月、芋名月などともいわれています。

旧暦では秋は7.8.9月なので、8月は中秋ですね。

芋名月は
芋(里芋)を月見に供ええるところからのようです。

夏は月が低く、冬は月が高くて、
春や秋はちょうどいい高さに月があります。
さらに春と秋では秋のほうが天気がいいので、
お月見は秋なんだそうです。

お月見というと満月のイメージがありますね。
でもこの「十五夜」は必ずしも満月とは限りません。

新月から15日目なので、ほぼ満月ですが、
満月でない年もあります。

2010年は翌日9/23日が満月、秋分の日です。

詳しくはこちらを
http://www.astroarts.co.jp/special/moon_watching/fullmoon-j.shtml

満月記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%CB%FE%B7%EE
posted by mulberry at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

男鹿海洋高等学校「船川丸」


P9171044.JPG
昨日から岸壁に「船川丸」が停泊しています。

この船は
秋田県男鹿海洋高等学校の実習船です。
http://www.kaiyou-h.akita-pref.ed.jp/index.html

昨年も来島していました。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/8795398.html

秋田からだと津軽海峡を経て南下してくるのかしら。
長い航海ですね。

今後、
海は台風のうねりの影響が出るかもしれません。

実習がんばって下さい。


posted by mulberry at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする

今年の9月は暑い気がする(2010年)

小笠原でも、例年、9月中旬ごろになると、
暑さも峠を越した感ががあります。

しかし今年は9月になっても暑く感じます。
最高気温が31-32度近くまでなる日が続いています。

高気圧が強いのでしょう。

台風も来ないのは大助かりですが、
最高気温30度くらいでとまってほしいいです。

ですから、
千尋岩コースなどの歩き主体のツアーは、
汗をたっぷりかきます。

当分は飲み物を1.5L以上はお持ちください。

山歩きコース
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub1-3.htm


posted by mulberry at 06:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする

都営住宅のシマオオタニワタリ、その後

P9080978.JPG


我が家は4階建て都営住宅に住んでいます。

都営住宅の外部踊り場のパイプに、
シマオオタニワタリ(チャセンシダ科・広域種)が
生えています。

2008年12月の記事で書いています。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/7866163.html

それからもう1年半以上たちますが、
元気に育っています。

写真のように、大分大きくなっています。

コンクリートとパイプのつなぎ目で、
水が滴ってくるのでしょうね。

今後もどれくらい育つか楽しみです。

ちなみに父島では自然分布していますが、
ヤギの食害でとても少ないです。
現在あまり見られません。

posted by mulberry at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

次便は「館山寄港便」です

次回9/21東京発の便は、
往復とも館山寄港となります。

http://www.ogasawarakaiun.co.jp/tour/kiko_tateyama.html

次便も休日があるので、乗船客は多いようですが、
館山利用は少ないらしいです。
(うわさなので、信憑性は疑問ですが)

久里浜寄港はとても評判がいいのですが、
館山側だとメリットがさほどないのかしら。

僕がこの便に乗るチャンスがあれば、
一泊くらいして、南房総で遊びたいと思っています。

千葉方面の方で、急に思い立った方、
ぜひ館山からどうぞ。

館山記事
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub3-50.htm
posted by mulberry at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

テリハボク(タマナ)の実


P9161036.JPG
9/17 旧8/10 はれ

海岸に行くと、
テリハボク(広域種・オトギリソウ科・タマナ)の
丸い実が落ち始めています。

サイズは直径3-4cmくらいで、かなりかたいです。
食用にはなりません。

落ちてすぐはまだ緑色ですが、
徐々に茶色に変わっていきます。

この時期、海岸でのんびりしていると、
ときどきポタッと落ちてくるのがわかります。

もし運悪くまともに頭にでも当たったら
痛いだろうなと思います。

この時期、テリハボクの近くでのんびりしていると、
そういうこともありえるので、ご注意を。
posted by mulberry at 07:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

南島外来種除去作業(100915)


P9151033.JPG
昨日午前、
村主催「平成22年度第1回外来種啓発事業」として、
ボランティアの南島外来種除去作業がありました。

ボランティアとスタッフ合わせて20数人が
集まりました。

僕と妻は指導員として一緒に作業をしてきました。

作業は午前9時すぎから11時までの
2時間弱です。

たった2時間と思うかもしれませんが、
まだ9月、とにかく暑かったです。

汗がダラダラと、とめどなく噴きだしてきました。

抜いた外来種は
オオアレチノギク・コトブキギク、シンクリノイガ、
オオバナセンダングサなどです。

90Lの袋が40袋ほど集まりました。

作業終了後は、1時間ほど休憩。
扇池で泳いでクールダウンする人が多かったです。

ただ遊びで行って扇池の泳ぐのとは一味違います。
こういうときほうが実は至福のときなんですよね。

ボランティア・スタッフの皆様、お疲れ様でした。
いい汗かきましたね。

外来種除去作業記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%C6%EE%C5%E7%B3%B0%CD%E8%BC%EF%BD%FC%B5%EE%BA%EE%B6%C8
posted by mulberry at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | エコツーリズム | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

10/31-11/5 小笠原訪問並びに交流ツアー

今年も10/31-11/5、
「小笠原訪問並びに交流ツアー」が実施されます。

今回で11回目です。

ツアー代金もかなりお手ごろ価格です。
http://www.ogasawarakaiun.co.jp/tour/tour20101031.html

この便中には
毎年大神山神社例大祭もあります。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%C2%E7%BF%C0%BB%B3%BF%C0%BC%D2%CE%E3%C2%E7%BA%D7
今年はばっちりお祭りも楽しめるでしょう。

さらにお得な情報として、このツアー参加者向けに、
小笠原村観光協会の協賛ガイドが25%オフで
ツアー実施します。
うちも協賛しています。

posted by mulberry at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 募集・PR | 更新情報をチェックする

シャリンバイの花


P9120998.JPG
9月中旬になっても暑さは変わりませんが、
自然現象を見ると、確実に季節は移っています。

たとえば、
日没が早くなりました、ペガススが見えています、
オガサワラゼミが鳴き始めています、など。

植物でいえば、
シャリンバイがぽつぽつ咲いています。

小笠原ではシャリンバイ(バラ科・広域種)は
秋・冬の花です。

12-1月ごろが花の見頃です。
低木性の場所にたくさん自生しています。
山頂などの展望台にはたいていあります。

見頃の時期まではまだ先ですが、
探せばぽつぽつとあちこちで咲いています。

シャリンバイ記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%A5%B7%A5%E3%A5%EA%A5%F3%A5%D0%A5%A4
posted by mulberry at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 植物 | 更新情報をチェックする

ブログが日記の役目

9/15 旧8/8 はれ

ブログを書き始めてもう5年以上経ちます。
2005年3月から始めています。

3600ほどの記事を書いています。
カテゴリーとしてはできごとがトップです。

人生で日記をつけることがまずありませんでしたが、
このブログはほぼ毎日書き込んでいるので、
日記の意味合いがありますね。

ブログではブログ内検索やカテゴリーが使えるので、
これがまたとても役立っています。

似たような記事を探したりするのが一発です。

5年もやっていると、
たいてい過去に似たような記事を書いています。

でもたまには、キーワード検索しても、
何も出てこないような時もあります。

今後はまた一段と新たな視点で記事が書ければと
思っています。


posted by mulberry at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

文庫:「龍馬を越えた男 小松帯刀」

龍馬を超えた男小松帯刀 [ 原口泉 ] - 楽天ブックス
龍馬を超えた男小松帯刀 [ 原口泉 ] - 楽天ブックス

小松帯刀という人物は、
恥ずかしながら最近まで名前すら知りませんでした。

幕末がらみの本を読むと、時々出てきます。
それでこの人物の名を知りました。

ただし、帯刀が「たてわき」ということは
さらに最近知りました。
ちなみに広辞苑には、
「たてわき」「たちはき」という読みがありました。

小松帯刀すごい人物だったのですね。

幕末の薩摩藩といえば、島津斉彬没後、
島津久光、西郷隆盛、大久保利通などの人物が
すぐに思い出されます。

実は小松帯刀がこの人たちを支えていたのですね。

著者は
大政奉還の一番の立役者だと考えてもいるようです。

だからこそ本書のタイトルに
「龍馬を越えた男」がついているのでしょう。

http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=978-4-569-67536-7
posted by mulberry at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

傘山からの夕日


P9131010.JPG
9/14 旧8/7 晴れ

昨日、傘山に夕日を見に行きました。

午前は雨模様で、午後も曇りでしたが、
3時過ぎから晴れてきました。

傘山は車道から10分ほど山道を上ります。

日中はよくツアーでも行くのですが、
わざわざ夕日を見にくことはめったにないです。

過去の記録でも2007年の7月にいったきりです。
つまり3年ぶりです。
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/5855474.html

この日は誰もいませんでした。

9月にもなると、
夕日の位置もずいぶん南寄りになります。

ちょうど二見湾の中央に沈んでいく絶好の場所
でした。

最後は雲にさえぎられました。
あと一歩のところでしたが、日中の天気を考えると、
まずまずといえるでしょう。

ちなみにマルベリーでは10月以降、
サンセット&オオコウモリ飛翔ツアーも始めます。
傘山からのサンセット希望もリクエストください。
http://www.h2.dion.ne.jp/~mulberry/sub1-1-2.htm

傘山記事
http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/search/?keyword=%BB%B1%BB%B3


posted by mulberry at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 天候・気象 | 更新情報をチェックする