2018年05月13日

ハマゴウ(シソ科)の花

DSCN5450.JPG ハマゴウ(シソ科・広域分布種)の花が 咲き始めています。 小笠原群島の在来種(自生種)で 紫色の花は本種以外には思いつきません。 やや近い桃色はいくつかありますが・・。 父島では ハマゴウはたいていの海岸で見られます。 地上を這うように広がっています。 花も 5月以降は10月ごろまで咲いています。 花は5裂、 5裂のうち一番下が唇形で大きめです。 おしべ4、めしべ1。
posted by mulberry at 17:09

2017年05月28日

ハマゴウの花

DSCN1758.JPG 5/28  旧5/3  曇り 海岸では ハマゴウ(シソ科・広域分布種)の花が見れるようになっています。 花期はかなり長いので、 これからは11月ごろまで花が見れます。 普通は砂地に、這いつくばるように生えていますが、 先端はやや立ち上がる傾向にある小低木です。 花は5裂、下側の1裂は唇形です。 おしべ4、めしべ1です。 小さい花ですが、 近くでよく見ると、面白い形しています。
posted by mulberry at 08:28

2015年04月27日

ハマゴウの花を近くで見ると・・

P4220879.JPG 4/27  旧3/9  小雨 ハマゴウ(シソ科・広域分布種)の花が咲き始めました。 つる性小低木で、浜辺に這いつくばるように生えています。 夏場は青紫のたくさんの花をつけますが 小花のため、花の形をじっくり見る方は少ないかと思います。 独特の形をしています。 花は5裂し、上2、 下は3裂し、中央部が大きく、唇のようです。 おしべ4、めしべ1がのびています。
posted by mulberry at 07:58

2014年05月20日

ハマゴウの花

P5197080.JPG 5/20  旧4/22  霧雨 ハマゴウ(クマツヅラ科・広域分布種)の花が咲き始めています。 広辞苑ではハマゴウは蔓荊となっています。 香りがあるので、浜香と書いたりもするようです。 海岸ではグンバイヒルガオにやや遅れて 例年、5月ごろから咲き始めています。 花は独特の形になっています。 おしべは4つで、めしべは1つです。 ハマゴウは落葉小低木ですが、 小笠原では落葉していないのもありますね。
posted by mulberry at 06:11

2014年04月22日

ツルナの花

P4216682.JPG 海岸付近では ツルナ(ツルナ科・広域分布種)も花がをつけつつあります。 グンバイヒルガオやハマゴウは どこの海岸でも生えていそうなくらいです。 ツルナはそれほどでもないです。 南島では広範囲に生えています。 外周部の岩場にも多いです。 ツルナの花ですが、実は花弁がないそうです。 黄色の5弁に見えるのは萼なのです。 萼が花びらのように見えるツルナです。笑
posted by mulberry at 08:19

2013年05月14日

ハマゴウの花

P5132589.JPG 南島では ハマゴウ(クマツヅラ科・広域分布種)の花が咲き始めています。 ハマゴウは 図鑑により常緑と落葉と両方が出ています。 小笠原では落葉するほうが多いとは思いますが、 両タイプあるように思います。 南島ではほとんど落葉していますね。 だから冬場は枯れ木のようです。 春になって、 まず葉をさき茂らせて、その後花をつけます。 花期はかなり長いですね。
posted by mulberry at 10:27

2012年05月26日

ハマゴウの花

P5210160.JPG 5/26 旧4/6 曇り・台風2号 海岸の砂地では、グンバイヒルガオに一足遅れて、 ハマゴウ(クマツヅラ科・広域種)が咲き始めています。 父島ではたいていの海岸で見られます。 南島でも内部の砂浜の周りには群生しています。 ハマゴウとグンバイヒルガオは同じような場所に生えています。 どちらも砂地を這うように生えています。 しかし、グンバイヒルガオが草本ですが、 ハマゴウは木本(つる性低木あるいは小低木)です。 木本のせいか、枝分..
posted by mulberry at 10:57

2012年05月22日

グンバイヒルガオの花がよく咲いて・・

P5150106.JPG グンバイヒルガオ(ヒルガオ科・広域種)は 初夏の頃から海岸の砂地で咲きはじめます。 扇浦海岸では ピンクの花がとても目立ってよく咲いています。 父島では 前浜もそこそこ咲きはじめています。 小港はまだそれほど目立つほどでもないです。 このくらいたくさん咲いていると気持ちがいいですね。 そろそろハマゴウも咲き始めています。 これからハマゴウとグンバイヒルガオの両者が 海岸の砂地で咲き誇りますね。 グンバイヒルガオ記事 ..
posted by mulberry at 14:18

2011年04月19日

グンバイヒルガオの花

4/19 旧3/17 曇り 数日前の記事で、 まだグンバイヒルガオ(ヒルガオ科・広域分布)の花を見ないことを 書きました。 http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/10089745.html その後、数日ですが、2ヶ所の浜辺で見つけました。 洲崎と前浜(大村海岸)です。 洲崎はともかく前浜はまさに灯台下暗し。(笑) ピンク色の大き目の花でとても浜辺に映えますね。 もうしばらくするとあちこちの海岸..
posted by mulberry at 07:16

2011年04月15日

ツルナの花

P4101043.JPG 4/15 旧3/13 はれ 夏になると浜辺にはいつも グンバイヒルガオやハマゴウが花をつけています。 この時期は、浜辺を歩いても、 まだ地上性・つる性の植物の花が見つけられません。 ようやく見つけのが、このツルナ(ツルナ科・広域種)の花です。 小笠原の自生種ではツルナ科は本種のみのようです。 花は葉の付け根に小さな黄色で目立たないように咲いています。 なので、間近に行かないと花を見ることはできません。 もう少しすると、 グン..
posted by mulberry at 08:33

2010年05月17日

寄生植物スナヅル

P2061843.JPG 小港では海岸に近い砂地に スナヅル(クスノキ科・広域種)が生えています。 南島でもルート沿いに生えています。 スナヅルは グンバイヒルガオやハマゴウと同じような場所に 群生しています。 寄生植物で、葉は退化し、茎しか見えません。 一見すると黄や黄緑の紐(細いロープ)のようです。 ですから、これ見ていても植物だと思わず、 漂着物だと思っている人もいるでしょう。 近づいて見ると、 小さな花や実がついているのがわかります。 ..
posted by mulberry at 14:47

2010年05月16日

クサトベラの花

P5012246.JPG 海岸付近ではクサトベラ(クサトベラ科・広域種)の 白い花が咲いています。 この時期くらいからはわりと長い期間 花が見られるように思います。 小笠原では海岸植生の代表的な低木です。 つる性のハマゴウやグンバイヒルガオの奥に 繁っています。 南島では東・西の尾根筋周辺によく繁っています。 小笠原では クサトベラ科の自生種は本種だけです。 かつて葉をタバコの代用としたようで、 カイガンタバコともいわれたそうです。 和名はト..
posted by mulberry at 08:08

2010年05月12日

オオバシマムラサキの花


P4252229.JPG オオバシマムラサキ(クマツヅラ科・固有種)の花が 咲いています。 小笠原でクマツヅラ科の植物は ランタナやホナガサソウなどの外来種が目立ちます。 自生のものは本種を含むムラサキシキブ属3種と、 海岸性のハマゴウくらいです。 ムラサキシキブ属3種は種分化によるもので、 このオオバシマムラサキが一番広く分布しています。 背丈も高くなります。 他の2種(シマムラサキ・ウラジロコムラサキ)は 父島列島に自生しますが、個体数は少ないです。 ..
posted by mulberry at 14:20

2010年05月07日

ハマゴウの花


P5052302.JPG ハマゴウの花が咲き始めています。 ハマゴウ(クマツヅラ科・広域種)は 海岸の砂地で群生して生えるつる性植物です。 地上をはっている場所が多いですが、 南島などでは50cmくらいまで立ち上がっています。 父島の海岸では グンバイヒルガオとともにごく普通に見られます。 花は紫がかった色でたくさんつけます。 果実は薬用になるようです。 葉には独特の香りがあります。 グンバイヒルガオ: http://blogs.dion.ne.jp/mu..
posted by mulberry at 07:37

2010年04月18日

ハマナタマメの花


P4162183.JPG 4/18 旧3/5 はれ ハマナタマメ(マメ科・広域種)の花が 咲きはじめてました。 海から続く断崖の山の上です。 父島は 島が小さく(24ku程度)、山も低く(326m)、 海からは山まで断崖で、山頂は岩場が多いという 環境です。 そうなると、 山頂の岩場も、日当たりよく、潮風が当たったりで、 海岸に多少条件が似たところがあるのでしょうか。 山頂付近で、 普通は海岸性のものが見られることがあります。 このハマナタマメもそ..
posted by mulberry at 07:42

2009年05月08日

シマカナメモチの花


P5070185.JPG5/8 旧4/14 はれ 今日はさわやかな晴天となりました。 さて、 シマカナメモチ(広域分布種)の花が咲いています。 バラ科の植物なので、小さな花をよく見ると、 それぞれ5弁の花びらがついています。 本種は山地の低木性の場所で自生しています。 父島では山地の展望台にはたいてい生えています。 葉は枝先で互生し、鋸葉があるので、 花がないときはそれで探して見てください。 果期には赤い実が熟して目立ちます。 また古い葉は紅葉して落葉す..
posted by mulberry at 07:50

2009年04月27日

崖の上のハマナタマメ


P4270099.JPG三日月山展望台から下を覗き込むと ちょこっと地面の岩場が見え、その先は断崖です。 その岩場の上にわずかに生えているのが このハマナタマメ(広域分布種)です。 父島ではハマナタマメは多くないようで、 僕はこの場所しか知りません。 父島では海岸植物が山の上で生えていることは 時々あります。 ハマナタマメ・ハマゴウ・オオハマボッスなどです。 山の上は岩場が多く、海岸のように開けています。 小さな島で山も低いので、潮風もあたります。 そん..
posted by mulberry at 09:19

2005年06月10日

ハマゴウ


2005061027f2a388.JPG6/10 商工会の日 時の記念日 朝のうちは、まだまだ強風。曇り空。 昨日行った小港では、 ハマゴウが浜辺にたくさん咲いている。
posted by mulberry at 08:00