2018年02月10日

アマモシシラン(オガサワラシシラン)の胞子嚢群

DSCN4623(1).jpg DSCN4625(1).jpg アマモシシラン(イノモトソウ科・広域分布種)は ヤギの食害をかなり受けるシダです。 最近はヤギの減少で 少し復活傾向が見られます。 かつてはオガサワラシシランとして 固有種とされていました。 木生シダの幹や湿っぽい岩場などに 着生しています。 普通、葉の長さは30cmくらい。 胞子嚢群は 両側の葉の縁全体につきます。 アマモとは海草のアマモ(甘藻)のこと。 和名は甘藻獅子蘭です。 
posted by mulberry at 09:50