2014年10月20日

これも固有種・・ムニンナキリスゲ

PA058852.JPG 10/20  旧9/27  曇り 固有種が見たくて来島された方、 ムニンナキリスゲ(カヤツリグサ科・固有種)もお忘れなく。 父島の林床では広範囲に生えています。 最近 花をつけている個体をよく見ます。 この写真で言えば 先端ほうの黄色味があってまっすぐなのが雄花です。 下部の白い紐状なのが雌花です。 維管束植物で160種以上も固有種があると、 森であてずっぽうに指さしても固有種にあたりますよ。笑
posted by mulberry at 07:34

2012年10月12日

ムニンナキリスゲの花

PA080106.JPG 10/12 旧8/27 曇り 父島の明るい高木性の森では 林床にムニンナキリスゲ(カヤツリグサ科・固有種)が まとまって生えています。 林床を見回すと そればっかりのところもよくあります。 最近、そういう場所を歩いていいると、 花をつけているのをよく見かけるようになりました。 カヤツリグサ科なので、 花は白い紐・毛のようなものがついている程度です。 過去記事 http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/a..
posted by mulberry at 08:17

2011年08月12日

固有種の林床(ムニンナキリスゲ)

8/12 旧7/13 はれ 小笠原は 林床にスゲの多い森林だといわれています。 実際父島列島は間違いなくそう感じます。 自生しているスゲの仲間も複数ありますが、 父島ではムニンナキリスゲ(固有種・カヤツリグサ科)が とても多いです。 そういう観点で森林を見てみると、 林床が固有種だらけのところがかなりあります。 ムニンナキリスゲだけでなく、 ムニンシラガゴケ、オオシラタマカズラ、タコヅルなども固有種です。 固有種が見たいという参加..
posted by mulberry at 07:37