2017年07月19日

タカサゴユリ(タイワンユリ)の花

DSCN2137.JPG 7/19  旧閏5/26  晴れ 集落近い道ばたで、数株、咲いていました。 タカサゴユリ(ユリ科・外来種)です。 花被片の外側に 赤い線が明確にあるので、間違いないと思います。 タカサゴユリとテッポウユリの雑種シンテッポウユリはこれに似ますが、 赤い線がないようです。 なお花は 花被片6,おしべ6、めしべ1です。
posted by mulberry at 06:53

2016年07月04日

タカサゴユリの花

P7030400.JPG タカサゴユリ(ユリ科・外来種)の花が咲いています。 花の外面に 赤い線があるので、タカサゴユリだと思います。 花は白で大柄です。 花被片6、おしべ6、めしべ1です。 葉は テッポウユリに比べかなり細めです。 原産地が台湾なので、台湾を表す高砂で タカサゴユリ(高砂百合)のようです。
posted by mulberry at 07:29

2016年05月02日

テッポウユリの花

P5010007.JPG 5/2  旧3/26  晴れ テッポウユリ(ユリ科・外来種)の花が咲き始めています。 例年、 GW前後ごろから咲き始めます。 近づくと芳香もあります。 近づきすぎると、鼻に黄色の花粉がつくので注意!笑 大きめの白い花で、 花被片6、おしべ6、めしべ1です。 花被片は 内側(内花被)3枚が花弁、外側(外花被)3枚が萼片に相当します。 集落周辺では これからあちこちで花が見られますね。
posted by mulberry at 06:57

2015年06月22日

シンテッポウユリの花

P6190355.JPG 最近、道端で、 シンテッポウユリ(ユリ科・外来種)の花が見られます。 花被片(萼片・花弁)は6です。 テッポウユリとタカサゴユリの雑種だそうです。 テッポウユリとは時期が違います。 タカサゴユリとは同じくらいの時期です。 花の外側に 赤い部分がなければ、このシンテッポウユリとしていいと思います。
posted by mulberry at 07:24

2014年07月09日

シンテッポウユリかタカサゴユリか

P6267890.JPG 7/9  旧6/13  晴れ テッポウユリの花の時期がとうにすぎていますが、 また似た花が咲いています。 タカサゴユリあるいはシンテッポウユリかというところです。 小笠原ではこの3種はいずれも外来種となります。 シンテッポウユリは タカサゴユリとテッポウユリとの交雑種だそうです。 タカサゴユリは 花の外側に赤いラインが入るそうです。 この写真から見る限りは 赤いラインは目立たずシンテッポユリですね。 赤のライン、 ..
posted by mulberry at 07:22

2013年05月03日

テッポウユリの花

P4242385.JPG 5/3 旧3/24 曇り テッポウユリ(ユリ科・外来種)があちこちで咲いています。 例年、GW前くらいから見られるようになります。 人家のまわりでよく見られます。 小港でもまとまって出ているところがあります。 花も大柄で、芳香もあります。 切り花にして、部屋に置いておくと、 むせるほど香りも強いですね。 この花粉も アレルギー系の人は嫌な人いるんでしょうね。 過去記事 http://blogs.dion.ne...
posted by mulberry at 07:28

2013年03月22日

アマリリスの花

P3200099.JPG 3/22 旧2/11 曇り アマリリス(ヒガンバナ科・外来種)の花が 道端や人家の庭先のあちこちで見られるようになってきました。 朱色の花でよく目立っています。 アマリリスが咲き終えると、 テッポウユリ(ユリ科・外来種)の白い花が咲き始めます。 同じ時期に咲いていると、 紅白で面白いのですが、少し時期がずれていますね。笑 過去記事 http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/pages/user/sear..
posted by mulberry at 07:36

2012年05月05日

テッポウユリの花

P5040018.JPG 5/5 旧閏3/15 曇り テッポウユリ(外来種・ユリ科)の花を見かけるようになりました。 集落付近では 大神山公園の清瀬川の岩場のほうに多いですね。 小港園地もまとまって生えています。 花は大柄できれいですが、 近づくとさらに芳香もあります。 以前紹介した「植物知識」(牧野富太郎)には ユリの項目もあり、テッポユリも出ています。 http://blogs.dion.ne.jp/mulberry/archives/10733385..
posted by mulberry at 07:41

2011年04月06日

アマリリスが咲いています

P4021017.JPG 4/6 旧3/4 はれ 父島の集落の庭先などでは アマリリス(ヒガンンバナ科・外来種)があちこちで咲いています。 アマリリスは1株でも花は複数ですが、 ふつう何株かまとまって生えているので、 さらに朱色が生えますね。 実は アマリリスはさっきまでユリ科だと思っていました。 (苦笑) ヒガンバナ科なんですね。 小笠原の自生のヒガンバナ科は オオハマオモト(タイワンハマオモト)があります。 これから1ヶ月ほどすると テ..
posted by mulberry at 11:50

2010年07月11日

タカサゴユリの花

P7090521.JPG 道端で、 タカサゴユリ(ユリ科・外来種)が咲いています。 とてもテッポウユリに似ています。 ただ、小笠原では、 テッポウユリの花の時期より1−2ヶ月遅いです。 葉がやや細いのと、花の外側に赤い線があるのとで、 区別がつきます。 タコサゴユリはタイワンユリともいうそうです。 最近は、 テッポウユリとタカサゴユリとの雑種が できています。 シンテッポウユリというそうで、 さらに紛らわしいですね。
posted by mulberry at 15:03

2010年04月23日

大神山公園のテッポウユリの花


P4232212.JPG 先ほど、大神山公園の山の上に行ってきました。 清瀬信号付近から見上げると、 テッポウユリの白い花が咲いているのが 気になったからです。 草本・小低木の岩石地にたくさん生えているので、 花の時期はよく目立ちます。 テッポウユリ(ユリ科・外来種)は 戦前に持ち込まれた栽培植物です。 花もきれいですし、香りもいいですね。 これからの時期、 この場所以外でも目にすることでしょう。
posted by mulberry at 10:46