2018年03月23日

ハウチワノキ雌株の花

DSCN5021.JPG 3/22 旧2/6  曇り ハウチワノキ(ムクロジ科・広域分布種)は 雌雄異株。 本種の花には花弁がありません。 現場で見ていると、 雄株の方が多いように感じます。 これは雌株の花です。 4-5裂の萼片とめしべ1。 めしべの柱頭は2-3裂です。
posted by mulberry at 07:08

2018年02月09日

ハウチワノキ雄株の花

DSCN4653.JPG 2/9  旧12/24  曇り ハウチワノキ(ムクロジ科・広域分布種)、 雌株の花を見つけました。 そろそろ花期を迎えつつあります。 花弁はありません。 外側の緑の萼片4-5と 内側に黄色のおしべ8-10です。
posted by mulberry at 07:32

2017年03月03日

めしべののびたハウチワノキ雌株

DSCN0729.JPG 3/3  旧2/6  晴れ ハウチワノキ(ムクロジ科・広域分布種)雌株です。 4裂(4-5)の蕚片からめしべがのびています。 柱頭は3裂のように見えます。 これで、 雄株と雌株の花の違いがよくわかりました。
posted by mulberry at 07:30

2017年03月01日

ハウチワノキ雄株の花

DSCN0721.JPG 昨日は雌株の花を記事にしました。 http://ogasawara-mulberry.seesaa.net/article/447451484.html 雄株の花は何度か記事にしています。 つぼみのころは萼片4-5にくるまれています。 蕚片が開き、花弁がなく、 黄色のおしべ8-10が目立ってきます。 めしべは退化して痕跡がある程度です。 実際には、 下向きに開くので、あまり目立ちません。
posted by mulberry at 07:51

2017年02月28日

ハウチワノキ雌株の花

DSCN0722.JPG 2/28  旧2/3  曇り ハウチワノキ(ムクロジ科・広域分布種)は 雌雄異株といわれています。 これは雌株の花です。 同株に 昨年の果実がまだ残っていたので間違いないです。笑 まだ 4-5の蕚片にくるまれています。 中をわってみると、 発達しためしべと退化したおしべがありました。 本種は花弁はありません。 雄株だと 蕚片がひらき、黄色のおしべが目立ってきます。 雌株は このあと花柱・柱頭が目立ってくるので..
posted by mulberry at 09:59

2016年03月23日

ハウチワノキは雌雄異株

P3230645.JPG 3/23  旧2/15  晴れ 父島の岩場、小低木エリアでは ハウチワノキ(ムクロジ科・広域分布種)が花期を迎えています。 ただし、花弁のない花です。 花弁に見えるのはおしべに相当する部分ですね。 本種は雌雄異株です。 この写真の個体は 花粉を飛ばし、雄株のようです。 めしべも退化した感じです。 萼片が(4-)5、おしべ(8-)10くらい、めしべ1です。 また雌株をさがしてアップします。
posted by mulberry at 09:02

2014年03月22日

ハウチワノキの花

P3196326.JPG 3/22  旧2/22  晴れ ハウチワノキ(ムクロジ科・広域分布種)の花が 咲き始めています。 父島では 山頂付近や岩場の低木の所にはたいてい生えています。 樹高も1m位です。 花はたくさんつけるのですが、 たいてい下向きになっていて、意外と目立ちません。 よく見ると黄色の花です。 いつも疑問に思うのは ハウチワノキの語源です、 僕は葉のつき方がハウチワのように思うのですが、 ほとんどはうちわのような形の果実のこと..
posted by mulberry at 07:21

2012年02月26日

ハウチワノキの花

P2253874.JPG 2/26 旧2/5 曇り 最近、花を咲かせるものが増えてきました。 ただし、小さな花のものが多いので、目立ちませんが・・・ 父島では 山頂付近の土壌の浅い所では小低木性の植生となっています。 そのあたりには たいていこのハウチワノキ(広域分布種・ムクロジ科)が 生えています。 展望台になっている観光ポイントにも たいていありますね。 そろそろ花をつけだしています。 ただ、花は下向きに咲いているので、 ちょっと持ち上げるか..
posted by mulberry at 07:45

2011年03月18日

ハウチワノキの花

P3160906.JPG 3/18 旧2/14 曇り 山を歩くと、確実に春の花が増えてきています。 ハウチワノキ(ムクロジ科・広域種)は 岩場や山頂などの小低木林に自生します。 広域分布種ですが、 小笠原の分布は限られ、父島・兄島・聟島のようです。 母島にはないんですね。 花はたくさんつけていますが、 下向きになっていて花そのものはよく見えずに、 がくの部分が見えています。 花は黄色です。
posted by mulberry at 08:28

2010年02月12日

ハウチワノキの花

P2111823.JPG ハウチワノキ(広域分布・ムクロジ科)は 早いところでは花が咲き始めています。 父島の山頂付近の岩場や展望台のあるところには 大抵生えている低木です。 写真は もうひといきで花が開きそうな状態のものです。 花は黄色ですが、小さく下向きなので、 あまり目立ちません。 まだツボミの目立たないものも多いので、 花の盛りになるのは3月以降かと思います。 これからの時期、 春の花が徐々に咲き出してきます。 楽しみですね。 ..
posted by mulberry at 09:15

2009年02月05日

ハウチワノキの花


P1300017.JPGハウチワノキ(広域種)の花が咲き始めています。 先日、千尋岩までトレッキングしたときに、 岩場の上で、咲いているのを見つけました。 父島では、 展望台のあるところは、大抵岩場になっているので、そんな場所によく自生しています。 低木性の山頂も同様です。 ハウチワノキは葉の緑の色合いが独特なので、 わかりやすいかと思います。 これからもうしばらくすると、 あちこちで花が咲き始めること思います。 これから春に向かって、 花期のものが増えてき..
posted by mulberry at 08:36

2008年03月15日

山旅人、ハートロックへ行く


P3152123.JPG3/15 旧2/8 くもり 今日は「山旅人」小笠原ツアーご一行様で、 千尋岩トレッキングでした。 「山旅人」さんは、昨年に引き続き、 今年も小笠原にきていただきました。 そしてガイドもうちをご利用いただき感謝です。 雨が心配された天気予報でしたが、 幸い、雨にはまったく当たらず助かりました。 目的地ではクジラのブローも見ながら ゆっくり弁当を食べることができました。 ハウチワノキ・イワザンショウの花なども 咲いていました。 帰り..
posted by mulberry at 17:14

2008年02月25日

ハウチワノキの花


P2201972.JPG2/25 旧1/19  どんより曇り 定期船12:30 339人 山頂付近の小低木林では、 このハウチワノキの花が咲き始めています。 父島ではわりと幅広く分布しています。 葉の形や色が周りの樹木のとは違うので、 すぐ分かるでしょう。 花は黄色ですが、葉っぱもやや黄色身を帯びて、 あまり目立ちませんね。 1−2ヶ月後には、独特の形の果実をつけ、 中に小さな種がいくつか入っています。
posted by mulberry at 09:04

2008年02月20日

快晴の躑躅山


P2201973.JPG2/20 旧1/14  昼過ぎまで快晴 女性の参加者2人と、躑躅山に行きました。 元同じ会社のお友達だそうです。 今日は快晴のいい天気で、風もそれほどでなく、 絶好のコンディションでした。 躑躅山からの眺めも気持ちよく楽しめました。 途中、ハウチワノキやムニンタツナミソウが、 咲き始めていました。 ムニンツツジもわずかですが、花が見れました。 ムニンツツジをヤギから守るためのネットを、 以前よりしっかりとしたネットに、 最近変えたようです..
posted by mulberry at 16:46

2007年03月23日

ハウチワノキの花


IMG0639.JPG3/22 旧2/4 久々に晴れ間が広がる 長崎付近では、 ハウチワノキ(広域種)が花をつけ始めている。 この樹は 乾性低木林の中でも、乾いた山頂・尾根などに生育し、 樹高はほとんど人の背丈くらいまでである。 他の樹と葉の色合いが違うので、 生えていると、わりと目につく。
posted by mulberry at 07:45

2006年02月22日

アミューズトラベル小笠原ツアー・躑躅山


CIMG68150.JPG2/22 旧1/25  二の牛 世界友情の日 猫の日 食器洗い乾燥機の日 昨晩の雨は上がり、いい天気です。風はやや涼しい。 最終日午前中も、 アミューズトラベルの小笠原ツアーご一行様を 躑躅山にご案内、。 残念ながら、躑躅は咲いていませんでしたが、 朝立岩がきれいな青空をバックに望めました。 オオハマボッスやハウチワノキが咲いていました。 最後までみな元気で活動されて何よりでした。 みなさん、ぜひまたいらしてください。     
posted by mulberry at 15:01

2006年02月21日

ガジュマルブランコ楽しいよ


CIMG68090.JPG2/21 旧1/24 下弦の月  気温も上がり、汗ばむ陽気でした。 森の散策コース。 低木林や高木林を散策し、最後にガジュマル林へ。 みんな、ガジュマルブランコで遊びました。 こういうのは、子供だけじゃなく、 大人も楽しめます。 今日はアカガシラカラスバトも見れたし、 ハウチワノキ・シラゲテンノウメ・ムニンシャシャンボ・ムニンタイトゴメ・シマモチなどの 花も楽しめました。 夜は衣川ファミリーがナイトツアーへ。 子供さんたち、楽しんでいただけた..
posted by mulberry at 21:55

2005年03月14日

千尋岩


20050314930f3998.JPG若い写真家のO氏をご案内。 9月ころ、銀座で個展をやるそうだ。 幸いいい天気で、素敵な写真が撮れたようだ。 この近辺では イワザンショウ・ハウチワノキなどが咲いていた。 シマウツボはずいぶんヤギに食われていた。
posted by mulberry at 16:28

2005年03月11日

戦跡探検ツアー


200503117246d093.JPG好天に恵まれた。 戦跡探検ツアーで山の中各所を回った。 夜明山付近の岩場では ハウチワノキやテンノウメがよく咲いている。
posted by mulberry at 21:42