2017年04月13日

白花のホナガソウ(ナガボソウ)

DSCN1019.JPG とある場所で 白花のホナガソウ(ナガバソウ・クマツヅラ科・外来種)を見つけました。 1群落だけ白花でした。1個体なのかもしれません。 周辺はみな青花でした。 僕が白花を見たのは初めてです。 ネットで調べると、 父島ではまれには出ているようですね。 レアであることは間違いないですね。
posted by mulberry at 09:52

2016年07月04日

7/3午後、森歩き・・花めぐり

P7030403.JPG 7/3午後、森歩きでした。 2名様をガイド。 入港日午後と、翌日一日で 多くの花を見たいというリクエストをいただいていました。 なので、外来種・自生種を問わず、 花のあるところを主にガイドしています。 このあたりは テリハハマボウ(固有)、ランタナ(外)、ホナガソウ(外)などが よく咲いています。
posted by mulberry at 07:12

2016年04月18日

千尋岩(ハートロック)の外来種除去ボランティア

P4170961.JPG 昨日4/17、森林生態系保全センター主催、 千尋岩外来種除去ボランティアが実施されました。 僕と妻も参加しました。 作業は 千尋岩の外来草本(オオバナセンダングサ、ホナガソウなど)を抜き取るものです。 現場まで2時間ほどかけて到着。 すぐ昼食をとりました。 その後、作業開始です。 短い時間で、それほど広範囲にはできませんでしたが、 休憩地のあたりはずいぶんきれいになりました。 帰路は運搬です。 抜いたものを全部運びおろ..
posted by mulberry at 07:15

2016年03月07日

よくある間違い?・・オオヤドカリ、ヒラベソカタマイマイ、オナガソウ

P3060520.JPG ナイトツアーでオカヤドカリを紹介すると、 たまにオオヤドカリと覚えてしまう人がいます。 サイズが大きいので オカをオオと認識してしまうのでしょうね。 オオヤドカリ× オカヤドカリ○ 南島にある ヒロベソカタマイマイもヒラベソ・・という人がいますね。 これもよくある間違いかしら? ヒロベソカタマイマイ○ ヒラベソカタマイマイ× ホナガソウもオナガソウになる場合があります。 ホナガソウ○ オナガソウ×
posted by mulberry at 07:43

2014年07月10日

ホナガソウの花

P7098017.JPG 父島の道端には 普通にありすぎてほとんど紹介もしていない植物です。 ホナガソウ(クマツヅラ科・外来種)は 穂の先に順次花をつけていきます。 ただし、あくまでも順々なので、 穂全体に花がつくことはまずないです。 写真のように、 花をつけているすぐ上は次のが出ようとしています。 小笠原では花期は通年です。
posted by mulberry at 08:48

2012年02月14日

小笠原高等学校の「環境ボランティア学習」

P2133813.JPG 2/14 旧1/23 はれ 昨日午前、 小笠原高校(おが高)の「環境ボランティア学習」の指導をしました。 これはNPO小笠原野生生物研究会に依頼がきたもので、 僕も含めて3人が指導員として参加しました。 場所は長崎展望台付近です。 高1の生徒20人ほどが集まりました。 団体の活動の説明のあと、男・女別グループで、 1時間ほど外来種駆除体験をしました。 男性は主に鋸でモクマオウ・ギンネムを伐りました。 女性はホナガソウ・オ..
posted by mulberry at 08:01

2009年08月20日

西海岸トレッキング


P8190159.JPG8/20 旧7/1 くもり 昨日は、西海岸方面トレッキングでした。 西海岸といっても、 父島の東側で、巽湾の中の西側にあります。 このコースは、最近あまり利用されていないようで、 開けた場所ではホナガソウが繁茂していました。 特に西海岸のほうへ下る細い崖道の所は ホナガソウの繁茂と道の崩れが目立ちました。 慎重に歩かないと危ない箇所でした。 その後、西海岸展望箇所でお昼にしました。 ここからの西海岸や鯨崎の眺めは絶景です。 沖合いの東..
posted by mulberry at 07:47