2015年03月08日

シマツレサギ(ソウ)の花

P3070175.JPG 3/8  旧1/18  曇り シマツレサギ(ラン科・固有種)の花が咲き始めました。 父島中央部の山道沿いで 2ヵ所ほど群落が見られます。 今年はその1ヵ所が ネズミの食害を受けています。 今のところもいう1ヵ所は大丈夫で こうやって花も咲き始めました。 花が咲くと、わずかに芳香があります。 花に鼻を寄せるとわかります。笑 なお和名は もともと「シマツレサギ」としてつけられたようです。 ただ、最近までは、 「シマ..
posted by mulberry at 07:24

2014年02月12日

シマツレサギソウ、間もなく開花

P2126002.JPG 2/12  旧1/13  曇り シマツレサギソウ(ラン科・固有種)が 間もなく開花します。 以前からチェックしていたのですが、 あと一息ですね。 開花すると 写真で、先端の白くふくらんでいるところが開きます。 花は、 弱いですが、芳香もあります。 小笠原で 今の時期に開花しはじめるラン科植物は本種だけですね。
posted by mulberry at 09:29

2013年02月09日

シマツレサギソウの花

P2080094.JPG 2/9 旧12/29 曇り シマツレサギソウ(ラン科・固有種・絶滅危惧U類)の花が 咲き始めています。 草丈30cm程度で、 茎は触るとあまりこしのない柔らかい感じです。 父島ではちょうど咲きはじめという感じで、 花が咲いているのはまだ下のほうにわずかだけですね。 観光のルート沿いで 数ヶ所は見られる場所があります。 シマツレサギソウは1株見つけると その近辺に他の個体もばらけて生えていることが多いです。 そういう場所では..
posted by mulberry at 07:54

2012年02月25日

シマツレサギソウの花

P2203859.JPG 2/25 旧2/4 曇り シマツレサギソウ(ラン科・固有種・絶滅危惧U類)の花が 咲き始めています。 僕がルート沿いで確認できているのは2ヶ所ほどです。 この植物もヤギに食われやすいので、 花茎がのびて花が咲き出すくらいになると、 毎年食われています。 ここ数年はまともに花を見ていなくて 記事にしていませんでした。 過去の記事で写真入りで一番最近のは 2008年春のものです。 4年も経っていますね。 http://blo..
posted by mulberry at 07:58

2008年03月04日

ヤギにやられるシマツレサギソウ

3/4 旧1/27  くもり ここのところずっと、 このシマツレサギソウの花を探していたのですが、 やっと本日、咲いているのを見つけました。 今までにもいくつかあったのですが、 咲きそうになると、ヤギが来て、 茎からがぶッと食べてしまいます。 花の香りがいいので、 それがヤギに分かってしまうのかしら。 これが咲いていた場所はスゲの草の中で、 ヤギに見つかっていなのかもしれません。 以前書いたシマウツボもヤギには要注意ですが、 最近見..
posted by mulberry at 16:27

2007年03月18日

ムニンヒサカキ(固有種)の花


IMG0604.JPG3/18 旧1/29  昨日午前、初寝山方面に歩いた。 小雨に当たってしまい、狭い道なので、 樹木についたいるしずくでタップリ濡れた。 ムニンヒサカキ、シマツレサギソウ、 ムニンタツナミソウ、ムニンシャシャンボ、 ナガバキブシ、テンノウメ2種などの固有種が 咲いていた。 ムニンヒサカキ(写真)は ガス臭いを放っているので、花期は分かりやすい。 しかし、道沿いには2-3本しかない。 ツバキ科の木は ムニンヒメツバキ、ムニンヒサカキなど..
posted by mulberry at 07:11

2006年03月06日

シマツレサギソウの花


CIMG69410.JPG3/6 旧2/7 啓蟄  晴れ間が広がるいい天気。 森の中では シマツレサギソウが咲いていた。 これも花が咲き出すと、 ヤギがよく食べるので、心配だ。 日中は森のツアーで 初寝山や大滝へ。 ほかに、ムニンタツナミソウも咲いていた。 最近は日差しが強くなっているので、 山の上でお弁当を食べたりすると、 よく日に焼ける。 ご注意を。
posted by mulberry at 16:32