2017年04月24日

ムニンネズミモチ、花期に

DSCN1166.JPG 4/24  旧3/28  晴れ ムニンネズミモチ(モクセイ科・固有種)、 そろそろ花期ですね。 小低木性の日当たりのいいところは つぼみがふくらみ、花も開き始めています。 花序の先に白い小花をたくさんつけます。 遠目では白っぽいかたまりで見えます。 花は4裂で先が反り返っています。 おしべ2、めしべ1です。 ほんのり香りもあります。 僕はあまり好きな香りではありません。苦笑
posted by mulberry at 07:34

2017年02月08日

ムニンネズミモチの花

DSCN0558.JPG 2/8  旧1/12  曇り 岩場の小低木のエリアで 花を見かけるようになってきました。 ムニンネズミモチ(モクセイ科・固有種)です。 花そのものはごく小花です。 4裂で反り返っています。 おしべ2、めしべ1です。
posted by mulberry at 07:23

2016年04月21日

ムニンネズミモチの花

P4130911.JPG ムニンネズミモチ(モクセイ科・固有種)の花です。 最近、 低木性のエリアで、あちこちで花が咲き始めています。 1つの花は小さいですが、 円錐花序にまとまっての花をつけますので、わりと目立ちます。 ただ、1つの個体の中でも、 花の咲き始めのタイミングはばらつきがあります。 花は4裂、おしべ2、めしべ1です。 何とも言えない香りがあります。
posted by mulberry at 16:25

2015年11月23日

小笠原に来なくてはいけない理由、その4「ムニン・ボニンが多すぎて癖になる」

P5280032.JPG 小笠原に来ると、 そこいらじゅうにムニン・ボニンがあふれています。 小笠原と呼ばれる以前は 巽無人島(たつみむにんじま)だったようです。 世界でも珍しい無人岩(むにんがん)。 植物の固有種には ムニンツツジ(写真)、ムニンアオガンピ、ムニンノボタン、 ムニンシャシャンボ、ムニンネズミモチなどなど。 焼き物も、無人焼(むにんやき)です。 でも英語ではボニン(bonin)なのです。 小笠原の海の色をボニン・ブルーといいます。 ..
posted by mulberry at 14:22

2014年01月09日

ムニンネズミモチの花

P1015640.JPG 1/9  旧12/8  曇り 時期的にはまだ少し早いのですが、 ムニンネズミモチ(モクセイ科・固有種)の花を見つけました。 1つ1つはごく小さな花です。 この花が よく咲きだすのは3月以降ですね。 今回花を見つけたのは中央山山頂です。 この山頂は岩場ですので、 ムニンネズミモチも小低木状になっています。 花には何とも言えない香りがあります。 芳香と表現するものもありますが、 みながそう感じる香りではない..
posted by mulberry at 08:03

2013年04月15日

ムニンネズミモチの花

P4080151.JPG ムニンネズミモチ(モクセイ科・固有種)の花が 咲き始めています。 実がネズミのフンに似て、葉がモチノキのようだから、 ネズミモチですね。 モチノキに似ていてもモクセイ科です。笑 小笠原でモチノキ科自生は 本種とシマモクセイ(広域分布種)だけです。 モクセイ科固有種は本種だけです。 モクセイ科というものの 花はそれほど芳香ではないですね。残念。 低木性のところでよく見られます。
posted by mulberry at 08:55

2012年10月17日

シマモクセイの花

PA150125.JPG 内地の方のSNS見ていると、 最近よくキンモクセイの花の話題が出ています。 ちょうど父島でも シマモクセイ(モクセイ科・広域種)が咲き始めています。 つい先日、都道沿いで花を見つけました。 花の色・形はギンモクセイに近いのでしょうか。 近づくと芳香があります。 花期も盛りになると、芳香が漂ってくる場合もあります。 これはまだしばらく先ですね。 ちなみに小笠原では モクセイ科の自生種はシマモクセイとムニンネズミモチの2種です。 ..
posted by mulberry at 09:59

2012年04月12日

ムニンネズミモチの花

P4104106.JPG 4/12 旧3/22 曇り ムニンネズミモチ(モクセイ科・固有種)の花が 咲き始めています。 花が咲いている近くでは香りがしていきます。 ただし、それほど芳香という感じではないですね。 父島では 山頂や岩場の低木性のところで多く分布します。 なのでたいていの展望台付近には生えていて、 花を見ることができます。 円錐花序で ごく小さな花がたくさんついています。 モクセイ科ですが、モチノキに似ていて、 果実がネズミの糞のよう..
posted by mulberry at 07:34

2010年04月26日

父島では花期のものが多くなっています

4/26 旧3/13 はれ 4月に入って、 父島では自生種の花期のものが多くなっています。 (外来種・栽培種も含めるとさらに多いです。) 最近は森林に入るたびに、 新たな種類の花を見つけています。 今日の朝も、 ムニンビャクダンとオガサワラクチナシの花を 見ました。 ただ、数が少なかったり、花が小さかったりで、 それほど花が多いようには見えないと思います。 目立つのは低木性のムニンネズミモチくらい でしょうか。 あと半月もする..
posted by mulberry at 08:32

2010年04月04日

ムニンネズミモチの花


P4042109.JPGムニンネズミモチ(固有種・モクセイ科)の花が 咲き始めています。 父島ではまだほとんど咲きはじめというくらいです。 花は、円錐花序で、白い小花がたくさんです。 ムニンネズミモチは低木性で、 父島では山頂付近や岩石地に多く生えています ネズミモチは、葉がモチノキに似ていて、 さらに果実がネズミの糞に似るためです。 過去の記事でも4月中旬くらいですね。 http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/sea..
posted by mulberry at 14:26

2006年06月09日

イモラン(固有種)あらわる


CIMG08055.JPG一日中、雨はほとんど降らず、 風が強く、どんより曇り空だった。 4人の参加者と、森のエコツアーに出かけた。 森の中で休憩中、 ふと脇にこのイモラン(固有種)が 出ていてびっくり。 腐生ランで、花の時期は今頃ではあるが、 今日見つけた場所は以外だった。 他には、 ムニンヒメツバキ・シマホルトノキ・ シマクマタケラン・ムニンネズミモチなど。
CIMG08060.JPG
posted by mulberry at 18:22

2006年04月19日

ムニンネズミモチ(固有種)の花


CIMG73910.JPG4/19 旧3/22  どんより曇り空 ムニンネズミモチ・固有種の花が 咲き始めている。 これからどんどんあちこちで 咲き出しそうだ。 小笠原には固有種が多い。 ムニン・・・は例外はあるが、おおむねそうだ。 しかし、内地で見られるムニンのない・・・は、 ほとんど図鑑でしか見たことがないので、 違いを身をもって実感しているわけではない。 もっと、内地の植物も勉強しなくては。 小笠原の植物に興味ある方は、 お近くの植物もしっかり知ってお..
posted by mulberry at 07:39

2005年04月20日

ムニンネズミモチ


200504200908da96.JPG4/20はれ。風が強い。 ムニンネズミモチが いよいよあちこちで咲きそうだ。 香りはなんともいえない、微妙な感じ。
posted by mulberry at 16:22

2005年04月11日

躑躅山


20050411e3361b2f.JPG4/11はれ。24度。やや東風あり。 躑躅山へ。 ムニンツツジは花の盛りになってきた。 もうすぐ、ムニンネズミモチもあちこちで咲きそう。
posted by mulberry at 21:32